「もったいない」をオージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『もったいない』と言っていたけれど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第63回

What is Black mottainai?
「もったいない」って何?

Aussie: I’ve heard of this word before, I think it was being used in a recycling campaign of some sort…?

You: Yes, that would make sense, because もったいない (mottainai) roughly means ‘what a waste’ or ‘don’t waste’. It’s actually a hard term to translate into English though, because there is no exact equivalent for it.

A: How so?

Y: Well, the idea of もったいない is deeply rooted in Japanese culture where nature is considered sacred and, therefore, should be respected. The same goes for respect towards both living and non-living things (as per Shintō philosophy), so the idea of curbing waste and wastage is not only for ecological reasons, but also for expressing gratitude towards natural resources.

A: Hmmm, ok. Could you give me an example?

Y: Say, a prawn has died to produce the sushi I am about to eat. It would then be disrespectful and wasteful to throw this perfectly edible sushi in the bin ‒ it would be もったいない.

A: Ah yes, definitely! I see where you’re coming from now. Has this term always been around?

Y: It has, but it gained its prominence especially after World War II, when Japan had to swiftly become non-wasteful in every aspect, so they could rebuild again, albeit with very limited natural resources and a broken economy. Recently, the internationally renowned Kenyan environmental political activist and Nobel laureate

A: Oh, is it Wangari Maathai? That’s why I had heard of this term before! I’ve seen a doco on her and she was using the term もったいない for a recycling campaign.

Y: Most likely, as she has worked to popularise the concept outside of Japan quite a lot. It might not be too long before it becomes a Japanese word widely recognised in English, such as karaoke and tsunami.

説明する時のポイント

「もったいない」という言葉の「勿体・物体」は、もともと「物の本体」という仏教用語で、「もったいない」は、物の本体を失ったり、なくしたりする、というのが本来の意味だった、と教えてあげよう。しかし、そこから転じて、今では、一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」状態や、そのような状態にしてしまう行為を戒(いまし)める意味、また「むやみに費すのが惜しい」という気持ちを表したい時に使われる、と付け加えておこう。この言葉は、対話文にもあるように、ノーベル平和賞を受賞したケニアの環境保護活動家、ワンガリ・マータイさんが、自然や物に対する敬意、愛などの意思(リスペクト)が込められている言葉として、世界に広めようとした、と伝えておこう。

【単語・成句】
of some sort 何とかの/~のような
make sense  合っている/合点がいく
roughly 大雑把に言うと
How so? えっ、どうして?/どういうわけで?
is deeply rooted 深く根ざしている/密接な関係がある
is considered sacred 神聖な物と思われている
the same goes for ~ ~と同じようなことが言える
as per ~ ~により/~によると 
curb(ing) waste and wastage 無駄や浪費を抑える/抑制する
throw ~ edible ~ in the bin 食べられる~をゴミ入れに入れる
where you’re coming from どうしてそう言うのか
has ~ always been around ~はよく使われている
albeit ~ ~とはいえ/~にもかかわらず
Nobel laureate 栄えあるノーベル賞受賞者
doco ドキュメンタリー
popularise 広く人びとの間に広げる/大衆化する
widely recognised 広く知られる

【会話文で使える表現】
“It might not be too long before ~” 「~が起こるのも/~になる日も、そう遠くはない」と言いたい時に使える表現。

【例1】It might not be too long before drones are flying around everywhere. ドローンが飛び交う日もそう遠くはないだろう。

【例2】It might not be too long before Donald realises his mistakes. ドナルドが自分の過ちに気付くのも、時間の問題だろう。

【例3】It might not be too long before cherry blossoms will be full in bloom. 桜の花が満開になるのも、もうすぐだろう。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る