「インスタ映え」をオージーに英語で説明してみよう !

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「最近、耳慣れない『インスタ映え』という言葉を聞いたんだけど、何のこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第67回

What is Insuta-bae?
「インスタ映え」って何?

Aussie: I tried to look up the term in the dictionary, but it wasn’t there?

You: Ah, that’d be because it’s a very new word that really only started doing the rounds this year.

A: Oh wow, that IS indeed a newborn word.

Y: It’s a word which combines two existing words together – インスタ (insuta) from the photo-sharing app Instagram and 映え (hae / bae), which means to ‘look good in’ or ‘to look attractive in’.

A: Ok, so I’m guessing it’s like… You want to look pretty for Instagram?

Y: Essentially, yes. But it’s not just limited to yourself as in how you look, but it can be other people and objects, too. Actually, it’s probably more objects, in this case. Like, you know how some people take photos of the meals they’re having when they’re out?

A: Oh man, my Facebook sure gets flooded with those on weekends!

Y: Same here , but basically, you could say those people are trying to capture the perfect インスタ映え photo. These days around Tokyo, I hear that popular cafes with インスタ映え sweets such as pastel rainbow pancakes and monster-sized sundaes attract a lot of customers, as people want to take photos of them to upload onto their SNS…

A: Well, it’s a smart business move for those cafes I suppose.

Y: But some people feel that it’s a bit over the top to go out of one’s way to get these インスタ映え photos – which resulted in a satirical version of the word being coined, which is pronounced the same but written differently as インスタ蠅 (insuta-bae).

A: Oh, flies! That’s pretty funny.

Y: Yep, so being summer season right now with its fair share of flies, you could say for example, “there have been sightings of swarms of インスタ蠅 outside Shibuya’s pop-up crepe stall” haha.

説明する時のポイント

「インスタ映え」という言葉は、対話文でも説明されているように、パソコンやスマートフォン向けの写真共有SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)のインスタグラムに投稿した写真や、その被写体などに対して見映えがする、おしゃれに見える、という意味で使われる表現だと説明してあげよう。また、同じように、インスタグラムとフォトジェニック(写真写りが良い)を合わせた造語「インスタジェニック」や「SNS」と「写真映え」を合わせた造語「SNS映え」という言葉も使われているようだ、と伝えておこう。そして、インスタグラムで注目を集めそうな写真を撮影したいがために、マナーそっちのけという人びとが「インスタ蝿(ばえ)」と呼ばれて、物議を醸しているとも付け加えておこう。

【単語・成句】
look up 調べる/(辞書を)引く
doing the rounds  広まる/伝わる
newborn word 新語/流行語
when they’re out 外食する時
get flooded with ~ 〜でいっぱいになる
capture 捉える
pastel rainbow pancakes 淡い色彩の虹色パンケーキ/ホットケーキ
monster-sized sundaes 巨大な/特大のサンデー
smart business move 上手に商売に取り入れている
a bit over the top 少しやり過ぎ
go out of one’s way to ~ 無理して〜する
satirical version 諧謔版/からかった言い方
Yep その通り/そうなんだ
its fair share of flies 予想通りの蝿の多さ
sightings 光景
swarm of ~ 〜の群れ
pop-up crepe stall クレープ屋台

【会話文で使える表現】
“Same here.” 相手の言ったことに対して「自分も/私も/僕もそうなんだ」と相槌を打つ時に使える表現。

【例1】”I don’t know what to watch now that Master Chef has ended on TV.” “Same here.”「テレビ番組の『マスター・シェフ』が終わった今、何を見るか迷ってるんだ」「私もよ」

【例2】”I hate this cold weather. I prefer the summer heat.” “Same here. I can’t wait for spring.”「寒いのは嫌だ。夏の暑さの方が良い」「僕もさ。春が待ち遠しいね」

【例3】”I enjoyed Kyoto the most on my Japan trip.” “Yeah, it was the same here for me when I went.”「日本に行った時、京都が一番良かったなあ」「分かる、分かる。私もそうだったわ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る