メルボルン日本人学校ほか、生徒の作文

オーストラリア在住の生徒の作文

Student’s Diary
オーストラリア在住の生徒の作文より

メルボルン日本人学校
「さんすう」 G1 やま田ことみ

 さんすうがたのしいです。なぜなら、けいさんのたしかめのドリルをすいすいできるからです。とくに、「20よりおおきいかず」ができるからです。日本では、あまりできませんでした。しかし、メル校に来てさんすうがすきになりました。いまは、「さんすうしゅぎょう」をまい日れんしゅうしています。じゅぎょうでは、すう字のれんしゅうをいっぱいしています。「クイズ10をつくりましょう」をしています。はじめは、8と2、7と3、6と4がにがてでした。だけど、いまはすらすらこたえることができます。まい日、れんしゅうするのは、たいせつだとおもいました。いまは、ひきざんをがんばっています。2ねんせいでならう、かけざんはできます。もっとすらすらできるように、けいさんカードでたくさんれんしゅうしたいです。


シドニー日本人学校
「インターナショナルスポーツデーを終えて」 Y6 大坪祐太

9月2日、シドニー日本人学校で、イタリアン、ジャーマン、アレキサンダー、ガルストンスクールの人たちが集まって、インターナショナルスポーツデーが行われました。
 僕の目標は800m走を悔いのないように走ることでした。8月のクロスカントリーでは、ぜんそくが出てしまい、全力を出し切ることができなかったため、今回は10位以内に入ることを目指しました。
 本番の最終ラップでの順位は5位。ラストスパートをかけました。4位との差があと4mのところまで追い上げることができました。今回、10位以内に入れて嬉しかったし、悔いなく走れて良かったです。見に来ていた母にもすごいと言ってもらえて、頑張ったかいがありました。早く父に報告したい気持ちを押さえて、残りの競技も一生懸命頑張りました。
 僕たちのチームは4チーム中3位でしたが、自分では全力が出し切れたので良かったです。また、色々な国の人と交流ができる機会はなかなかないので、とても良い経験になりました。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る