「お年玉」をオージーに英語で説明してみよう !

第71回「お年玉」って何?
What is Otoshidama?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
友達がお正月に、親戚の子どもたちに『お年玉』を渡すと言っていたけれど、これってどういう意味?

Aussie: Is it kind of like a Christmas present?

You: In the sense that it is a special gift for children, yes. But what’s different about お年玉 (otoshidama) is that it is usually given as money – real money, by the way!

Aussie: Oh wow, so just straight-up cold hard cash for children?

You: I know it might seem somewhat impersonal, but there’s no denying that for the average child, a neat wad of cash to spend on whatever they would like to get is quite sweet.

Aussie: True. I could only dream of that when I was a child. So who gives the money? Is it just children who get お年玉? Can I get one, too, haha?

You: Hmmm, might be a bit of a stretch now sorry, because it’s usually only given to children who are under 18! After that, you go on to the giving-side of お年玉, and so, the cycle continues on through the generations. Also, the people who give out お年玉 can range from parents, grandparents, uncles & aunties, relatives to even neighbours. So if you have a big extended family as a child – January 1 (New Year’s Day) is your lucky day!

Aussie: That’s quite a lot of people that you could get money from. How much does each person usually give?

You: That usually depends on the child ’s age, ranging from 500 yen for pre-schoolers to 10,000 yen for older teenagers (although, this can definitely vary between families).

Aussie: WOW, that would be so expensive if you had multiple teenagers to give お年玉 to…!

You: Yes, it definitely is, but it all comes around in the end.

Aussie: That’s true, plus I suppose gift giving shouldn’t be about what you get in return anyway.

説明する時のポイント

まず「お年玉」の由来については、幾つかの説があると言っておこう。「玉」は「たましい」から来た言葉で、新年(もちろん、昔は旧暦の、つまり誕生日ではなく、正月に歳を取るという数え年という考え方)を司る御歳神様(おとしがみさま)に無病息災をお願いし、そのお供え物として供えられたお餅を、御歳神様の賜り物として分け合って食べ、人びとは新たな1年に備えるようになったという説が有力、と説明しておこう。考え方としては、クリスマスを祝う時に、贈り物を交換する風習に似ているが、お年玉は、目上の人が目下の人にあげるのみで、友達同士や目下から目上にあげるという風習はない、と付け加えよう。また、現在は、ポチ袋(祝儀袋)と呼ばれる小さな封筒に入れたお金をあげるのが普通だ、と補足するのも忘れずに。

【単語・成句】

cold hard cash 現ナマ/現金 
somewhat impersonal 幾分心がこもっていない
neat wad of cash 少しまとまったお金
sweet うれしい
bit of a stretch 少し無理がある
the giving-side あげる側
the cycle continues on 繰り返される
through the generations 世代を越えて
range from 多岐にわたる/~から~まで 
extended family 親戚の多い大家族
pre-schoolers 幼児
multiple teenagers 複数のティーンエイジャー
definitely 全くその通り
it all comes around in the end 結局は全て巡り巡って来る
That’s true. その通り
what you get in return 見返りに何かをもらう

【会話文で使える表現】

“There’s no denying” は「誰も(~について)否定できない/反対できない/とがめられない」と言いたい時に使える表現。

【例1】“There’s no denying that Bruce had no choice but to accept that offer.” ブルースがその申し出を断れないのは明らかだ。

【例2】“There’s no denying that the restaurant over there is the best in town.” あそこのあのレストランが、この町で最高の店だということに誰も異存はないだろう。

【例3】“There’s no denying that Bianca did that out of her kindness. ” ビアンカがそうしたのは、親切心からに他ならない。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る