第11回「耳にする」

英語にすると?

 

英語にすると…?


Ah, that’s how you say it !

第11回「耳にする」

1. 音や声を聞き取る器官としての「耳」を使った表現

例1 学部長が近々辞めるという噂を耳にした。
(I heard a rumour that the Dean of the Faculty will resign shortly.)

例2 えっ、もうそのことを知ってるの ? 誰に聞いたのか知 らないけど耳が早いねえ !
(What? You already know about it? I don’t know who you heard it from, but you certainly have your ear to the ground!)

例3 あのおばあさんは、最近耳が遠くなってきたようだ。
(That old lady is lately getting hard of hearing.)

例4 この2つの楽器の違いが聞き分けられるなんて、君は いい耳をしているねえ。
(You must have a good ear to be able to tell the difference between these two instruments.)

例5 この発音の違いが分からないなんて、君は耳が悪いん じゃないのか。
(If you can’t even tell the difference between these pronunciations, you certainly have a bad ear, haven’t you?)

例6 あの先生は、いつでも学生の意見に耳を傾けてくれる。
(That teacher is always willing to listen to students’ opinions.)

例7 これから大事なことを伝えるので、皆、耳を澄まして 聞くように。
(Listen up everyone, I’m going to tell you something important, so please pay attention.)
 

2. 「耳」を含んだ慣用表現

例8 もうその話は耳にたこ(胼胝)ができるほど聞かされたから、いい加減に止めてほしい。
(I have heard about that so much that my ears are getting calluses. Please stop talking about it.)

例9 その話を持ち出されると、耳が痛い。
(Whenever that topic comes up, it sounds disagreeable to my ear. / Whenever people talk about it, I feel a prick of conscience.)

例10 この話は野田君には内緒だよ。何しろ、あいつに話し た日には、耳から口だからね。
(Make sure you don’t tell Noda-kun about this. Once he hears about it, he will tell everyone straight away.)

例11 卒業した時の、あの先生のおっしゃったことが、いまだ に耳について離れない(=人に言われたことが忘れら れない)。
(What my teacher told me at the time of my graduation still lingers in my mind.)

例12 雨だれの音が耳について(=うるさく聞こえて)ひと 晩中眠れなかった。
(I couldn’t get to sleep all night, disturbed by the pattering of raindrops.)

例13 外で子どもたちが騒いでいても、少しも耳障りにはなら ない。
(Even if children are making a noise outside, it gives little offense to the ear.)

例14 そのような発音は、オーストラリア人には耳障りだろ うね。
(That kind of pronunciation would offend Australian ears, I reckon.)

例15 (聞きたいと思っていた知らせが聞けて)それは耳寄り な話だ !
(That’s welcome news!)

例16 (非常に魅力的な話を持ち出されて)それは耳寄り な話だ !
(That’s a tempting offer! / That sounds inviting!)
 

3. 「耳」を含んだ言葉を使った表現

例17 それは初耳だ。
(That’s news/a revelation to me. / It’s the first time I’ve heard that.)

例18 それは君の空耳(=聞き違い)だ。
(You only fancy/ imagine you’ve heard it.)

例19 都合のいい時だけ空耳を使うな(=聞かぬふりをする な)!
(Don’t feign deafness only when it’s convenient to you. / Don’t pretend to be deaf/not to hear only when it suits you.)

例20 あいつは地獄耳だから、気を付けろ !
(Take care, for that fellow has sharp/ keen ears.)

例21 これは一寸小耳に挟んだ話なんだが…。
(This is something which I just overheard, but...)

例22 それは我々には全く寝耳に水だった。
(It came upon us like a thunderbolt out of the blue. / It was a complete surprise to us. / We were caught off guard by the news.)
 

 以上、今回は「耳」に まつわるいろいろな表現 を取り上げてみた。耳学 問ではなく、しっかり学 んでほしい。決して馬 耳東風と聞き流さぬよう に。(Don’t just rely on knowledge acquired by simply listening to others and make sure you learn these expressions properly. Never turn a deaf ear on this advice.)

☆お願い☆ この日本語を「英語にすると ?」という日ごろの疑問・質問を日豪プレス編集 部(npeditor@nichigo.com.au) または筆者(Shun.Ikeda@anu.edu.au) までお寄せ ください。できるだけ読者の皆さんのご要望に応えていきたいと思っています。


池田俊一

オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る