個を超越する

福島先生の教育指導

Teacher’s Advice

福島先生の教育指導


個を超越する


生きていれば、天から来たとしか思えない災禍に何度も見舞われますが、どん底から再生していく力を持っていることが生きるものの素晴らしさでもあります。しかし、とかく世の中には、自分の外から来たと思える災難も、冷静な心で顧みれば、おおよそ自分の中から起こったものであったということも少なくありません。

弱い心が妄想して描き出す不幸もあります。社会での自分の待遇を不満に思うということなどは、最も陥りやすく、分かりやすい例でしょう。自分はこんな待遇をされるはずの人間ではない、努力しているのに、社会はなぜ自分を受け入れないのか。しかし、それは独りよがりの妄想に過ぎず、はたから見れば、その待遇に値する人間であるに違いないのです。

まれに、この点に気付ける人もいます。自分は酒癖が悪い、金銭感覚がない、異性関係にだらしないなど、自分の弱点を知っている人もいます。しかし、弱点を矯正するかというとそれはせず、人間なんて弱いものだ、それくらいは許されて当然なのだと自己弁護し、その罪を社会や家族に転嫁するのです。自分の弱点のために社会や家族が自分を評価してくれないなら、なぜ反省し、改めようとしないのでしょうか。自分で妄想し、逆境を作り出しておきながら、世を恨む人が多いのは、たいへん残念なことです。世を恨めば、自分だけでなく、身近な人まで不穏な世界に引き込んでしまいます。本人が気付かないうちに、罪なき人につらい思いをさせてしまい、そのことがさらに自分を不幸にします。

では、どうすれば再生できるでしょうか。自分の業を悔いてばかりでは、自信をなくす一方です。ここはひとまず自分を忘れることです。人間は、個を超えた大きな利益を考える時、世を恨む気持ちが少なくなるものです。世界のことを懸命に考えるといった視野を意識的に持つことで、目の前の怒りは収まります。小さくとも、まずは「個」を超えましょう。

例えば、夫が幸せになりたかったら、妻を幸せにすることです。妻を喜ばせることに懸命になることで、自己評価が上がります。例え妻が喜ばずとも、努力している自分は評価できます。実はこれが最も重要なことです。自己評価が低い人ほど、ひねくれふてくされ、世を恨むというからくりがあるからです。他人から受ける評価というのは、簡単に覆せるものではありません。しかし、文字通り、懸命に喜ばせ続けていれば、いつしか他人からの評価も上がります。他人の幸福は、めぐりめぐって自分の幸福になるということが身に染みることでしょう。利害とは、個を超越したところにあるのです。


教育専門家:福島 摂子
大阪府出身。26年間、教育に携わ り、教育カウンセリング・海外帰 国子女指導を主に手がける。1992 年に来豪。シドニーに私塾『福島 塾』を開き、社会に奉仕する創造 的な人間を育てることを使命とし て、幼児から大学生までの指導を 行う。2005年10月より拠点を日本 へ移し、日々活動の幅を広げてい く一方で、オーストラリア在住者 に対する情報提供やカウンセリン グ指導も継続中である

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る