シドニー日本人学校ほか、生徒の作文

オーストラリア在住の生徒の作文

Student’s Diary
オーストラリア在住の生徒の作文より

♦シドニー日本人学校
「シドニー日本人学校スポーツデー」Y4 青木大成

「がんばるぞ。」ぼくは、朝、ドキドキしながら起きた。いつもなら目覚まし時計で起きるのに、今日は自然と目が覚めた。なぜかというと、今日は待ちに待ったスポーツデーの日だからだ。「白組、勝てるかな。」ぼくはそう思いながら学校に行った。いつもと同じ学校なのにぼくには全然違って見えた。
 いよいよスポーツデーが始まった。ぼくたちY4が出た種目は80m走、台風の目、エイサーだ。ぼくがとくに心に残ったのはエイサーだ。今年からおどりが新しくなり、練習で覚えるのがむずかしかった。だけど、何度も何度も練習を重ねていくと、少しずつ覚えることができた。そして本番、今まで練習してきた全てを見せることができたと思う。おどりおわったときに受けた拍手がとてもうれしかった。
 最後の結果発表、なんと勝ったのは白組だった。飛びあがって喜んだ。最高のスポーツデーとなった。


♦メルボルン日本人学校
「友達っていいな」佐々木伊織

ぼくがオーストラリアに来てから一番良かったのは、「友達」です。ぼくは最初、ここはオーストラリアだから日本の学校よりも友達ができないと思っていました。ですが、日本とはちがう人達がいるから、日本とオーストラリアを合わせて、友達が多くなっていることが分かりました。つまり、友達がふえているということです。
 そして、もう一ついい所があります。それは、オーストラリアにいる日本人の人数が、日本の日本人よりあっとう的に少ないので、日本人学校の人達全員とすぐに友達になれるというメリットがあるのです。だから、全員とあっという間に仲良くなれるのです。
 これらのことがあるので、オーストラリアに来てから、なんにも後かいがなかったのです。友達ってすごいですね。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る