ワンダフル・ライフ「オーストラリアで人気の犬種」

ワンダフル・ライフ in AUS

第10回オーストラリアで人気の犬種

オーストラリアでは、約480万頭もの犬がペットやワーキング・ドッグとして人と共に暮らしているそうだ。犬を飼っている世帯は38%(※1)に上る。一方、オーストラリアの6倍もの人口を抱える日本では約1,000万頭の犬が飼育されているが、犬の飼育世帯数の割合は意外と少なく、約13%(※2)にとどまっている。やはり日本と比べてみても、オーストラリア人はかなりの犬好きと言えそうだ。

オーストラリアで人気の犬種(※3 2018年rent.com.au調べ)

  1. 1位 雑種
  2. 2位 スタッフィー
  3. 3位 シーズー 
  4. 4位 ラブラドール
  5. 5位 ジャック・ラッセル
  6. 6位 ボーダー・コリー
  7. 7位 チワワ
  8. 8位 アメリカン・スタッフィー
  9. 9位 ケルピー
  10. 10位 イングリッシュ・スタッフィー
パワフルで心優しい、スタッフィー(Photo: Cralton)
パワフルで心優しい、スタッフィー(Photo: Cralton)
ケルピー犬、テイラーちゃん(Photo: Tomoko Yokoyama)
ケルピー犬、テイラーちゃん(Photo: Tomoko Yokoyama)

オーストラリアで一番人気のある犬種は、やはり雑種。そして2位はスタッフィー。スタッフィーは、何と8位にもアメリカン・スタッフィー、10位にもイングリッシュ・スタッフィーがランクインしている。オーストラリア人はどれだけスタッフィー好きなんだろうかと思うほどの人気である。私が子犬を買おうとゴールドコースト周辺で犬のブリーダーを探していた時にも、確かにスタッフィーの情報ばかり出てきた覚えがある。スタッフィーとは「スタフォードシャー・ブル・テリア」の略で、小さくもガッチリした体躯(たいく)に、つぶらな瞳が可愛い犬だ。

また、9位にケルピーが入っているのも、オーストラリアらしい。賢く従順で活発なケルピーは、オーストラリア内陸部の農場でよく目にするワーキング・ドッグである。スコットランドからやってきた毛の短いスムース・コリーとディンゴを交配した、オーストラリア原産の牧羊犬だ。


ランス陽子
フォトグラファー/ライター。現在、美術博士号取得のためグリフィス大学に在学しながら、オーストラリアで古くから牧羊犬として愛されているボーダー・コリーのスパーキーとゴールドコーストで暮らす。
Web: www.yokolance.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る