英語で説明しよう「義理と人情」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—– Story ——-
「この間、ちゃんばら劇をテレビで見ていて、義理と人情という言葉を聞いたけど、これっていったい何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈


 

第4回

Giri and Ninjō

義理と人情って何?

Aussie: I haven’t learnt these words in myJapanese classes yet, so could you pleaseexplain them to me?

You: It’s difficult to translate these termsbecause these words don’t really exist inEnglish.

A: How come? Is it a Japan-only thing?

Y: No, not at all. The concept exists in anyculture, but the degree of exercising it isfar widely spread in Japan. How about Istart by giving you their definitions? Girican be translated as a ‘social obligation’or ‘debt of gratitude’. For example, giftgivingin Japan could be considered tobe marked by a custom of giri , where it isexpected gifts of more value should be reciprocated.

A: Ah, now that you mention it, I’ve heardgiri before; it’s in the word giri-choko !

Y: Yes, it sure is. If your female colleagueg ive s you some g i r i- chocolate onValentine’s Day, you are obliged to returnher favour, even if you have no romanticfeelings for her, through this socialcustom called giri .

A: But you don’t have to follow giri all thetime, do you?

Y: There’s certainly no rule or policygoverning giri ; however, it is an unwrittenbut important part of Japanese culture.Which brings me to the other term,ninjō .Ninjō is quite the opposite of giri ,and it corresponds to various feelingssuch as love, friendship, compassion andsympathy among those who have no girirelationships. It is not forced like giri , andis more a spontaneous expression ofkindness towards others.

A: What do you mean?

Y: For example, when a natural disasteroccurs in the country, there is no giri forpeople to donate money to raise funds forthe affected areas. However, those whodo donate could be said to be doing theirpart through ninjō , without wanting orrequiring a return for their actions.

A: I see now. T hese a re cer ta i n ly intriguing concepts!

 

説明する時のミソはこれ!

義理・人情と聞くと、思わず「あっ、これは日本人にしか分からない考え方で…」と説明したくなるかもしれないが、そうでもない。人と人が接触する時に必ず起きる感情だから全世界に存在し、日本人の専売特許ではないことを知ってもらおう。規模と頻度の違いだけで、日本ではありとあらゆる場合に義理・人情が期待される度合いが大きいから、日本特有の現象だと思われがちなのだ。世間の目を気にして、本当はしたくないのに、せざるを得ない気持ちが生じる義理の感情。すれば「義理堅い」と褒められ、しなければ「義理を欠く」と烙印を押されてしまう。どう判断するかが分かるようになれば、あなたの日本語も本物、と言ってあげよう。また人情も家族や友達だけではなく、他人に対して思いやりの気持ちを持つことだから、あなたにもそのような経験があるだろう、と気付かせてみては?

 

【単語・成句】
definition…定義、意味
debt of gratitude…恩義
should be reciprocated…お返しが期待される
you are obliged to return (her) favour…お返しが当然だと思われる
which brings me to〜…という話が出たところで〜のことなんだけど
correspond to〜…〜に相当する
a spontaneous expression…自然にわき起こる気持ちの表れ
intriguing…おもしろい、興味深い
 

【会話で使える表現】

■now that you mention it…言われてみて思い出したんだけど 相手が何か言ったことを受けて、それまで思い出さなかったことを思い出したり、「そう言えば、そのことに関してだけど」「あ、そうそう、そう言われて気が付いたんだけど」という意味で使ったりする表現。 例① A h , n o w t h a t y o u m e n t i o n i t , Iremember when I met my girlfriend for thefirst time.…ああ、そう言われてみて、彼女に初めて会った時のことを思い出したよ。例②Now thatyou mention it, I should remind you all thatthe second assignment is due on Tuesdaynext week at 5pm.…宿題についての質問が出たので、ついでに念のため、もう1度言っておくけど、2番目の宿題の締め切りは、来週の火曜午後5時だからね(忘れないように)!

 

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る