英語で説明できる?─「イクメン」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「この間、友達のいとこがイクメンだって聞いたけど、これって何?イケメンの間違いかな?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈
 

第32回

What is Ikumen?

イクメンって何?

Aussie: I know what an “イケメン” is – it’s an abbreviation of “イケている” (good-looking) + “メン” (man), right?
 

You: That’s correct. “イクメン”means slightly something different though, and is the abbreviation of “育児” (IKUji, “child-raising”) + “メン” (man).
 

A: Oh! So it’s like a stay-at-home-dad?
 

Y: Yes, that’s certainly one aspect of it. But a man simply looking after his children doesn’t automatically earn him the title of “イクメン”. He must be willing to actively take on the role of parenting by offering to take leave from work and / or truly enjoy being the primary carer for his child.
 

A: Ah, I see. When did this word start getting used?
 

Y: It all started in 2010, when the government launched a campaign called “イクメン・プロジェクト” (The Ikumen Project). In the same year, several laws were changed regarding parental leave from work, and the government (along with the media) began to strongly push for more fathers to actively participate in raising children.
 

A: That’s a good movement though.
 

Y: It is, but Japan still has a long way to go to catch up to the rest of the world…
 

A: What do you mean?
 

Y: Well, Japan actually has one of the lowest percentages of men taking leave off work in the world, with only about 1% of men doing so, even after the laws were altered. It’s often the case that Japanese men traditionally take responsibility for being the breadwinner of the family, however, there are many more women in the workforce nowadays, so it would definitely make sense to rethink these previously divided gender roles.
 

A: I agree with you completely. I’d assume there’d also be a bit of social stigma for a Japanese man to take leave off work to care for his child, too, so I think this “イクメン・プロジェクト” is a great initiative to support this cause.
 

説明する時のポイント

元々21世紀になってからはやり始めた、単純に「美男子」「二枚目」のことをいう「イケメン」という言葉に引っ掛けて、日本政府(厚生労働省雇用均等・児童家庭局)が2010年に発足させた、男性の育児参加の社会的気運を高めることを目的としたプロジェクトにつけた名前の「イクメン・プロジェクト」から来た言葉だと教えてあげよう。「育児」の「イク」と男性を表す英語の“men”を掛け合わせた合成語で、「イケメン」が広く使われているおかげで、「イクメン」もすぐに受け入れられ、マスコミ、メディアにもよく登場すると付け加えておこう。また、子育てを楽しんでいる男性の「イクメン宣言」、そういった男性を応援する周囲の人々や、企業・団体の「イクメン・サポーター宣言」など様々な企画を立てて、イクメンの広報・推進を図っていることにも、触れておこう。
 

【単語・成句】
~, right?…ね、そうでしょ?/そうだろう?
stay-at-home-dad…専業主夫 
earn (someone) the title of~…~と呼ばれるようになる(~という称号がもらえる)
be willing to~…喜んで~する
take leave…休暇を取る
primary carer…主に(子育てを)する人
launch~…~に着手する/~を開始する
raise children…子育てをする
a long way to go…まだまだ先は長い
it’s often the case~…~ということがよくある
breadwinner…稼ぎ手/(一家の)大黒柱
workforce…労働市場
rethink…考え直す/考えを改める
social stigma…世間に対する後ろめたさ/社会に対する恥ずかしさ
great initiative…素晴らしい独創的な考え
support (this) cause…(この)目的を支持する
 

【会話文で使える表現】
■“make sense”…うなずける/理解できる
 この表現は会話でよく使われ、文脈によって、「うなずける/理解できる/意味をなす」などの意味を表す、便利な言い回しである。
 

例①“I don’t understand what the government is trying to do.” “Yeah, it doesn’t make sense, does it?”…「政府が何をしようとしているのか、さっぱり分からないね」「うん、全く理解できないね」
 

例②”This book seems quite confusing.” “I know, but I guess it’ll make sense in the end.…「” この本はかなりわかりにくそうだね」「うん、でも読み終われば理解できるかも」
 

例③”I heard that Jack had a fight with his boss.” “Oh, now his foul mood this morning makes sense.…「” ジャックが上司と口論したみたいだよ」「あぁなるほど、それで今朝は不機嫌なんだな」

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る