「おもてなし」って英語で説明できる?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「日本のニュースや番組で『おもてなし』という言葉を最近よく聞くけど、これってどういう意味?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈
 

第21回

What is Omotenashi?

おもてなしって何?

Aussie: I’d never heard the word before, but I’m suddenly hearing a lot about it in the media.
 

You: Yes, it’s certainly the buzzword at the moment. It’s been talked about a lot recently, ever since one of the 2020 Tokyo Olympic bid ambassadors, Christel Takigawa, used it in her speech to promote Japan to the IOC members last month.
 

A: So what does the word mean?
 

Y: “Omotenashi” is a bit of a difficult word to translate, but basically it’s a term which describes the spirit of Japanese hospitality.
 

A: You mean at hotels and restaurants? I always love the service I get in Japan; the staff are almost always polite and kind to you, and you really feel appreciated as a customer.
 

Y: A lot of places are certainly good at making their guests feel welcome. But omotenashi isn’t just about the service and interaction with the customer or guest. Another case of omotenashi is when the host anticipates the wants & needs of the guests in advance, and offers a pleasant service that the guests don’t expect.
 

A: Ooh, like when the ryokan (a traditional Japanese inn) staff come to your room after you’ve checked in, and they pour you a cup of green tea, explain the inn’s seasonal offerings, lay out your futon beds etc.?
 

Y: That’s definitely omotenashi, too. It can sometimes feel a bit overwhelming though, especially when you haven’t experienced anything like it in a while.
 

A: I know right. When I go to visit Japan, I always get blown away at first. But then again, when I come back to Australia, I get blown away again by the lack of customer service…
 

Y: I hear you…
 

A: In any case, it would be cool for the word omotenashi to become recognised outside of Japan, like the words tsunami and karaoke. I think it is definitely another one of those uniquely Japanese customs.
 

説明する時のポイント

「おもてなし」という言葉は、対話にもあるように、“2020年のオリンピックを東京で”という開催招致のための英語による呼びかけの中で、日本語のままで使われて一躍流行語になった。もちろん、もともとは「もてなす」という動詞からきた言葉で、普通の顧客に対するサービスにとどまらず、外国から日本に来た人々が、到着から出発まで気持ち良く過ごせるように、日本人が皆で真心込めて迎えますよ、という意思表示だと伝えよう。外国ではなかなか受けられないような顧客サービスが、日本では当たり前のことだということも、いろいろ例を挙げて知ってもらおう。相手の気持ちを考え、思いやりの心を持って人に接するという考えが「おもてなし」に通ずる文化を育んでいるということも付け加えておきたい。ついでに、この言葉は日本人好みの「お・も・て・な・し」という5音のリズムでできていることも、皆が口にすることになった理由の1つと説明しておこう。
 

【単語・成句】
buzzword…誰もが口にする言葉
ever since〜…〜以来
bid ambassador…招致委員(文字通りは、呼び込み大使)
spirit of Japanese hospitality…日本のもてなしの心
feel appreciated as a customer…客として遇されていると感じる
make (someone) feel welcome…(誰かを)歓迎されているという気にさせる
wants & needs…してほしいことや必要なこと
in advance…前もって
seasonal offerings…季節ごとに異なるもてなし
lay out…(布団を)敷く
feel a bit overwhelming…ちょっと行き過ぎと感じる
in any case…とにかく/いずれにしても
become recognised…受け入れられるようになる
 

【会話文で使える表現】
■“get blown away”…get blown away…びっくりさせられる

文字通りは「吹き飛ばされる」という意味で、驚きのあまり「ぶっとんでしまう」といった感覚で使える。
 
例① I got blown away by the news that a bear was seen near our house.…熊が我が家の側に出没したと聞いてたまげてしまった。
 
例② You’ll get blown away when you see how this lacquer ware was made delicately.…この漆器がどんなに精巧に作られているかを目の当たりにしたら吃驚するよ。
 
例③ Everyone got blown away by the little boy’s speech.…皆、その男の子のスピーチに度肝を抜かれた。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る