【サークル紹介】キッズ・サッカー・クラブ

サークル・コミュニティー紹介 in SYDNEY

シドニーを拠点とするサークルまたはコミュニティーの活動に編集部員が突撃し、取材を敢行。それまでなかなか発信しきれなかった活動の詳細や団体の魅力を紹介する。

第21回 キッズ・サッカー・クラブ

キッズ・サッカー・クラブの存在

「パス、パス」「シュート! シュート!」
「ゴールをよく狙って、蹴るんだよ!」

そんな活発な良い掛け声が響きわたる公園の一角。その和気あいあいとした声を聞くだけで何とも楽しそうな情景が想像できる。盛り上がっている方面へと歩を進めると2人のコーチを交え、4人の子どもたちが汗だくになりながら、一生懸命サッカー・ボールを追っている。毎週日曜日、夕方4時からシドニー・パークで行われているキッズ・サッカー・クラブのメンバーたちだ。

最初に基礎練習からスタートする
最初に基礎練習からスタートする

同クラブは、シドニー・パークで毎週日曜日の午後、その他にウェントワース・パークで土曜日の午前と午後、ジュビリー・パークで水・木曜日の午後と金曜日の午前に活動を行っている。土曜日は誰でも気軽に楽しめる入門クラスで、日本語を中心にコミュニケーションを取り、サッカーを通して楽しく体を動かすことを目的としている。水・木・金・日曜日はドリブルやシュートといった個人のスキル・アップを中心としたクラスや実践トレーニングを交えたクラスを行っている。

同クラブの発起人は、NSW州フットサル・リーグに所属の廣田龍生(りゅうき)さんと、NSW州サッカー・リーグに所属している徳本魁人(かいと)さんの2人だ。同クラブで使用するサッカー・ボールや簡易式サッカー・ゴールは全てコーチである彼らが用意するなど、クラブの運営に協力を惜しまない。

クラブで活動したことを原点にして欲しい

同クラブ代表の1人、廣田さんは子どもたちにサッカーを教える魅力について、このように話す。

「1人でも多くの子どもたちにサッカーの楽しさを知ってもらい、将来的にはローカル・クラブに所属してサッカーを続けて欲しいと願っています。サッカーをプレーすること自体に面白みを感じてもらうと共に、プレーすることに本気で向き合ってもらうことが目標ですね。更に、このクラブでの活動がサッカー・プレーヤーとしての原点になってくれるとよりうれしいです」

子どもたちVSコーチでの試合。実践的な内容だ
子どもたちVSコーチでの試合。実践的な内容だ

同クラブは、たとえ参加者が1人であったとしてもクラブ活動を開催している。

「サッカーをやりたいという子どもたちの意思を尊重してあげたい」という強い思いが原動力になっているそうだ。

全力でサッカーに取り組むことができる環境がシドニーにある。サッカー好きな子どもたちはもちろんだが、同クラブの活動を通してこれからその虜になる子もいるだろう。

子どもたちが好きなことをしている時の姿は生き生きとしており、その目には輝きが満ちている。廣田さん、徳本さんが作り上げる最高のサッカー空間はサッカー・スキルだけでなく、たくさんの“学び”があるのだろう。(リポート:高坂信也、水村莉子)

PRメッセージ

キッズ・サッカー・クラブ代表:
廣田龍生さん、徳本魁人さん

クラブでの活動を通して、子どもたちが徐々にサッカーが上手になっていく姿や、黙々と練習する姿勢を見ると、やりがいを感じます。コーチングや子どもたちへの接し方1つでプレーが変わるため、どうしたら子どもたちが上達するのかを常に考えています。興味がある方は、下記連絡先までご連絡ください。一緒にサッカーするのを楽しみにしています。
▼Tel: 0413-100-875
▼Email: ryusaru1125@gmail.com

シドニー市内を拠点とし、当コーナーでの紹介を希望するサークルまたはコミュニティーは、代表者氏名・団体名・活動内容・活動場所を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)までご連絡ください。また紹介団体については、非営利団体に限ります。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る