師走って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「最近、いろんな人から「師走だから忙しい」と言われたけど、これってどういう意味?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈
 

第34回

What is Shiwasu?

師走って何?

 

Aussie: Is it the name of a special festival around this time of year?
 

You: No, it’s actually another way of saying “December” or “the last few weeks of the year”.
 

A: Really? I thought December was called 12月?
 

Y: Well, like I said, it’s another word you can use for December. It’s the traditional name for the month, and these names are collectively called 和風月名 (wafū-getsumei / “Japanese-style month titles”). But the commonly used version is now of course the 1月, 2月, 3月 etc.
 

A: How come it’s read as ‘shiwasu’ with those two kanji?
 

Y: There’re actually many different theories to that. But one is that the end of year meant it was time to pay respect to ancestors, and hence monks (法師 ‘hōshi’ / 導師 ‘dōshi ’) would become quite busy running around (走る ‘hashiru’, to run) everyone’s houses to read sutras in front of family Buddhist altars. Hence, those two kanji are used.
 

A: That’s so interesting.
 

Y: Also, the reason why people seem to get busier slightly differs from here in Australia.
 

A: Why’s that?
 

Y: Well, here, the main event for December is Christmas Day, so it’s a mad rush to get all your family and friends some Christmas presents, cards and invitations to events. But in Japan, the most important event is in fact New Year’s Day, so preparations get done right through until the end of the year.
 

A: I see. Gee, the year flew by, didn’t it!
 

Y: It certainly did. Any new year resolutions for you?
 

A: I’d like to be able to exercise more and lose some weight, haha!
 

Y: Sounds good. I’d like to curb my online shopping habits!
 

説明する時のポイント

 まず、日本人は「師走」という言葉を聞くと、「年の瀬」「忙しい」「今年も終わりに近づいた」「もうすぐ新年」といったさまざまなことをすぐに頭に浮かべる、と教えてあげよう。つまり「師走」という言葉には、単に12月という月の名前ではなく、特別な感情が込められていることを理解してもらおう。それぞれの月には、旧暦で使われていた名前があり、「師走」のほかに今でも使われているのは「五月晴(さつきば )れ」で知られている「五月(さつき)」ぐらいになってしまったが、古典を読んだり、落語や歌舞伎の台詞を聞いたりする時には、旧暦の名前の知識がないと、話が分からなくなることもある、と付け加えておこう。ちなみに12カ月の和風月名は、1月から順に睦月(むつき)、如月(きさらぎ)、弥生(やよい)、卯月(うづき)、皐月(さつき)、水無月(みなづき)、文月(ふみづき)、葉月(はづき)、長月(ながつき)、神無月(かんなづき)、霜月(しもつき)、師走(しわす)、と教えてあげれば、喜ばれるかも
 

【単語・成句】
around this time of year 毎年この時期の 
commonly used version よく使われる言い方
How come ~ ? なんで? 
many different theories 多くのいろいろな説
pay respect to ancestors 先祖を祀る
read sutras 経を読む
Buddhist altars 仏壇
mad rush ひどい混雑
in fact 実際は
right through until ~ 〜までずっと
the year flew by 1年はあっという間(だった 
flew は fly の過去形)
 

【会話文で使える表現】
■“How come ~?.” 
 この表現は「どうして/なぜ」という疑問を口にする時のいい方だが、「何でなの?」といった感じの軽い問い方として会話でよく使われる。
 

例① “I won’t be joining you for the movie tonight.” “How come?” “ ’Cause I’ve still got a couple of assignments to do. Sorry, guys.”「今夜一緒に映画を見に行くのはやめにする」「なんで?」「うん、まだやらなきゃならない宿題が2つもあるんだ。ごめん」
 
例② “How come you are not working today?” “Ah, I’ve got a day-off.”「今日は、なんで仕事してないの?」「ああ、今日は休みを取ったんだ」
 
例③ “How come you know all these back alleys?” “Well, I once was a taxi driver.”「なんでこんな裏道をよく知ってるんだい?」 「うん、以前、タクシー運転手をしていたことがあるんだ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る