「ハーフ」をオージーに英語で説明してみよう !

第80回「ハーフ」って何?
What is Hāfu?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
友達が『ハーフの人は美形が多いよね』と言っていたけれど、これってどういう意味?

Aussie: Who are these ‘ハーフ’ people? I mean, a mermaid is half a person…?

You: Well, you just made an interesting point there, but let’s go from the beginning. ハーフ(hāfu)is a term used in Japan to refer to somebody who is biracial / mixed-race. It comes from the English word “half”, indicating that there is ‘half’ a foreign ethnicity (other than Japanese)within that person. Some famous ハーフ people include the recent US Open Women’s Champion tennis player, Naomi Ōsaka; Olympic track and field medallist, Asuka Cambridge; and co-founder of American rock band Linkin Park, Mike Shinoda, just to name a few.

Aussie: Oh, I see, so it’s another one of those 和製英語(wasei-eigo, meaning ‘Japanese-made English’)terms.

You: That’s right. Having said that, the term does have its controversies, as some people think that the labelling of somebody as ‘half’ has the undertone of insufficiency. To combat this, some people have begun to use the term ダブル(daburu, meaning ‘double’), especially with young children, so they don’t feel inferior or insecure about their racial background.

Aussie: Children can be cruel, so it’s important to teach children from a young age about labelling and racism.

You: Very true. On the other hand, there are plenty of people who are ハーフ who have said that the term doesn’t bother them at all. Many celebrities on Japanese TV are ハーフ, and I’d say almost all fashion magazines and many commercials / ad campaigns use ハーフ models as they are usually perceived to be very beautiful.

Aussie: How come Japanese people think that, like my friend does?

You: Well usually(but not always!, the ハーフ models are just that little closer to the “Western ideal”– whiter and taller.

説明する時のポイント

「ハーフ」という言葉は、1930年にある小説の中で、外国籍の人と日本国籍の人の間に生まれた子どもを指す言葉として使われたのが最初と言われているが、あまり普及しなかった、と紹介しておこう。戦後、日本に駐留した連合国軍の兵士と日本人の間に生まれた子どもを「混血児」や「あいのこ」という蔑称(べっしょう)で呼ぶ時代を経て(広島や呉に駐留していたオーストラリア人と結婚した「戦争花嫁」も多いことにも触れておこう)、その後、60年代から70年代にかけて、テレビの普及と共に、主に欧米系白人と日本人の歌手や「タレント」に使われ、広まるようになった、と教えてあげよう。80年代から「国際児」、90年代から「ダブル」という呼称も試みられたが、現在は「ハーフ」という言葉に落ち着いている、と伝えておこう。

【単語・成句】

mermaid 人魚
refer to~ ~のことを言う/~のことに言及する
biracial / mixed race 異民族の両親を持つ人
co-founder 一緒に始めた人/共同設立者
another one of those~ ~と言われるものの1つ
Having said that, そうは言ったものの
does have~ ~が実際にある
controversies 問題になる点/議論の争点
labelling レッテルを貼る
undertone 潜在的な意味合い
insufficiency 足りないこと/不十分なこと
to combat this それを正すために/その対抗策として
inferior or insecure 劣っているとか不安感を持つこと
can be cruel 容赦ない/平気で人を傷付ける
the term doesn’t bother them その言葉は気にならない

【会話文で使える表現】

“to name a few”は文字通り、「幾つかの名前を挙げる」という意味で、もっと多くの例を挙げることもできるが、ここでは例を2つ、3つ挙げておくのにとどめておく、と言いたい時に使われる。

【例1】“How many Prime Ministers have we had in the last 10 years?” “Howard, Rudd, Gillard, to name a few…「過去十年で何人の首相がいたと思う?」「ええと、例えばハワード、ラッド、ギラードなど……」

【例2】“I’m trying to develop my own vegetable garden to grow snow peas, cucumbers, asparagus just to name a few.”「家庭菜園で、サヤエンドウ、キュウリ、アスパラガスなどを育ててみようと思うんだ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る