オーストラリア留学であなたのキャリアを飛躍的にアップ

その手で未来をつかもう!
オーストラリア留学であなたのキャリアを飛躍的にアップ

職種を変更するキャリア・チェンジや、同じフィールドでさらなる高みを目指すキャリア・アップ。そのための手段に海外留学を選ぶ人が年々、増加している。日本では学べないことを学べたり、そのまま現地で就職できる可能性もあるためだ。また、日本での職務経験を生かし海外で活躍し、さらにスキルを磨くという道も。そんなキャリア・アップについて、その道のプロが指南 ! スタッフ・ソリューションの上條氏にコース・資格・職種について解説してもらった。

上條貴行(かみじょう たかゆき)
愛知県出身。WHビザでオーストラリアに渡り、その魅力にとりつかれる。後ろ髪引かれながら日本に帰国、復職するも妻子を連れてオーストラリア再渡航を決意。ウーロンゴン大学のMBAに入学。初めは全くついていけなかったMBAの授業も努力の甲斐あって満足のいく成績で無事卒業。現在はスタッフ・ソリューションの留学マネジャーのポジションで、マーケティングおよび留学カウンセリングを担当。オーストラリアやアジア圏の就職個別カウンセリングも数多く行う。

 

あの憧れの職業へのキャリア・チェンジも豪州なら実現できる

日本では、年齢や資格の条件から諦めていた憧れの職業も、オーストラリアの教育システムを利用すれば実現する道が拓けることがあります。また、その職業が永住権の取得に有利な場合もあるので見逃せません。

キャリア・チェンジとは今までの経歴、経験、学歴などにとらわれず次の職業を選択すること。豪州で資格を取ってキャリア・チェンジに挑戦する際、狙いやすい4つの職業を紹介します。

 

キャリア・チェンジ留学のツボを押さえよう

●学位・資格だけではなく、実務経験も積める職種を狙う → 資格取得の際に実習が必要とされるため
●オーストラリアで人手が不足している職種を狙う → 学位・資格を取得することで仕事が見つけやすくなる
●日本人であることが強みになる資格、職種を狙う

MBA・会計士は日本での転職に有利?

 豪州でキャリア・チェンジに有利と思われていて実はそうでもないのが、MBAと会計士。努力や経験、留学中の経験などによりキャリア・チェンジできないわけではありませんが、簡単ではないです(下記「ねらい目」の職種の多くが永住ビザ取得にも有利なため、キャリア・チェンジにも有利だと思われているせいかもしれません)。ただし、MBAや会計資格はいずれもキャリア「アップ」(後述)に向いている資格、職種ではありますし、また豪州ではなく、日本に帰国して仕事を探す場合は英語力も加味され、キャリア・チェンジの可能性もより高まると言えます。

 

 

ねらい目の職種はこの4つ!

看護師

医師の指示の下、患者の治療の手助けをする看護師は、人命を救う尊い職業。ところが豪州ではかなり人材不足の状況が続いており、就職率・永住権取得のどちらの観点からも注目すべき仕事です。過去の経歴(医療関連従事者など)や学歴によって1〜4年の就学期間が必要。つまり、経歴などによって、資格取得までの流れにおいて有利な人とそうではない人との差がかなり大きく、進学先においても経歴・学歴によって入学条件が異なります。

就職率5 段階評価:★★★★★

 

IT(情報技術)

ITとひと口に言ってもかなり幅広い分野があります、ここではIT全般を体系的に学ぶスキルを指します。ITの実務経験はあるが、体系的に学んだことがないという人にお薦め。また、IT関係全般の経験者あるいはマーケティング経験者が学ぶと効果的な、ITビジネスに特化したコースもあります。この場合、ITについての知識はあった方が望ましいですが、必ずしも技術的な知識が必要とは限りません。

就職率5 段階評価:★★★★

 

エンジニア

エンジニアとひと口に言ってもその分野は機械、化学、鉱学、電気、航空、材料、環境、土木などとさまざまですが、ほぼすべての分野において人手が不足しています。工学の学位や実務経験がある人はもちろん、エンジニアとしての実務経験があり、別分野のエンジニアにキャリアを変えたい人、理学部卒業でエンジニアに転身という人も、転職は実現可能です。就学期間はバックグラウンドにより異なり、1〜5年。インターンシップが含まれるコースも存在します。

就職率5 段階評価:★★★★★

 

教師

常に「憧れの職業」で上位にランクされる教師。日本では国家資格の教諭免許を取得し、一般的に年齢制限が35〜40歳である教職員採用試験に合格する必要がありますが、豪州なら年齢を問わず就職できる可能性があります。かなり高い英語力が必要ですが、日本人だからといって日本語教師に限る必要はなく、数学や理科、ビジネス、演劇、芸術など、自身の経歴・学歴に合わせて資格が取得できます。州によって規定が異なるため注意しましょう。

就職率5 段階評価:★★★★

そのほか、カイロプラクティシャン、理学療法士、放射線技師など、医療関連職種全般もねらい目!

2年留学の末、学士・修士号を取得すると学習分野を問わず一時就労ビザ申請の可能性が

 豪州で2年間留学し、学士号(Bachelor)もしくは修士号(Master)以上の学位を取得した留学生に、2〜4年間の就労が可能となるポスト・スタディー・ワーク・ビザが発給されることが決定しました。卒業後、現地での就職を視野に入れている留学生には朗報です。学生ビザ保持中の就労と合わせると、4年以上の就労期間がありますので(学生ビザには就労制限が当然ありますが)、ビジネス・ビザを狙うチャンスも高まるでしょう。
 日本に帰国した際にも留学経験に加え海外での就労経験も評価され、日本企業が求めている「グローバル人材」により近づけることになります。学士号・修士号というと、大学・大学院に通う必要があると思いがちですが、オーストラリアではTAFEや専門学校でもこれらの資格が取得できる場合があります。大学・大学院に通う場合と比べて費用も抑えられるのが魅力でしょう。

 

飛躍的にキャリア・アップ !

日本での学歴や職歴を生かして、さらにキャリア・アップするには、将来像を具体的にイメージすることが重要。目指す目標には、どんな資格やスキルが必要かを明確に知っておきましょう。ここでは、豪州はもちろん、日本の就職にも役立つ人気の資格、学位、スキルを紹介します。

 

①観光学・ホスピタリティー学

日本ではまだ「学部」として確立されていないが、観光業が盛んなオーストラリアでは一般的な学科。観光業界のビジネス全般を扱います。観光、ホテル、ホスピタリティー業界など関連業界の経験者にとって、さらなるキャリア・アップを目指すのに最適。TAFEなどから大学編入という流れであれば、実務と運営・経営の両方も学ぶことができます。

 

②チャイルドケア

児童教育に興味がある方にお薦めなのがチャイルドケアです。共働きの家庭が多いオーストラリアではチャイルドケア・ワーカー(ChildcareWorker)と呼ばれる保育士が不足し、需要があるのは間違いない職種です。保育士を目指す実践的なコース(研修を含む)を提供している専門学校がシドニーとメルボルンにあります。卒業後には、フルタイムで一時就労が可能なトレーニング& リサーチ・ビザ(TRV)を取得できた学生もいるようです。

 

③通訳・翻訳

資格取得後にすぐフリーで活躍するのは難しくても、どのような職種に就いていた人でも、今までの経歴を補強することができる資格。通訳・翻訳のスキルというよりも、高い英語力とそれまでの経験を加味して就職を有利に運べるでしょう。

 

④弁護士

日本でも法科大学院(ロー・スクール)制度や新司法試験制度が導入され、門戸がやや開かれた感のある弁護士への道も、難関であることには変わりません。豪州には日本のような司法試験はなく、日本での何らかの学士号資格があれば、ロー・スクール(通常3年)修了後に司法修習と実務経験を経ることで各州の弁護士会から資格を授与されます。ロー・スクールでの必修科目や履修期間は日本での学歴や職務経験によって異なります。

 

⑤TESOL(英語教師)

英語を母国語としない人向けの英語教授法。日本の中・高校教師や塾、英会話学校講師の人が多く学びます。世界共通語とも言える英語の教え方を学びながら、自身の英語力も伸ばせる学位です。

 

⑥マーケティング

学んだことをすぐに生かせるという面で非常に即効性の高いコース。営業やマーケティング経験者にお薦めです。

 

⑦アカウンティング

経理、会計、監査の経験者、または金融や法律関係の経験者(日本でも可)の人が、さらなるキャリア・アップを求めて「Australia CPA」を目指すという流れがお薦め。取得が難しい資格ですが、国際的に通用します。

 

⑧人材マネジメント / オーガニゼーション

人事・組織・労務を学びます。管理職経験者あるいは候補者、人事労務経験者などにお薦め。

 

⑨金融

銀行・証券・保険などの金融経験者、一般企業の財務経験者にお薦めですが、それ以外の経歴の人でも、資質によってはキャリア・チェンジも可能。数学の素養は必須です。

 

⑩PR(Public Relations:広報)

企業の広報経験者やメディア経験者はもちろん、マーケティング経験者に有益なコース。広報を戦略的にコントロールすることを目的とする学位を取得することでキャリア・アップに生かすことができます。

 

⑪MOT(Management of Technology:技術経営)

理系のMBAとも言われるMOT。技術をいかに商品化するか、技術革新をいかに管理していくか、という発想が求められ、ハイテク、ローテク問わず、技術者向けコースです。英語ができる技術者という意味でも有効ですが、さらに経営の分かる技術者こそ、今後求められる人材となります。

 上記⑦〜⑪までは、それなりの経歴はあるが特に強いといえる分野を持っていない人向け。スペシャリスト型ビジネス系大学院で学ぶことがお薦めです。MBAよりも1点特化型のコースで強みを作ることができるプランだと言えます。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る