「既読スルー」をオージーに英語で説明してみよう !

第78回「既読スルー」って何?
What is Kidoku suru?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
同僚が『既読スルーは結構イライラするよね』と言っていたけれど、これってどういう意味?

Aussie: Was he saying “既読する” (kidokusuru) or actually “既読スルー” (kidokusurū)?

You: Yeah, it’s the lengthened “既読スルー” that your colleague was talking about. 既読 (kidoku) means that ‘[something] has been read already’, and スルー (surū) is the English word ‘through’.

Aussie: So… He gets annoyed when things are read through? Wait, what?

You: Mmm, not quite. The use of the word ‘through’ in 既読スルー implies that something was accepted and then left as is – as in, it ‘went through’ without being attended to. So what 既読スルー actually describes is the situation when you send a message (either through messenger or chat apps), and the app shows that the other person has read it, but they are yet to reply to you.

Aussie: Ohhh, I see, so it’s like the 既読 part is saying the other person has read your message, and the スルー part is saying they’ve decided to pass through / ignore your message?

You: Yes, either intentionally or unintentionally. Sometimes you could receive a message, and just as you’re about to reply to it, you could get a call or something and then the other person is left hanging (unintentionally). But other times, you might intentionally leave the message as having been read, but not reply.

Aussie: Why would you do that though?

You: Well, I try not to do it, but I guess some people use it as another form of communicating emotions and intentions.

Aussie: I guess ignoring a message in itself for a day would make a point of its own

You: That’s right. At the same time that this is a useful feature of chats, I feel that it has made us digital-age people somewhat glued to our phones and computers in fear of accidental miscommunication.

Aussie: Yeah, I agree.

説明する時のポイント

「既読スルー」という言葉は、「既に読んでいる」という意味の言葉と、「返信が来ない」「返信しない」という意味で使われる “(go) through”という英語の言葉の組み合わせだと教えてあげよう。インスタント・メッセンジャーのLINEなどのチャット機能アプリで、「メッセージ機能」によって、送信した内容を相手が読んでいるにもかかわらず「送信が来ないこと」あるいは「送信をしないこと」を意味する言葉だと説明を加えておこう。LINEは、東日本大震災の発生をきっかけに開発され、匿名の第三者ではなく、家族・友人との緊急連絡手段として生まれたサービスで、災害時など返信がすぐにできない状況でも、確実に送信が相手に届き、読まれていることを示す既読機能を付けたという経緯も付け加えておきたい。

【単語・成句】

lengthened 音が長い方の
implies<imply 表す/指し示す
left as is そのままにされている
as in ~ ~のように
went through 問題なく届いた
without being attended to 何もされていない
chat apps  チャット·アプリ
pass through/ignore  何もしない/無視する
either intentionally or unintentionally 意図して、または意図なしに
you are about to ~ ~しようとした時
left hanging すっぽかされる/待たされる
make a point of its own それ自体が意図を伝える
useful feature 役に立つ機能
us digital-age people 我々デジタル世代
somewhat glued to ~ 何となく~に釘付けになっている
in fear of ~ ~を恐れて
accidental miscommunication 意図しない誤解

【会話文で使える表現】

“I try not to do it.” は文字通り「自分は(そのようなことは)しないようにする」という意味で、よく‘but’ を伴う文と共に使われる。

【例1】“I try not to do it, but I end up watching Netflix all night long sometimes.” “Yeah, there are so many things to watch on there.”
「しないようにしてるんだけど、それでも一晩中ネットフリックスを観ちゃうことがあるんだ」「うん、たくさん良いのがそろってるからね」

【例2】“Don’t stay up till late before the exam.”“I try not to do it, but I’ve got to.”
「試験の前日は早く寝なさい」「うん、分かっているけど、まだやることが……」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る