「敬老の日」をオージーに英語で説明してみよう !

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「日本では9月に『敬老の日』という祝日があるって聞いたんだけど……」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第68回

What is Keiro – -no hi?
「敬老の日」って何?

Aussie: I was discussing with my colleague how many public holidays there are left in the year for Australia and Japan, and he mentioned that you guys have “敬老の日 (keirō no hi)”?

You: Yes, that’s‘ Respect for the Aged Day’, a public holiday which is celebrated annually on the third Monday of September. It’s a national holiday which honours elderly citizens.

A: Oh, that’s lovely.

Y: It’s a day where people express respect and gratitude for the elderly’s contributions to society and celebrate their longevity, usually through visiting homes of elderly family members, relatives or friends. Although these days – what with the technology and all – there seems to be less ‘actual’ visits and more Messenger / Skype-based video calls happening.

A: I suppose it IS the cheaper option if your elderly friends and family lived far from you… But what if they didn’t know how to use those things?

Y: Then I suppose the ‘old-fashioned’ letter or card would equally be appreciated. I usually send a fax from work to my grandparents living in Kōbe, then later that same day, give them a call at home.

A: That’s nice.

Y: But usually, they’re pretty tired from going to the neighbourhood / community gathering celebrating the day, haha.

A: Oh? So there’re usually events organised around town?

Y: Well I suppose it differs from region to region, but usually, there’re special music and dance performance events (the local pre-school routines are always popular) which are organised to entertain the community’s senior citizens. I know that the one my grandparents go to every year, there is free lunch served and commemorative gifts are distributed by the council.

A: It sounds like a great day, especially how the whole community seems to get involved with it.

説明する時のポイント

まず、日本ではまだまだ儒教の影響による「長幼の序」という考えが強く残っていて、歳をとった人びとは、それぞれの立場で社会に貢献したと見なされ、戦後、全国各地で農閑期に当たる9月中旬に「老人の日」として祝うようになったと教えてあげよう。そして、1966年から祝日法で、9月15日が正式に「敬老の日」と定められ、更に2001年の祝日法改正(いわゆる『ハッピー・マンデー制度』の実施)によって、03年から9月の第3月曜日が「敬老の日」となり、この日からの週が「老人週間」として、さまざまな催しを行う自治体が多いと伝えておこう。しかし、少子高齢化が進んでいる今、祝う人よりも祝われる人の方が多くなっていくので、果たして将来はどうなるのかとも付け加えておこう。

【単語・成句】
you guys (ここでは)日本では、と同じ意味
honours elderly citizens 高齢者を敬う
express respect and gratitude 尊敬と感謝を表す
what with the technology and all テクノロジーやそれに関連するいろいろな物があるということで
‘actual’ visits 実際の訪問
-based ~を使った/~を通じての
it IS 話し言葉で強調する時の表記法
old-fashioned 旧式の/時代遅れの
would equally be appreciated 同様に喜ばれる
give (someone) a call (誰かに)電話をする
around town 市町村のさまざまな所で
it differs from X to X Xによって異なる/違う
the local pre-school routines 地域の保育園のお遊戯会
free (lunch) served 無料で配給される(昼食)
commemorative gift 土産にもらう記念品
get involved with ~ ~に取り組む

【会話文で使える表現】
“what if ~” 仮定の話として「このような場合はどうなるの?」「もし~だったらどうなるの?」と聞きたい時に使える表現。

【例1】”What if your assumption is completely wrong?”「君の推測が、完全に違っていた場合、どうなるんだい?」

【例2】”What if North Korea actually launched a nuclear missile?”「もし北朝鮮が、実際に核ミサイルを発射したらどうなるの?」

【例3】”Life is full of ‘what if…’s, but you really can’t change the past. 「人生は『もし、あの時・・・』だらけだが、過去は変えられない」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る