「すべらない話」を英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「友達がこの番組が面白いと言ってたけど、これって何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈
 

第30回

What is Suberanai Hanashi?

すべらない話って何?

Aussie: Is the term “すべらない話” a kind of idiom?
 

You: Yes, it is. The literal meaning of it would be a story(話)which doesn’t slip (すべる→すべらない), but “すべらない” can actually mean a few things. In this case, the “すべらない” refers to ‘won’t fail’ or ‘won’t stumble’. So basically, a “すべらない話” is a story which delivers, usually in a comical way.
 

A: Ah, that’s pretty clever. So it’s like a joke which won’t bomb out.
 

Y: That’s right. It’s a fairly new term though, which became famous after the popular comedian Hitoshi Matsumoto (of the manzai duo, DownTown) named his comedy show with it(人志松本のすべらない話).
 

A: Oh, I know about him! I’ve seen his “No Laughing”(笑ってはいけない)series, they’re so hilarious.
 

Y: Haha, I enjoy watching them, too. But “人志松本のすべらない話” is quite different from what you’ve previously watched of his.
 

A: What do they do in the show?
 

Y: Basically, it stars Hitoshi Matsumoto and a group of his close comedian friends who sit around a table and they take turns to share their own “すべらない話” to each other. Unlike a lot of other Japanese TV shows, it doesn’t have any of the typical crazy games or loud subtitles and music, but instead, just focuses on the comedians’ “すべらない話”.
 

A: That definitely sounds very different from a lot of the other shows you find on Japanese TV!
 

Y: Yes, and that’s been attributed as a big part to the success this show has had. Another reason this show has been popular has been due to the raw and unedited stories each participant has been delivering(or sometimes, not!).
 

A: Sounds like a good way for me to be entertained while also learning some Japanese words & phrases! I’ll definitely be on the lookout for it, thanks.
 

説明する時のポイント

 この番組は「すべらない話」として知られているが、正式には「人志松本のすべらない話」で、対話にもあるように漫才コンビ「ダウンタウン」の1人、松本人志が名付け、若いタレント、特にコメディアンが、自分たちの持っているネタをお互いに披露し合う場を提供するという目的で始めたテレビ番組、と教えてあげよう。あくまでも「話」が中心なのでほかの「お笑い番組」と違い、笑わせようと試みる演技や動作を徹底的に排除し、純粋な話術を前面に押し出して、人気を保っている希有な番組であることも付け加えておこう。ちなみに「すべらない」という言葉は、主に関西圏で使われている、面白いギャグを言ったりしても聞き手に受けない、つまり失敗して笑ってもらえないことを指す「すべる/すべった」という言葉をひねって、その否定形を用い、「面白い、受ける/受けた」という意味で使われている。単純に言えば、「すべらない話」は「面白い話」ということになる。
 

【単語・成句】
literal meaning~文字通りの意味/直訳
stumble…つまずく/しくじる
deliver…相手に面白さが伝わる
in a comical way…おもしろおかしく
bomb out…大失敗に終わる/自爆する
fairly…そこそこ(の)/まあ
of the manzai duo…漫才コンビの
hilarious…めっちゃおもしろい/愉快な
star…主役にする/中心にする
take turns…交代で/順番に
attribute to~…~のおかげとする/~に帰する
due to~…~による
raw and unedited stories…生の脚色なしの話
be on the lookout…見逃さないようにする
 

【会話文で使える表現】
■definitely…全く/本当に
この言葉は会話でよく使われ、文脈によって、「全く/本当に/必ず/絶対に/確かに/確実に/その通り」などの意味を表す、便利な言葉である。
 
例① “Will you come to my birthday party?” “Of course, I’ll definitely be there!”「私の誕生日パーティーに来てくれる?」「もちろん、必ず行くよ!」
 
例② “We can eat a whole variety of food in many restaurants nowadays, but my mother’s dishes are still the best.” “Definitely!”「 最近では、いろいろなレストランで何でも食べられるようになったが、おふくろの料理が一番だね」「全く、同感だね」
 
例③ “Are they the same?” “No, this one is definitely better than the other one.「” これ、両方とも同じ物?」「いや、この方があっちよりも確実に優れていると思う」

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る