「お月見」をオージーに英語で説明してみよう !

第79回「お月見」って何?
What is Yoisho?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
友達がオーストラリアではお月見があるのかと聞いてきたけれど、これってどういう意味?

Aussie: I’m hearing the word 月(tsuki)in it, so I’m guessing it has something to do with the moon?

You: Yes, you’re spot on. お月見(o-tsukimi, the honorific form)or 月見(tsukimi)is the term used for the Japanese Moon Festival. Like you said, the word 月(tsuki)refers to the moon, and the word 見(mi)means to view or look.

Aussie: When is the date for お月見?

You: The festival was traditionally held on the 15th day of the eighth month of the traditional lunar calendar, but this year(2018), this special autumn festival will ‘fall’ on the 24th of September.

Aussie: I see what you did there, haha.

You: People usually eat rice dumplings on this occasion called 月見団子(tsukimi dango), as the small, round, white balls of pound rice symbolise the beautiful, bright moon. Also, unlike other rice dumplings which are usually skewered and / or seasoned with various flavours, 月見団子 are served plain and often stacked into a pyramid-like arrangement on a special
serving tray.

Aussie: That sounds really unique; I just Google Image-d it and wow, they look delicious!

You: Another unique element of this festival is the Japanese folktale that there are rabbits on the moon.

Aussie: Wait, what!? Do tell.

You: Well, there was this ancient belief that rabbits lived on the moon, as the shape of the craters on the moon made it look like a rabbit pounding rice with a mortar and pestle…! Being Japanese, I can visualise it, but it usually takes a while for my non-Japanese friends to figure out which bits I’m pointing out, haha.

Aussie: You’ll have to point out the rabbit next time we’re under the moon, I’m intrigued!

説明する時のポイント

「お月見」は、文字通り「月」を見て楽しむことで、中国や日本では、昔から月を眺めて愛(め)でる習慣があり、日本では、特に自然現象を畏怖(いふ)し、敬う気持ちが強く太陽を「お日様」と言うように、月も「お月様」と呼ばれることが多い、と教えてあげよう。中国では、唐時代に始まったとされる「賞月」の風習が、平安時代の9世紀中ごろに日本でも盛んになり、中でも、旧暦8月15日から16日の夜(八月十五夜)と旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)に、月見団子などのお供え物をして,満月を眺めて祝うことを「お月見」と言う、と説明しておこう。昔からのお伽(とぎ)話によると、月にはウサギが住んでいると言われていて、満月の時は、餅つきをしているのがよく見えるので、見てごらん、と付け加えておこう。

【単語・成句】

has / have something to do with~ ~と何か関係がある
spot on 図星/その通り
was / is held 行われる
lunar calendar 旧暦
fall on~ ~に当たる
I see what you did there. (しゃれで)受けを狙おうとしたね
pound rice ついた餅
symbolise 象徴する/表す
are usually skewered 普通は串に刺されている
and / or ~と/~か
seasoned with~ ~で味付けされた
served plain そのままで/味付けなしで
stacked into~ ~のように積み重なって
Google Image-d ググって画像を出した
folktale 民話/お伽話
Do tell 聞かせて/教えて
mortar and pestle 臼と杵

【会話文で使える表現】

“I’m intrigued.”は文字通り、「興味をそそられる/引かれる」という意味で、単に興味があるだけではなく、興味津々だからもっと詳しく教えて欲しい、という気持ちの時に使われる。

【例1】“Do you know why the green lights in Japan are called ‘blue lights’?” “No, I don’t, but I’m intrigued!”「日本ではどうして緑色の信号が『青信号』と呼ばれるか知ってる?」「いや、知らないけど、詳しく聞かせて!」

【例2】“I’m intrigued as to why the important meeting was cancelled?” “Something more important must have come up.”「重要会議のはずだったのに、中止になったのはなぜなんだろう?」「更に重大なことが起きたに違いない」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る