「過労死」をオージーに英語で説明してみよう !

第81回「過労死」って何?
What is Karōshi?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
「日本では過労死が後を絶たないとニュースで聞いたけれど、これってどういう意味?」

Aussie: I recognise the 死 (shi) kanji character means death from all the manga I’ve read, but what does 過労(karō) mean?

You: 過労 (karō) essentially means to overwork, or be overworked. 過労死 (karōshi), therefore, means death from overworking, and tragically, we have a word for it…

Aussie: Oh no, that is terrible! And you’ re not even talking about a work-related death like a crane falling on a construction site, are you… (although, that is also tragic)?

You: No, 過労死 is usually associated with workers who work in a corporate culture with extremely long hours and overtime – which often goes unpaid, too. The major medical causes of 過労死 are heart attacks and fatal strokes due to stress and malnutrition, which result in this phenomenon of sudden occupational mortality.

Aussie: Wow… So they just suddenly pass away, even without previous health issues?

You: Well, on one hand, yes, they may pass away in what seems like an abrupt manner, but in all cases, the sleep deprivation / missing mealtimes / psychological stress certainly did not accumulate in just one day.

Aussie: This is really… It’s really shocking – to be overworked to the point of death . I sometimes feel completely exhausted or burnt out from the work, but definitely not to the point where I feel it’s life-threatening. Why can’t these people just leave if they’re under that much crazy pressure?

You: People who overwork aren’t usually doing so because they’re workaholics or want to be one; but the demand of the Japanese corporate culture brings out these psychological and behavioural characteristics similar to those with workaholism.

説明する時のポイント

「過労死」という言葉は、長時間の残業や休みなしの勤務を強いられて、精神的・肉体的な負担が限界を超え、働いている人が脳溢血(いっけつ)や心臓麻痺などで突然死することを指す、と説明しておこう。また過労・長時間労働は、うつ病や燃え尽き症候群を引き起こす傾向があり、その結果自殺する人も多く、「過労自殺」も含む用語として使われる場合もある、と付け加えておきたい。この言葉は、2002年にローマ字の “karōshi” という語句として、オックスフォード英語辞典に掲載され、英語の定訳 “overwork death” と共に英語の論文などでも使われるようになった、と教えてあげよう。日本では「お客様は神様」(第6回参照)のような万全なサービスが期待されており、「お客」の働く人への過度な要望を控えることが必要、と指摘しておこう。

【単語・成句】

tragically 悲しいことに/痛ましいことに
work-related death 勤務中の死亡
is associated with~ ~と結び付けて考えられる
go unpaid 無報酬で/報酬なしに
major medical causes 主な死因
sudden occupational mortality 職業関連の突然死
pass away 「死ぬ」の丁寧語
without previous health issues 既往症なしで
in an abrupt manner  突発的に
to the point of death 死に至るまで
life-threatening 命に関わる
workaholism 仕事依存症

【会話文で使える表現】

“not even talking about~”の表現は、「~のことを言ってるのではなくて」と言いたい時に使われる。何かを説明する時に、聞き手が思っているような「よく知られていること」ではなくて、全く違うことに言及したい時に使える言い方。

【例1】“The railway system in Japan is very precise. I’m not even talking about how they arrive and depart on time – but how the carriages stop EXACTLY where they are designated to stop.”「日本の鉄道機関は本当に正確だ。列車が時間厳守で動いているということだけでなく、列車自体がぴったりとホームにある号車の線に合わせて止まる」

【例2】“This piece of art is truly one of a kind. I’m not even talking about the fact that it’s a Hokusai piece, but because it’s from his pre-breakthrough period.”「この芸術作品は唯一無二のものです。葛飾北斎のものであるという事実だけではなく、彼の名が世に知れ渡る以前の作品だからです」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る