「ネトゲ廃人」をオージーに英語で説明してみよう !

第75回「ネトゲ廃人」って何?
What is Netogehaijin?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
同僚が『弟がネトゲ廃人になりつつある』と言っていたけれど、これってどういう意味?

Aussie: I’ve looked up the word 廃人 (haijin), and the word is apparently a combination of 廃 (hai), which means “to scrap” or “to discard”, and 人 (jin), meaning person – so literally, it would be a “scrapped person”?

You: Yes, that’d somewhat be correct. I guess the more bold, straightforward term would be a “wreck”. Then you have the ネトゲ (netoge) part at the start of the word, which is an abbreviation of インターネット・ゲーム (intānetto gēmu), the word for online gaming.

Aussie: Ohhh, I see, so ネトゲ廃人 would be like “game-addicted wreck”?

You: Yes, that’s right. Having said that, this word isn’t used for people who might’ve played just a little bit more than usual over the weekend or something, though. ネトゲ廃人 are the people who are seriously addicted to playing games; so much that it’s affecting their (real) lives outside of their gaming experience.

Aussie: I’ve heard extreme cases where people play for 20 hours a day and things, it’s crazy… They literally never leave the house, too.

You: I’ve heard that, too. I think that either in Hong Kong or Korea, there was a death because the guy had played so intensely with no sleep, no eating and no drinking…

Aussie: Oh my goodness. I could never do that, I think my eyes would explode or something if I stared at a screen for that long…!

You: Same here. But the thing is, these people are addicted to it – much like being addicted to drugs or alcohol – so it would require medical intervention for people to overcome their gaming dependence.

Aussie: True that. I like playing games so I can totally understand how it feels to have your brain juices going, but yes, like with everything else that’s good, moderation is key.

You: I couldn’t agree more.

説明する時のポイント

「ネトゲ廃人」は、対話での説明にもあるように、インターネット・ゲームというカタカナ言葉の「ネ・ト・ゲ」という音だけを拾って短くした「ネトゲ」という言葉に、何らかの病気によって、普通の社会生活ができない人のことを指す「廃人」という言葉を組み合わせた表現だと教えてあげよう。つまり、単純に言えば、麻薬やアルコールに依存して中毒になり、日常生活が困難になるのと同じように、インターネット・ゲームに熱中するあまり、中毒症状を引き起こし、コンピューターのスクリーンや、スマートフォンの画面から目を離すことができず、寝る・食べる・飲むといったような生活に必要なことさえ行わない人のことを指すと説明しておこう。何事も「ほどほど」が肝心、と付け加えるのを忘れずに!

【単語・成句】

apparently 明らかに
somewhat まあ/何となく
bold, straightforward 大胆で率直な
Having said that そうは言っても
or something といったようなこと
~, though ~じゃないんだ
(be) seriously addicted ひどく依存している
so much (that ~) ~という程度まで
affect 影響を与える
and things といったような
so intensely 極限状態まで
stare at 見続ける/凝視する
the thing is 実際は
medical intervention 対症療法
overcome (their) gaming dependence ゲーム依存症を克服する
brain juices going アドレナリン全開
moderation is key ほどほどが肝心

【会話文で使える表現】

“I couldn’t agree more.”は文字通り「それ以上は同意できない」という意味だが、「全く同感」という意味の表現で、“I can’t agree more.”という言い方もある。

【例1】“I’m worried about the new development in the Syrian crisis.”“I couldn’t agree more.”「シリア危機の新たな展開が心配だ」「全く困ったもんだ」

【例2】“Once you eat the chocolates from that store, you can’t eat any other chocolates.” “I can’t agree with you more!”「あの店のチョコレートを味わったら、他のは食べられないね」「全く同感だね」

【例3】“It’s been a pretty warm April this year, hasn’t it?” “I couldn’t agree more.”「今年の4月は割と暖かかったね」「全くその通りだよ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る