キャリア・チェンジとキャリア・アップ

カッチカチの自分力をつける

カッチカッチの自分力をつける

キャリア・チェンジとキャリア・アップ



 不況による就職氷河期と労働人口のグローバル化の波が迫る日本の現況を踏まえ、海外留学によるキャリア・チェンジやキャリア・アップを図ろうとする人が増えている。キャリア・チェンジとは、いわゆる転職であり、これまでのキャリアを一新するが、日本では得られなかったスキルを習得し、現地豪州での就職するチャンスでもある。また、日本で培った職務経験やスキルを海外で生かし、さらなる成長をと意気込む人もいるだろう。そこで「海外でキャリア・チェンジ」したい人、「日本での経験をさらに磨いてキャリアアップ」したい人に向けて、スタッフ・ソリューションの山口氏に日本人に向いているお薦めのコース・資格・職種について解説してもらった。

憧れだったあの仕事に再チャレンジ!
豪州でキャリア・チェンジ

 年齢や資格などの条件から、大人になるにつれて諦めざるを得なかったあの職業。もし、幼いころに憧れていたあの職業に就けるとしたら…と思う人は多いことでしょう。しかし、豪州の教育システムを利用して再チャレンジすることで夢への道が拓ける場合もあります。さらに、同時に永住権を取得しやすい職業に直結している場合も多く、キャリア・チェンジが有効な場合も多々あります。
 キャリア・チェンジとは、今までの経歴、経験、学歴と無関係、あるいは関係の薄い分野で活躍することです。相応の資格を取得すればあなたのキャリアを変えることができる、そんな資格の代表的なものを紹介します。
【キャリア・チェンジ留学のツボ】
●学位・資格だけではなく、実務経験も積める職種を狙う
 →資格取得の際に実習が必要とされるため
●オーストラリアで人手が不足している職種を狙う
 →学位・資格を取得することで仕事が見つけやすくなる
●日本人であることが強みになる資格、職種を狙う
MBA・会計士は日本での転職に有利?
 オーストラリアでキャリア・チェンジしやすいと思われているが実はそうでもない、というのがMBAと会計士。本人の努力や経験、在学中の経験などの要素でキャリア・チェンジできないわけではありませんが、簡単ではありません(右記は多くが永住ビザ取得にも有利なため、キャリア・チェンジにも有利と思われているのではないか、と思います)。ただし、MBAや会計資格はいずれもキャリア「アップ」(後述)には向いている資格、職種ではありますし、またオーストラリアではなく、日本に帰国して仕事を探す場合は、英語力も加味され、キャリア・チェンジの可能性もより高まるといえます。
ねらい目の職種はこの4つ!
※永住権申請ポイント:豪州では、技術独立永住ビザなどのビザ申請はポイント制となっており、3月20日現在、技術独立移住ビザのパス・マークは120点。職業によってポイントが異なる。

カッチカチの自分力をつける

看護師
 医師の指示の下、患者の治療の手助けをする看護師は、人命を救う手助けをする尊い職業。豪州ではかなりの人材不足の状況が続いており、就職率・永住権取得のどちらの観点からも注目すべき仕事。過去の経歴(医療関連従事者など)や学歴によって1〜4年の就学期間が必要。つまり、経歴などによって、資格取得までの流れには有利な人とそうではない人と差がかなり大きい。また、進学先においても経歴・学歴によって入学条件が異なる。
永住権申請ポイント:60点
(正看護師など)
就職率5段階評価:★★★★★

カッチカチの自分力をつける

教師
 常に「憧れの職業」で上位にランクされる教師。日本では国家資格の教諭免許状を取得し、一般的に年齢制限が35〜40歳である教職員採用試験に合格する必要があるが、豪州ならまだ就職できる可能性がある。日本人だからといって、日本語教師に限る必要はなく、数学・理科、ビジネス、IT、演劇、など、自身の経歴・学歴に合わせて資格取得できる。州によって規定が異なるため注意しよう。
永住権申請ポイント:60点
(小・中学校教諭など)
就職率5段階評価:★★★★

カッチカチの自分力をつける

弁護士
 日本でも法科大学院(ロー・スクール)制度や新司法試験制度が導入され、門戸がやや開かれた感のある弁護士への道も、難関であることには変わりはない。豪州には日本のような司法試験はなく、日本での何らかの学士号資格があれば、ロー・スクール(通常3年)修了後に司法修習と実務経験を経ることで各州の弁護士会から資格を授与される。ロー・スクールでの必修科目や履修期間は日本での学歴や職務経験によって異なるので、まずは各州の弁護士資格審査機関(NSW州の場合はLegal Profession Admission Board)で自分の経歴を審査する必要がある。
永住権申請ポイント:60点
(法廷弁護士、事務弁護士ともに)
就職率5段階評価:★★★★

カッチカチの自分力をつける

エンジニア
 エンジニアとひと口に言ってもその分野は機械、化学、鉱学、電気、航空、材料、環境、土木などとさまざまだが、ほぼすべての分野において人手が不足している。工学の学位や実務経験がある人はもちろん、エンジニアとしての実務経験があり、別分野のエンジニアにキャリアを変えたい人、科学関連従事者によるエンジニア転身という人も転職実現可能だ。
永住権申請ポイント:概ね60点
(職種により異なる)
就職率5段階評価:★★★★★

そのほか、栄養士、カイロプラクティシャン、理学療法士、医療関連職種全般もねらい目!

日本でのキャリアを生かしたい !
豪州、日本でキャリア・アップ

 職務経験を生かし留学で一歩上のキャリア・アップを目指す人は、修了後の進路・将来像を具体的にイメージしながら、どのような資格・スキルが必要なのかを知っておくことが重要です。ここでは、豪州・日本両国で役に立つ、日本人に人気の資格・学位・スキルを紹介します。
1.観光学
日本ではまだ「学部」として確立されていないが、観光業が盛んなオーストラリアでは一般的な学科。単なる旅行手配ではなく、観光業界のビジネス全般を扱うため、観光業界や関連業界の経験者にとってさらなるキャリア・アップを目指すのに最適。
2.通訳・翻訳
資格取得後にすぐフリーで活躍するのは難しいが、どのような職種に就いていた人でも、今までの経歴を補強することができる資格。通訳・翻訳のスキルというよりも、高い英語力とそれまでの経験を加味して就職を有利に運べるだろう。
3.商業デザイン
オーストラリアでは西洋文化にアピールするデザインはもちろん、アジアを意識したものを学ぶことができるのが特徴。広告、マーケティング経験者やWEBディベロッパー、メディア関係者の人が学ぶと高い効果があるといえる。もちろんデザイナー経験者が学んでもさらなるキャリア・アップを目指せる。
4.IT(情報技術)
ITとひと口に言ってもかなり幅広い分野があるが、ここではIT全般を体系的に学ぶスキルを指す。ITの実務経験はあるが体系的に学んだことがないという人にお薦め。オーストラリア国内でのキャリア・アップはもちろん、英語ができるITパーソンは日本でも重宝される。
5.ホスピタリティー学
観光学と重複する部分はあるが、ホテルや飲食関係など、ホスピタリティー業界でのマネジメントを学べる。やはり上記関連業界経験者がキャリア・アップを目指す際に検討すべきコース。
6.ITビジネス
ITを使ったビジネス戦略。IT関係全般の経験者あるいはマーケティング経験者が学ぶと、キャリア・アップに非常に効果がある。ITについての知識はあった方が望ましいが、必ずしも技術的な知識が必要とは限らない。
7.TESOL(英語教師)
英語を母国語としない人向けの英語教授法。日本の中・高校教師や塾、英会話学校講師の人が学ぶケースが多い。世界共通語とも言える英語の教え方を学びながら、自身の英語力も伸ばせる学位。
8.マーケティング
マーケティングは基本的に、学んだことをすぐに生かせるという面で非常に即効性の高いコース。営業やマーケティング経験者にお薦め。
9.アカウンティング
経理、会計、監査の経験者、または金融や法律関係の経験者(日本でも可)の人が、さらなるキャリア・アップを求めて「Australia CPA」を目指すという流れがお薦め。「Australia CPA」は、取得が難しい資格だが、国際的に通用する。
10.人材マネジメント / オーガニゼーション
人事・組織・労務を学ぶ。管理職経験者あるいは候補者、人事労務経験者などにお薦め。
11.金融
銀行証券保険などの金融経験者、一般企業の財務経験者にお薦めだが、それ以外の経歴の方でも、資質によってはキャリア・チェンジも可能。数学の素養は必須。
12.PR(Public Relations:広報)
企業の広報経験者やメディア経験者はもちろん、マーケティング経験者に有益なコースとなる広報。その広報を戦略的にコントロールすることを目的とする学位を取得することでキャリア・アップに生かすことができる。
13.MOT(Management of Technology:技術経営)
理系のMBAとも言われるMOT。技術をいかに商品化するか、技術革新をいかに管理していくか、という発想が求められ、ハイテク、ローテク問わず、技術者向けコース。英語ができる技術者という意味でも有効だが、さらに経営の分かる技術者こそ、今後求められる人材となる。
上記、⑨〜⑬までは、それなりの経歴はあるが、特に強いといえる分野を持っていない人向け。スペシャリスト型ビジネス系大学院で学ぶことがお薦め。MBAよりも1点特化型のコースで強みを作ることができるプランだと言える。


カッチカチの自分力をつける

山口幸司(やまぐち こうじ)
金融業界経験後、シドニー大学大学院MOTコースに留学。一時休学を経て2007年7月卒業。現在、スタッフ・ソリューションでキャリアと留学相談に従事。日本での人事担当経験と現職の経験を活かし、就職に有利な留学アドバイスを行う。日豪の就職事情にも精通。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る