「猫バンバン」をオージーに英語で説明してみよう !

第72回「猫バンバン」って何?
What is Nekobanban?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
「ラジオ番組で『猫バンバン』という言葉を聞いたんだけど、これってどういう意味? 」

Aussie: I know that 猫 (neko) means ‘cat’, and I think I’ve seen バンバン (ban-ban) in a manga before…?

You: Yeah, probably. バンバン usually is the onomatopoeia for loud knocks or bangs. In English, it would equate to a ‘knock knock’ or a ‘bang bang’.

Aussie: So the word is… “knock knock cats” or “bang bang cats”?

You: Yep, that’s right, haha. But here’s a little bit more info; in November 2015, Japanese carmaker Nissan tweeted to car owners to check their vehicles’ hoods and tires before starting up the engine, as the chilly weather had seen a rise of cats (both pets and strays) hiding in and under cars for warmth. To do this, they suggested doing the 猫バンバン (neko ban-ban), where you knock on the car’s exterior to give a friendly reminder to any felines hanging around, before you start the car.

Aussie: That is such a good idea. Accidentally starting your car with a cat on the engine would be horrible for all parties involved

You: Exactly. Nissan’s message, “there are lives that can be saved with a bit of consideration”, which is up on the campaign website, definitely sums it up well. Also, since the initiative began, the hash tag #猫バンバン has been re-tweeted tens of thousands of times, and Nissan has made it one of its official projects as of January 2016.

Aussie: Nice!

You: 猫バンバン also went on to become a legitimate action you could take in the exact opposite season, summer, too, as cats have the tendency to seek out a quiet and shady, yet narrow space to rest,
meaning that once again, cars are a popular hotspot.

Aussie: Or coolspot in this case.

You: I see what you did there, haha!

説明する時のポイント

「猫バンバン」は、対話文にもあるように、2015年から日産自動車が車を運転する人に、車のエンジン・ルームやタイヤの間に入り込んだ猫を、車のエンジンをかける前に逃げるように仕向けるため、ボンネットをバンバンと叩いて欲しいと提唱したことを指す、と教えてあげよう。これは、特に寒い時に、駐車したばかりの車はエンジンの余熱があり、タイヤも摩擦で熱を帯びているので、普段から狭い所を好む飼い猫や野良猫が入り込んで寝てしまうことが多く、猫の安全や生命を守る取り組みとして、他の自動車メーカーにも広がりをみせている、と説明しておこう。また、暑い時にも、猫は風通しの良い、涼しくて狭い車の下などに隠れる習性があるので、運転前の数秒間「猫バンバン」をしてあげよう、と伝えておきたい。

【単語・成句】

onomatopoeia 擬音語・擬声語 
equate ~に当たる/~に相当する
yep “yes” の口語表現(うん/そうそう)
tweet ツイート
hood ボンネット(bonnetは米語)
for warmth 暖を求めて 
exterior 外側
feline 猫(科の動物)
hang around (車の近くで)ウロウロしている
all parts involved (事故の)全ての関係者
sums it up well 全てを見事に言い尽くしている
as of ~現在/~付けで/~以来
legitimate action 妥当な行為
have the tendency ~しがちだ
seek out 探す
popular hotspot (どの猫も熱い視線を送る)お気に入りの場所
coolspot in this case この場合は(夏だから)クールな場所

【会話文で使える表現】

“where” 主に場所の関係副詞として使われるが、状況を説明する時にも使われる。

【例1】“There has been an increase in the number of local festivals in Japan where a lot of young people are keen to participate.”「多くの若者が喜んで参加する地方の祭が増えて来ている」

【例2】“Hot springs are still popular where people unknown to each other start talking and feel relaxed both physically and mentally.”「温泉は、知らない者同士が喋り合い、体も心もリラックスできるので、まだまだ人気がある」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る