「ヤバい」をオージーに英語で説明してみよう !

第82回「ヤバい」って何?
What is Yabai?

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
(池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈)

エピソード
異なる文脈でこの言葉を耳にしたことがあるんだけど、ヤバいって結局どういう意味?

Aussie: I’ve heard someone use it to describe the nice dessert they’re eating, but I’ve also heard it being used to describe the recent gun violence in the USA… Surely these two contexts can’t be described by the same word?

You: That’s an astute observation by you. This word is certainly an interesting one. Originally, ヤバい (yabai) was an adjective, or describing word, which meant that something is bad or dangerous.

Aussie: Ok, so I guess that explains the second example I gave you.

You: Then, around the 80s, young people started to use the term to mean “uncool” or “insane”, but it still carried on that negative connotation it had in the original meaning. Then, in the 90s, young people started to use it in a positive way to mean “very cool”, “wild” and even “delicious”.

Aussie: What! So, they just totally reversed the meaning of this word in the space of about a decade?

You: Pretty much. Changes in languages always occur, but it was certainly interesting in that something very similar was happening in English at the same time, too, when the words “wicked” (in the 90s) and the expletive s-word (in the 00s) were beginning to be used to describe things in a positive manner.

Aussie: Ah, which would explain the first example I gave you.

You: And now, these days, it also gets used as a phrase on its own. When people say “ヤバい!”, it’s equivalent to the English “Jesus!” / “Oh My God!” / “Shoot!” – all of which can be used in both extremely good or bad situations.

Aussie: ヤバい! Speaking of which, I just remembered it’s my girlfriend’s birthday tomorrow. I better go and get her a present!

You: Oh yes, otherwise you’ll be in for a ヤバい situation…!

説明する時のポイント

「ヤバい」という言葉は、元々は江戸時代から、ヤクザなど悪の道に染まった者が「危ない」「不都合だ」「具合が悪い」という意味で使っていたと教えてあげよう。どちらかというと隠語(ある特定の仲間内でしか使われない言葉)的な要素が強く、一般の人びとの話し言葉としては使われていなかった、と付け加えておこう。しかし、1980年代に若者の間で「怪しい」「格好悪い」という否定的な意味の言葉として広まり、90年代からは、「すごい」「すてき」「おいしい」「奇麗」「格好良い」などの真逆の意味を持つ言葉としても、急速に使われるようになったと説明してあげよう。普通は、新しい使い方が広まると、元の使い方は廃れてしまうのに、「ヤバい」は今でも両方の意味で頻繁に使われているという珍しい言葉だとも、伝えておきたい。

【単語・成句】

astute 鋭い
observation 観察力
insane 気違い染みた/馬鹿げた
carry on 表す/示す
connotation 意味合い
reverse 反対に捉える
in the space of~ ~という期間に
Pretty much. まあ、そんなところだ。
expletive s-word 罵ののしりの卑ひわい猥な言葉
as a phrase on its own それだけで意味のある言い回し
Jesus/Oh My God/Shoot 驚いた時や悔しい時に思わず発する言葉
Speaking of which そう言えば
be in for~ ~な羽目に陥る/~ことになる

【会話文で使える表現】

“in that”の表現は、すぐ前の言葉を「~という点で」そうなのだと説明したい時に使われる。

【例1】“The Japanese language and Korean language can be said to belong to the same language group in that their respective grammar is very similar.”「日本語と韓国語は、それぞれの文法が非常によく似ているという点で、同じ言語のグループに属していると言える」

【例2】“Australia and America are both accepting a large number of immigrants, but their basic policies are different in that Australia adopts a ‘Salad Bowl’ policy, but America insists a ‘Melting Pot’ theory.”「オーストラリアとアメリカは、どちらも多くの移民を受け入れているが、オーストラリアは『サラダ・ボウル』政策を押し進め、アメリカは「坩堝(るつぼ)」論を維持するという点で、基本的な政策は同じではない」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る