英語で「倍返しだ」を表すと?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— Story ——
「日本人の友達から『倍返しだ!』って言葉を聞くのだけれど、これっていったい何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈


 

第23回

What is Baigaeshida!?

『倍返しだ!』って何?

Aussie: I guess if I were to literally translate it, it would be ‘to return double’?
 

You: Yes, that’s correct. The phrase is from a recent TV drama series called “Hanzawa Naoki ” (半沢直樹), which follows the story of Hanzawa Naoki, a banker working for the largest bank in Japan, the Tōkyō Chūō Bank. In numerous episodes, he used this phrase “baigaeshi da!” and it soon became a very popular phrase of the series.

 
A: What was so special about the phrase?
 

Y: In the series, Hanzawa Naoki faces numerous difficulties from upper management and boss figures. He vows to pay them back in double for what they do to him, and quotes his catchphrase “An eye for an eye, and a tooth for a tooth! Take double the payback!” each time he gets back at them.
 

A: Ah, I see now. So it’s like “if you hit me, I’ll hit you back, but only twice as hard”?
 

Y: Exactly. This concept of getting revenge on superiors who treat you unfairly was a relatable and exhilarating thing to watch, and the series quickly captured a wide audience and received consistently high ratings. The final episode reached a 42.2% viewing rate!

 
A: Wow, that’s incredible! If you took into account of the people who watched it later or through other methods like the internet, that’s pretty much half of Japan tuning in to watch the show.

 
Y: Pretty crazy, eh? It was actually the highest rating achieved in the last three decades of Japanese TV drama, so it has certainly been the topic of conversation everywhere.

 
A: I’ll definitely check it out when I get home.

 
Y: Just warning you that it’s pretty addictive, so you might want to set aside a few hours for it!

 
A: I’m off work tomorrow, so I’ll have plenty of time, haha!
 

説明する時のポイント

 「倍返し」という言葉は、対話にもあるように、昨年人気を博したテレビ・ドラマ「半沢直樹」の主人公が、上司に不当な扱いを受けたり、会社の理不尽な要求に遭遇する度に「このような扱い/仕打ち/恥辱に対しては、将来、倍にして返してやる」という気持ちを込めて吐く台詞が「決め台詞」となって、広まっていった、と教えてあげよう。そして、毎年恒例の「流行語大賞」は、2013年、異例の4語を大賞に選び、この「倍返し」もそのうちの1つに選ばれた、と伝えておこう。この言葉がなぜそんなに流行したのかと聞かれたら、このドラマの視聴者は、半沢直樹の生き様に自分の仕事上での鬱憤や、不平・不満を見い出し、自分が実生活ではなし得ない、上司に対する憂さ晴らしや、会社に対する不平・不満のはけ口として、この言葉に快哉を叫んだのではないか、と説明しておこう。

 

【単語・成句】
If I were to~…~するとしたら
vow~…~することを心に誓う
pay … back…お返しする/やり返す
an eye for an eye…目には目を
a tooth for a tooth…歯には歯を
get back at~…~に対してやり返す
twice as~…倍の~
get revenge on~…~にやり返す
unfairly…不当に
a relatable and exhilarating thing…他人事ではない、しかも胸のすくようなこと
take into account of~…~のことを考えると
tune in to watch…~を見るためにチャンネルを合わせる
in the last three decades…過去30年のうちで(decade は10年)
addictive…病み付きになる
set aside…とっておく
off work…(仕事が)休み

 
【会話文で使える表現】
■“Pretty crazy.” “It’s pretty addictive.” …“pretty” という言葉は、会話ではもともとの形容詞的な「きれい、かわいい」という意味ではなく、ほかの形容詞の度合いを表す「かなり、結構、ずいぶん」といった意味の副詞として使える。
 
例①“This i-Pad cost me only $200.” “That’spretty good!”…「このアイパッド、たったの200ドルだったよ」「そりゃあ、ずいぶん安かったね」
 
例②“Do you mean Australia is heading for the ageing society as well?” “Yes, pretty much so.” …「オーストラリアも高齢化社会に向かっているってことですか」「ええ、ほとんど間違いなくそうよ」
 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る