楽々人生を手に入れましょう

福島先生の教育指導

Teacher’s Advice
福島先生の教育指導
楽々人生を手に入れましょう

人の数だけ性格があり、考え方も千差万別ですが、自分の性格や考え方が完璧だと思っている人はまずいないでしょう。私も、子どものころから悩みは尽きず、数々の欠点によって自らの生活が何度となく脅かされ、周りに迷惑を掛けっぱなしの人生を送ってきました。失敗する度に性格の修正を重ね、1日のうちに何度も自分に呆れ、時にはがっかりし、反省しきりの常日ごろです。きっとそれが凡人にできる精進であって、その繰り返しのうちに1個の人生は全うすると言えるのでしょうが、失敗三昧の割には思いのほかに面白いことがちょいちょいあり、愉快に過ごせるというのもまた、人生のすごいところです。

ところが心と体が疲れ切っているとこの「ちょいちょい」に気付くことができず、感受性が失われ、本当は笑える話にも反応できなくなってしまいます。そういう時は、闇雲に問題に対処しようと無理をせず、まずは自分の状態を感じ、中道に戻すことが肝心です。疲れている時というのは、何かが極端に走っていて、心身のバランスが崩れている状態にあります。例えば食べ過ぎ、飲み過ぎ、食べなさ過ぎ、遊び過ぎ、寝過ぎ、寝不足、気にし過ぎ、気の遣い過ぎ、自分勝手。生活の中でバランスをとり、中立でいることは心身の平安の要です。極端に多過ぎたり、やり過ぎたり、少な過ぎたりというのは疲労の素なのです。

そして、意外に思われるかもしれませんが、だらりとした姿勢が心身を疲れさせるということも心に留めておきたいポイントです。体の姿勢は単なる肉体的な姿勢にとどまらず、心の姿勢、人生への姿勢を如実に示します。人は、自信に満ちている時には胸を張り、視線は遠く斜め前方を見据え、顔はやる気に満ちていますが、落ち込んでいる時には、肩を落として前屈みになり、力なくうつむいています。しかし、心の状態が姿勢に影響を与えるように、姿勢によって心の状態を作り出すことも可能です。落ち込みそうな時はそれに引きずられないよう、姿勢を正し、胸を張ります。辛い出来事に押しつぶされないよう、やる気の姿勢で立ち向かうのです。この時、肩に力が入ってしまうと緊張が続いて疲れてしまうので、肩の力は抜きましょう。姿勢を正し深い呼吸で体を整えれば、雑念から解放され、心の状態も良くなっていきます。まっすぐな姿勢が、エネルギーの循環を良くし、快適で安定した楽々人生を呼び込んでくれるのです。

性格も考え方も反省はしても一瞬で魔法のように改善するというわけにはいきません。しかし、姿勢であれば、気付いた時に一瞬で矯正することができます。一瞬で心身を清めることができるのですから、やらない手はありませんね。


教育専門家:福島 摂子
大阪府出身。27年間、教育に携わり、教育カウンセリング・海外帰国子女指導を主に手がける。1992年に来豪。シドニーに私塾『福島塾』を開き、社会に奉仕する創造的な人間を育てることを使命として、幼児から大学生までの指導を行う。2005年10月より拠点を日本へ移し、日々活動の幅を広げていく一方で、オーストラリア在住者に対する情報提供やカウンセリング指導も継続中である。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る