今を変え、未来を変える/福島先生の人生日々勉強

福島先生の人生日々勉強
今を変え、未来を変える

人は誰もが幸せを求めています。しかし人間というのは、生きている限り病気や煩悩、貧困といった苦難から逃れられない生き物です。人生には波があります。その波に飲み込まれるか、それとも泳ぎ切ってみせるのか。私たちは、いかにして我が身に降りかかる苦難から解脱して、幸せを創っていけば良いのでしょうか。

今日の自分は、昨日までの自分の続きであり、結果です。昨日までどう生きてきたか、どのような意識や観念を持ち、何をして生きてきたかということの結実が、今なのです。昨日の深酒という原因は、今日の体調不良という結果になります。昨日口にしたものは、今日の結果として体と心に影響を与えます。しかし、昨日の行動はもうどうすることもできません。過去は変えられないのです。変えられるのは、今日これからの自分の態度であり、生き方です。今日を改めることで、未来は今日を起因とする結果として変えることができます。つまり、過去の苦しみ、過去を原因とした結果としての今日の苦しみは回避できないけれども、今日これからの行為の結果として起きる明日の苦しみは、今日の生き方次第で回避できるのです。ですから、いつまでも過去を恥じたり悔んだりしていないで、新しく迎える今日という日を大切に生きなければなりません。

幸せになりたいと願い、変化を望んでいながら、今すぐに変えようとせず先延ばしにしてしまっていることはありませんか。あるいは、変えられないものを変えたいと固執し、無用な苦しみに陥ってはいませんか。どんなに努力しても変えられないものは存在します。しかし、自分の努力で変えられることはたくさんあります。変えられないことと変えられることをきちんと区別しましょう。命の終焉(しゅうえん)のごとく変えられないものは受け入れる努力をし、変えられることは、くよくよと悩んだり無理だと諦めたりせず、変えるために今日、今すぐに行動に移すのです。

変えられないと思い込む背景には、依存があります。続いている慣習や習慣、嗜好(しこう)には中毒性があるということを知りましょう。それがないとうまくいかない、そのやり方でないと困難になるということでは、いつも不安につきまとわれる状態になります。それまでの在り方に依存している限り、私たちは自由になれないのです。あらゆる意味で自立すること、自分自身で自分を成り立たせること。そうすることで、たとえ何かを失うことがあっても、立ち直り、より気高く生きていくことができます。自立した上で、互いを尊重し、共生すること。そうすることが自分の自由を確保することでもあります。完全なる自立を目指し、自分自身の力で幸せを呼び込みましょう。今を変え、未来を変えるのです。


福島先生の教育指導

教育専門家:福島 摂子
大阪府出身。31年間、教育に携わり、教育カウンセリング・海外帰国子女指導を主に手がける。1992年に来豪。シドニーに私塾『福島塾』を開き、社会に奉仕する創造的な人間を育てることを使命として、幼児から大学生までの指導を行う。2005年10月より拠点を日本へ移し、日々活動の幅を広げていく一方で、オーストラリア在住者に対する情報提供やカウンセリング指導も継続中である。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る