「土下座」をオージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「テレビで土下座を観たんだけど、どうしてあんなことするの?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第64回

What is dogeza?
土下座って何?

Aussie: So, I was watching a J-drama the other night, and there was this young bloke having a pretty heated argument with an older bloke. The younger one realises he’s totally been in the wrong in the end, so he knelt down on both his knees and began to head-butt the ground with his head – but why was he doing that?

You: Oh, you must have seen him doing
土下座 (dogeza).

A: Is it like an extreme form of apologising?

Y: It’s certainly an act that’s used in a sincere manner (or should be, anyway). But it’s not just limited to when someone feels deeply apologetic. It can also be used to express their sincerity in asking for a particular favour, or when they are extremely grateful for something.

A: Huh? How could the one word / act mean quite opposite things?

Y: You make a good point. For starters, the word itself is made up of three characters – 土 and 下 and 座. 土 (do) means ‘ground’, 下 (ge) means ‘down’ and 座 (za) means ‘to sit’, so the literal translation of the word would be ‘to sit
down on the ground’.

A: Oh ok, so there’s nothing implying that it’s a word used for apologies.

Y: That’s right. The word merely describes the act of how you put yourself in a position below the person you are directing the 土下座 to.

A: So how would you do it when you want to ask a favour or show gratitude? Is it done the same way?

Y: It’s exactly the same. One ‘common’ scenario for this type of 土下座 is when men go to ask their partner’s father for his permission to marry his daughter.

A: Oh yeah, you’d have to be pretty sincere for that one!

Y: And subsequently, if the father (or mother, or grandparents, etc.) says yes, you would show your appreciation through 土
下座 as well. But as I mentioned earlier, it’s a special sincere gesture, so NEVER overuse it.

説明する時のポイント

まず、土下座というのは、「魏志倭人伝」の「邪馬台国」にも記されているように、平民が土、つまり地面の上に直に正座し、両手の手のひらを地面に付けて貴人に対する敬意を表す、古くからの日本の風習だったと教えてあげよう。古墳時代の埴輪にも、平伏して土下座をしているような物も見受けられることから、独特の風習だったようだが、あくまでも社会的地位が下の者から上の者への礼儀で、上の者が返礼として土下座することは無かった、と付け加えておこう。しかし、現在は、対話文にあるような、非常に大事な頼み事がある時や、自分が取り返しのつかない過ちを犯した時などに、真心を込めたお願いや心からの謝罪の気持ちを表す手段として使われることが多いと説明しておこう。

【単語・成句】
bloke 男/男性
in the wrong  間違っている
head-butt 頭を擦り付ける
must have (seen) (見た)に違いない
in a sincere manner 真心のこもった作法で
or should be, anyway とにかくそうあるべきなんだけど
not limited to ~ ~に限らない/~に限定されていない
ask for a favour 頼む/お願いする
grateful 感謝している/恩義を感じている
Huh? えっ(何だって)?
for starters まず手始めに
merely 単に/ほんの~に過ぎない
one ‘common’ scenario よくある一例として
you’d have to be ~ ~でなければならない
subsequently (その)結果として/次に/続いて
never overuse (it) やり過ぎないように/使い過
ぎないように

【会話文で使える表現】
■“You make a good point.” 会話の相手が良い質問をして来たり、痛い所を突いて来た時に「あっ、なかなか良いこと言うね」とか「よく気が付いたね」などと言いたい時に使える表現。

【例1】”Some CEOs are getting paid way too much!” “Yeah, you make a good point.”「会社の最高責任者の中には、給料をもらい過ぎている人がいるね」「うん、その通り」

【例2】”Why couldn’t she have just quit?” “You make a good point.”「あの人は、どうしてすぐに辞めなかったんだろうね」「そう、全く謎だね」

【例3】”You’ve made a good point here in your report.”「君の報告書の中で、この部分はなかなかいい所を突いている」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る