益田菜穂子さん Swinburne University


3ZZZ日本語ラジオ(92.3FM)毎週日曜12PM〜1PM
Web: www.melbournenet.com.au/3zzz

メルボルンでHAPPY留学

 メルボルンの大学やTAFEに通う学生の生の声を届けるコーナー。今回は、ビクトリア芸術大学美術学科ペインティング・コースで学ぶ中村さんに話を聞いた。

益田菜穂子さん(26歳)
Swinburne University

■知識欲を満たしたい
 はっきりとした顔立ちと、明るい話し方が印象的な益田さんは、関西外国語大学の英米語学科を卒業した。3年時に交換留学生としてディーキン大学に1年間通い、ようやく英語でコミュニケーションがとれるようになり始めた矢先の帰国。就職活動の時期を迎えたが、「英語も知識も経験も中途半端。もっと学びたい」との思いが捨て切れなかった。この氷河期に、新卒というステータスを捨てることに迷いはあったが、「もう1回行けば ? 」と恩師に背中を押され、留学資金を貯めてメルボルンに舞い戻った。
 昨年2月にコース開始。テーマは、メディアを使ったコミュニケーション。文字よりも、ビデオやイメージを使って物事を伝えるマルチメディア寄りのコースだ。印象に残っている授業はラジオ・プロダクション。文字通りラジオ番組を制作する。リスナーのターゲットを絞り、留学生や外国人の視点で見たオーストラリアをテーマに15分程度のラジオ番組を作った。
 
■もう1つの顔、ならぬ声
 学業と同じくらい力を入れているのがラジオのボランティア。新聞で益田さんの声がお伝えできないのが残念だが、彼女はコミュニティー・ラジオ「3ZZZ日本語ラジオ」のパーソナリティーを務めている。3ZZZは、日本の経済・芸能ニュース、新旧のヒット・ソング紹介を中心に、メルボルンのニュースや特集、日本語・英語レッスンなどを盛り込んで送る1時間のプログラムで、毎週日曜に生放送中だ。
 益田さんはMCをしたり、特定のコーナーを担当したりする。日本の就職事情を伝えるなど、彼女ならではの目線で話題を提供することも。1時間番組のためのネタ選びと原稿の作成は「体力的にはハードですが楽しい」とのこと。不特定多数の人に情報を届ける喜びや、顔の見えないコミュニケーションの難しさとやりがい、そしてメディアを通して発言するという責任をヒシヒシと感じている。「『聞いていますよ』と言われるのが一番嬉しい」と笑った。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る