日本食文化発展の礎を作った姉川商店

出倉秀男の日本料理と歩んだ豪州滞在記

出倉秀男の日本料理と歩んだ豪州滞在記
~オーストラリアでの日本食の変遷を辿る~

其の六:日本食文化発展の礎を作った姉川商店

オーストラリアでの私のスポンサーとなってくれていた、アデレードのビジネスマン・マレーには、後日会うことになり、初日は宿泊先のポッツ・ポイント周辺を散策しました。その日のシドニーは晴天で、青空が広がり、日本の初夏を思わせる心地良い気候ですが、日本の蒸し暑い夏に比べると、ドライなシドニーの夏は、よほど気温が上がる時は別として、日陰では過ごしやすく、自然とのんびりした気持ちにさせてくれました。これは今も変わらないです。

その時は、勉強不足で、私の中で、ポッツ・ポイントとキングス・クロスの位置関係が分かっておらず、隣接した街だと知ったのはフラットの人に聞いてからでした。シドニー一の繁華街ということで、夜中まで開いている店もありましたが、ロンドンのキングス・クロスを知っていたのでロンドンのような繁華街を想像した私には、シドニーのキングス・クロスはのんびりとしていて、さわやかな雰囲気があり、当時のオーストラリアを象徴していたような気がしました。当時の様子をうかがえるものとして、エル・アラメイン・ファウンテンやレス・ガールズ・シアターがあります。

45年前のキングス・クロスには今のコンビニに近いような小さなスーパーがあり、まず食料を買いに入りました。見渡すと、缶詰類、簡単な食品、雑貨が雑然と並んでいました。野菜や果物はほとんどなかったのですが、なぜかたくさんオレンジがあったのを覚えています。この時代のスーパーで並んでいた、果物などについて覚えておられる方、いらっしゃいますか? お話を聞きたいですね。

コーンビーフ、コーンスープ、ホウレン草、アスパラガスなどの缶詰も並んでいました。これらはオーストラリアのいわゆるインスタントの食材でした。特にキャンベルのスパゲッティとビーンズのトマト味のものなどもたくさん並び、いろんな人が買っていたので、つい手が伸びていました。今でもスーパーの一角に依然としてこれらの商品が並んでいます。

このスーパーの隣に肉屋があり、肉が貴重な日本から来た私は、オーストラリアでは手ごろな大きなTボーン・ステーキを購入。ハトロン紙のようなものに包んでくれました。宿に帰って早速、包みを開けてみると、うっすらと肉の表面に白い粉っぽいものが出ていたのですが、腐った臭いはなく、塩コショウで軽く焼いて食べました。肉のエイジング方法が良かったのか、とても肉らしいワイルドな味でおいしく感じました。同時に、しょうゆがあったらもっとおいしかったのにと、既に日本の醤油を恋しくなっていました。

次に、シドニーにおける食材などのハンティングを始めました。当初は、日本食材が手に入る場所も検討がつかず、まずはディクソン・ストリートにあるチャイナタウンを訪れました。サンフランシスコと比べると、規模が違い、こじんまりとしていましたが、チャイニーズのなんとも言えない食材の匂いは変わりませんでした。スーパーと同じく、日常雑貨屋は乾物品が多く、日常雑貨と一緒に売られていて、日本のものはほとんどありませんでした。月桂冠のお酒が売られていたのが不思議で、よく覚えています。何も買わずに、そのまま、エリザベス・ストリートに向かって歩いていると、日本語の「姉川」さんの看板を見つけ、店に入ると、日本人の女性店員の方がいました。


今でも続く創業51年(1966年創業)の商店です。当時はエリザベス・ストリートにあり、日本食材のビジネスを手掛けておられました。バラエティーが今のようにありませんでしたが、日本の明治屋さんとのタイアップで、お茶、しょうゆ、みそ、納豆、稲荷の缶詰などがあり、日本食材の唯一の救世主でした。

当時はローカルの新聞にも姉川さんを紹介する記事が見られました。初めての日本食材店が大きく取り上げられ、時々レシピが掲載されていました。活躍する日本人の方のニュースを聞くのは大きな励みとなりました。おそらくオーストラリアにおける今日の日本食文化発展の礎を作られたのは姉川さんだったのではないでしょうか。それを51年間続けられている。1つのことを長く続けることは、人生いろいろなことが起きるので、簡単なことではあません。それでも「姉川」さんの店に立ち寄ると、いつも変わらない笑顔で迎えてくれ、対応してくれる。私も長く日本食文化の紹介を続けている中で、姉川さんから学びたいところです。ポッツ・ポイントには少しいて、その後、エリザベス・ベイに移りました。



出倉秀男(憲秀)
料理研究家。英文による日本料理の著者、Fine Arts of Japanese Cooking、Encyclopaedia of Japanese cuisine、Japanese cooking at home, Essentially Japanese他著書多数 。Japanese Functions of Sydney代表。Culinary Studio Dekura代表。外務省大臣賞、農林水産大臣賞受賞。シドニー四条真流文芸師範、四條司家師範、全国技能士連盟師範、日本食普及親善大使

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る