【QLD】オーストラリア留学特集 親子留学のリアル・ライフ お薦め英語学習法①

留学特集

自分なりのオーストラリア
留学を実現しよう!

理想的な留学先として、高い教育水準と生活環境の良さが世界的に認められているオーストラリア。その豊かな自然とマルチ・カルチャーで気さくな雰囲気は、子どもの留学を考える家庭や学生たちに高い人気を誇る。留学を決意したら、まずは自分で情報収集を始め、更に学校の最新情報が集まる留学エージェントを積極的に活用しながら準備を進めよう。(文=堀千佐子、取材協力=ゴールドコースト留学ドットコム/斎木航さん)

留学の目的を明確にする

留学を成功させる最初の第1歩は、しっかりと自分の留学目的を明らかにすることだ。留学を決意したら、有意義に学べる環境と希望に合うコースを選ぶために、“留学をして何を学びたいのか?”と自分自身にしっかりと問い掛けてみよう。まずは、英語力の向上を目的とするなら「語学留学」、専門のスキルや資格を身に着けたいなら「専門学校留学」、学位を目指すなら「大学留学」と目的によって異なる。更に、学んだことをその後“どう生かしていくのか?”という具体的なビジョンを持つことができれば、将来の進路も視野に入れた選択をすることができるだろう。期間も1週間から数年にわたる長期留学まで、自分の目的に応じたベストな選択をしよう。

学校選択とビザ申請に余裕を持とう

自身の留学目的が定まったら、次は実現に向けて、コースの内容や学校の規模、学費、エリア、日本人が多いか少ないかなど、具体的なリサーチに取り掛かろう。有意義に学ぶことができる納得のいく学校とコースを見つけるには、インターネットからの情報だけではなく、留学エージェントなどを活用して最新の現地校の情報やビザ情報などを十分に収集しよう。

留学期間が3カ月以上に及ぶ場合は、学生ビザ(Student Visa)の申請が必要になる。近年法律の改正があり、ビザ申請フォームの記入事項がより細かく複雑になり、本当に勉学の目的でオーストラリアに滞在するのかどうかといった確認を移民局が行うようになってきた。過去10年間の海外渡航歴や職歴、学歴、家族構成などを記入する他、オーストラリア留学の抱負や留学後の展望などを述べる2,000字以内の声明書も求められるため、学生ビザの申請は時間の余裕を持って行うようにしよう。

留学実現までの具体的なステップ

3カ月以上の留学をする場合の実務的な手続きを以下で見てみよう。

  1. 希望コースと教育機関を決定する

    CRICOS(クライコス)登録校から自分の目的にあったフルタイム(週20時間以上)受講コースを選ぶ。CRICOSとは、留学生受け入れのための一定規準をクリアした政府認定校のことを指し、学生ビザを発行できるコースには必ず「CRICOS Course Code」と呼ばれる認可された登録番号が付いている。CRICOSに登録されていない学校では学生ビザを取得できない。

  2. 教育機関への入学申請を行う

    申請方法は、留学エージェントを通じて申請するか、自分で教育機関のウェブサイトから申請用紙をダウンロードして直接申請するかの2通り。申請用紙と共に送付する今までの学歴や英語力の証明書類を英語翻訳して用意する必要がある。ただし、コースや教育機関によって必要書類は異なる。

  3. 入学確認書の受け取りと受諾

    申請が認められると、教育機関から入学確認書(Letter of Offer)が送られてくる。同確認書は入学するコースや入学条件、支払う必要のある学費、コースを修了しない場合に払い戻される返金などの規定について記された、いわば教育機関との間で交わされる“契約書”である。受諾する前に、必ずしっかりと読んで自分の権利について理解することが大切だ。また、必ず写しを保管しておくことも忘れてはいけない。受諾するには、同確認書に署名を行い、教育機関に郵送またはEメールで返送する。

  4. COEの受け取り

    入学確認書を受諾して学費の支払いが完了すると、教育機関から番号(COE Code)が記載された入学許可証となるCOE(Confirmation of Enrolment)が発行され、Eメールで送付される。氏名、コース名、全額費用及び履修期間など、記載内容に間違いがないかをチェックして、学生ビザ申請の最後の段階へと進む。

  5. 学生ビザの申請

    学生ビザの申請方法は、オンライン(eVisa)と郵送の2種類あるが、オンライン申請が推奨されている。オンライン申請時には以下の項目が必須となる。

    1. ①留学期間中、有効なパスポート
    2. ②入学許可証番号(COE Code)
    3. ③海外留学生保険(OSHC)への加入
    4. ④申請料を支払うクレジット・カード

    ②のOSHCとは「Overseas Student Health Cover」の略称で、学生ビザで滞在する学生に加入が義務付けられている海外留学生保険。オーストラリアの民間保険会社5社が提供していて、滞在中の病気や事故などによる処置、入院費用などが補償されている。入学確認書の受諾の際に、教育機関を通して加入することもできる。
     申請後、約2~4週間で学生ビザが発給され、留学手続きが完了する。



新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る