シドニー日本人学校ほか、生徒の作文

Student’s Diary
オーストラリア在住の生徒の作文より

♦シドニー日本人学校

がんばったなわとび

わたしは、なわとびをがんばりました。休みじかんに、おともだちとたくさんれんしゅうしました。
 二じゅうとびのとき、先生に、「かかとをつけないようにとんだほうがいいよ。」とおしえてもらいました。そこに気をつけてとんでみると、なんかいもとべるようになっていました。すごくうれしかったです。
 なわとび五きゅうになって、しゅうかいでどうメダルをもらいました。こんどは、うしろサイドクロスができるようにがんばりたいです。(一年 飯島万由子)

がんばったえいごげき

四学き、クラスのみんなで、えいごげきをしました。ぼくは、カウボーイのやくをしました。
 はじめは、えいごのせりふをいったり、みぶりをおぼえたりするのが大へんでした。でも、本ばんでは、大きなこえでせりふをいえました。ダンスもがんばりました。
 えいごげきははじめてだったので、むずかしかったし、はずかしかったです。でも、いっしょうけんめいれんしゅうをして、おかあさんにほめられたので、うれしかったです。(一年 藤原優斗)


♦メルボルン日本人学校

中学部で頑張りたいこと

私は、もうすぐ中学部に入学します。楽しみな気持ちもあり、不安もあります。その中で、私がこれから特に頑張りたいことは2つあります。
 1つ目は、計画的に行動することです。6年生のとき、やることを順序よく進められなかったため、ぎりぎりになって急いでやることがありました。それはとても大変だったので、これからはしっかり計画を立てようと思います。そして、余裕をもって行動できるようにしたいです。
 2つ目は、復習をしっかりすることです。中学部に入ると、勉強が難しくなります。なので、復習を通して内容を繰り返し頭に入れ、忘れていたところを思い出せるようにしたいです。
 最後に私は中学部でも、これらの目標を大切にしながら、色々なことに挑戦していきたいです。(大野結菜)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る