「衣替え」をオージーに英語で説明してみよう !

第76回「衣替え」って何?
What is Koromogae?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
同僚が『そろそろ衣替えの季節だなぁ』と言っていたけれど、これってどういう意味?

Aussie: Is it some kind of seasonal food?

You: Where did you get THAT association from? Oh wait… I think I know. Did the 衣 (koromo) on 衣替え (koromogae) remind you of food?

Aussie: Yes! That’s where I knew the word – from recipe books. Doesn’t 衣 mean like a batter coating or bread-crumb coating?

You: Well yes, you’re certainly right there. But the 衣 on 衣替え means something a little different, actually. In the word 衣替え, the 衣 (still pronounced as the same “koromo”) refers to the clothes we wear.

Aussie: Oh, I see.

You: The word describes the act of the seasonal change of clothing in the wardrobes, from either summer to winter or winter to summer. The usual dates for these changeovers occurs on the 1st of June for the summer clothing and 1st of October for winter clothing. Having said that, it’s not a strict policy or anything that people MUST adhere to, but it’s more a traditional custom that used to be in place when the seasonal weather really affected people’s lives. Nowadays, we have air-conditioners and heaters and all that and…

Aussie: I guess modern day living kind of killed it?

You: Well, it hasn’t completely died. Most people still do 衣替え at some point, but it’s just not strictly followed on those days anymore. But schools and companies which have uniform may set certain dates for everyone to switch their outfits for conformity.

Aussie: But what if it’s still not that warm but the schools say “it’s time to change into summer-mode”?

You: That’s one reason why you sometimes see those poor schoolgirls in skirts when it’s still cold – because of 衣替え!

説明する時のポイント

「衣替え」という言葉は、文字通り「衣=衣服」を「替える」ことだが、季節によって替える、と言っても、四季に応じて替えるのではなく、6月1日から9月末日まで(4カ月間)の「夏服」と、10月1日から翌年の5月末日まで(8カ月間)の「冬服」を交互に取り替えることを指す、と教えてあげよう。しかし、北海道では、寒さに合わせて6月15日と9月15日に衣替えをすることが多い(夏服は3カ月間だけ)と付け加えておこう。もちろん全ての日本人がこれに倣うのではなく、まだ制服を採用している学校の生徒・学生や、同じく制服着用を義務付けている企業や商店などが、社員・従業員に衣替えをさせている、と説明を加えた方が良いかもしれない。更に、衣替えの習慣は、平安時代の宮中行事から始まったとも……。

【単語・成句】

seasonal food 旬の食べ物
remind (you) of~ ~を連想させる/~のことだと思う
batter coating ねり粉を付けた
bread-crumb coating パン粉を付けた
in the wardrobes 衣装だんす/洋服だんすの中
changeovers 変換/転換/交替
Having said that, そうは言っても
adhere to 忠実に守る/固持する/堅持する
traditional custom 伝統的な慣習/習慣
affect(ed) 影響を及ぼす(及ぼした)
and all that といったような物
kind of killed (it) 失ってしまった/失くしてしまった
at some point どこかで
outfits 服装/装備
for conformity 皆が同じになるように
(But) what if~ (でも)~の場合は(どうなるの)
poor (schoolgirls) 可哀想な/哀れな

【会話文で使える表現】

“It’s time~”は文字通り「~という時/~する時」という意味だが、「~すべき時が来た」「~という時節になった」という意味の表現で、「(だから皆で)~しよう」という誘いの言葉になる。

【例1】It’s time we stand up and tell the government that “enough is enough”!「我々はもううんざりしているということを政府にきちんと伝えよう!」

【例2】Hey, kids, it’s time you went to bed.「さあ、子どもたちはもう寝る時間だよ。」

【例3】It’s time you gave up smoking already!「もういい加減、たばこを吸うのは止めるべきではないかな!」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る