英語で説明できる?─「図星」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「友人が『いや~それは図星だよ』と言ってたけど、これって何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第39回

What is Zuboshi?

図星って何?

 

Aussie: I missed my chance to ask him because the conversation went off on a bit of a tangent after that.
 

You: Ah, I see. What were you talking about?
 

A: Well, my friend was saying how he’d be happy to take on the additional project with the new girl in the office. Everyone was saying how it’d be too much work for him and why he’d need to do that, when I pointed out that he probably has a thing for the new girl.
 

Y: Haha, and I guess he admitted that by saying it is 図星 (zuboshi)! 図星 essentially means ‘to hit the mark’ or ‘to hit bull’s-eye’. So basically, he came clean about his reasoning behind taking on the extra project.
 

A: Right, I get it now. Wow, it was only a guess though, haha.
 

Y: You can still use 図星 though, because you guessed exactly right.
 

A: How else does the word get used?
 

Y: It pretty much only has the meaning I just told you about, but obviously you can use it in question form, too. For example, you could say something like “図星でしょう?” (Zuboshi deshō?), meaning ‘I’ve hit the nail on the head, haven’t I?’
 

A: I see.
 

Y: There’s also a similar, onomatopoeic term called ドンピシャ which refers to something being ‘smack-bang’ on point. I feel younger people use this term more than 図星 these days.
 

A: How fitting that there’s a direct onomatopoeic English translation for ‘smack-bang’!
 

Y: It’s pretty neat, isn’t it?
 

A: Remembering the word is a whole lot easier for me when it’s like this, too.
 

Y: Onomatopoeic terms are certainly easier to remember. I like the Australian sun-screen slogan, “Slip, Slop, Slap”!
 

A: Ah, yes, everyone knows that jingle.

説明する時のポイント

 まず「図星」というのは、元々弓道から来た言葉で、矢の的の中心に描かれた黒丸の部分のことを指す、と教えてあげよう。つまり、弓で矢を射る時は、この図星を狙うことから、急所や狙い所といったような意味になり、そこから転じて、思惑や指摘などがぴたりと当たるという意味でも使われるようになった、と説明しよう。もう1つの説として、鍼灸用語でツボとされている所に墨で印を付けた点のことを指し、そこが急所であるところから、ツボを押さえる、ぴたりとツボを当てるという意味に使われるようになった、とも付け加えておこう。使い方としては、「(まさに指摘の通り)図星だ!」という言い方や、「図星を指される/指された」(ぴたりと言い当てられる)という表現があることも教えてあげてはどうだろうか。また、若い世代は、ドンピシャリという擬音語を短くしたドンピシャという言葉の方をよく使う、とも伝えておこう。

【単語・成句】
go off on a tangent (話などが)急にそれる
take on 担当する/請け負う 
point out 指摘する/注意を促す 
have a thing for ~ ~に気がある 
admit 認める/白状する
come clean about ~ ~について白状する
only a guess (though)  ほんの当てずっぽうに過ぎない(のに)
guess (exactly) right (ぴったり)当てる
How else ~ get used? (この言葉には)ほかにどんな使い方があるの?
hit the nail on the head ぴしゃりと当てる
onomatopoeic 擬音語の
How fitting ~! まじで合ってるね
It’s (pretty) neat, isn’t it? (本当)ぴったりだもんね。
a whole lot easier とても簡単
 

【会話文で使える表現】
■“I get it.” この言い方は、直訳すれば「それを得る」という意味だが、会話で「あ、なるほどね」
「ああ、分かった」と言いたい時に使われる。また否定形の “I don’t get it.” は、「まだ分から
ない」「え、どういうこと?」という表現として使われる。

 

例① “That’s how it was.” “Ah, now I get it.”「~というわけなんだ」「ああ、それで今、やっと分かったよ」

 

例② “That’s the end of the story.” “Huh, I didn’t get it!”「それが話の落ちだ」「ええ?よく分からないんだけど…」

 

例③ “Did you get it?” “No, I didn’t.” “I didn’t, either.”「分かった?」「いや、全然」「私も」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る