「ママと歌おう。英語で歌う日本の童謡」

良い本との出会いで人生は開ける
私を変える、1冊のオーディオブック

本との出会いはまるで人との出会いのようなもので、さまざまな知識や刺激を与えてくれ、人生の道を明るく大きく開き、自分をも養ってくれる。このコラムでは、編集部オススメのオーディオブックを毎月1冊ご紹介。いつでもどこでも、音楽を聴くように気軽に本の世界が楽しめ、目から得るよりもさらに効率良く情報を吸収できると言われるオーディオブックを通して、自分を大きく成長させてくれるステキな1冊に、どうか巡り会えますように!

今月の1冊

「ママと歌おう。英語で歌う日本の童謡」

 著者:マザー・ターキー、パンローリング


■「ママと歌おう。英語で歌う日本の童謡」
MP3 約89分 2,000円(税込)

耳で聴く本「オーディオブック」のタイトルには、英語学習教材がいっぱい。その中でも、今回はママにぴったりの1作をご紹介。

その名も「ママと歌おう。英語で歌う日本の童謡」。文字通り、日本でお馴染みの童謡を英語にして、子どもと楽しく歌いながら、英語のボキャブラリーや発音を学んでいくというものだ。日本の語感をできるだけそのまま英語にしてあるので、ニュアンスの勉強ができるのも嬉しい!

また、子どもと一緒に歌うことで、良い親子のスキンシップになるだけでなく、英日で歌を復唱することで、子どもの言語教育のための教材としても使えること請け合いだ。

このタイトルには、日本の幼稚園や保育所、小学校などで歌う懐かしい童謡の中から24曲が厳選され、収録されている。英語のネイティブ・スピーカーによる英詩の朗読と、日本語での詩の朗読が交互に入っており、その後に歌が歌えるようになっている。また、英語が苦手だというママでも「私もできる!」と自信を持って歌えるように、日本人歌手が歌唱している。

ママ自身の英語力アップ、子どものバイリンガル教育などに活用してみてはいかが?ちなみにパパ・バージョンもあり。

ダウンロード・リンクはコチラ
Web: www.digigi.jp/bin/showprod?a=66792&c=2048057200002
日豪プレス公式サイトからもオーディオブック・ダウンロード・サイトにとべる!
Web: nichigopress.jp

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る