【新連載】これだけは知っておきたいファーム情報

ファーム情報

ファームのプロ「Australian Picking Information」が、役立つファーム情報を紹介。

第1回:オーストラリアのファームで働く基礎知識

「セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザを取得したい!お金だって稼ぎたい!」と多くのワーホリ・メーカーは思うのだが、実は大半の人が実現できていないのはご存知だろうか。その理由は、単純に「情報不足」にある。

オーストラリアでは都市部の情報が充実している反面、ファームが多く存在している田舎の情報はほとんどない。そのため、日本人が多く訪れるQLD州バンダバーグなどの有名な街に情報が集中する傾向がある。

その結果、あまり情報が得られなかった街のファームに行ってしまうと、給料の安い場所で無駄に働くことになったり、悪徳コントラクターやファーム主による、給料の天引きや未払い、セカンド用紙への記入拒否などのトラブルに巻き込まれやすくなるのだ。

そのためファーム初心者は、まず以下の項目をリサーチしよう。

• 自分が働きたいエリアと街
• 選んだエリアと街の収穫物とシーズン
• 現地の宿泊先(アコモデーション)

農業が盛んな街や収穫物、シーズンなどは、日本語で紹介されているサイトもあるので、簡単に調べることができる。

宿泊先においては、ファーム仕事で有名な街であれば、ネットでの情報収集はすぐにできる。しかしその際、ホームページに「仕事」についての説明があるかどうかを確認しよう。

初心者が仕事を得るには、バックパッカーから仕事を斡旋してもらうことが一番安全と言える。ホームページで現地の仕事を紹介しているアコモデーションは、仕事の斡旋を行っているということ。宿泊すれば仕事を得られるのだ。まずはこういったアコモデーションを探し出すのが仕事を得る一番の近道ということになる。

また、オーストラリアの各街には必ずキャラバン・パークと呼ばれるキャンプ・サイトがあり、農場地帯のキャラバン・パークには多くの農業労働者が滞在しているので、仕事の紹介や情報収集が可能。また、テントで暮らすことが苦でないなら、バックパッカーよりも滞在費が抑えられるので魅力的だ。

このように希望の街・エリア、収穫物とシーズン、現地で仕事の斡旋を行っているアコモデーションをきちんと調べられるか否かで、充実したファーム生活を行えるかどうかの約半分が決まる。オーストラリアは海外であり、自分たちが外国人であることをしっかりと自覚して石橋を叩いて行動することが何よりも重要だ。

オーストラリア・ピッキング・インフォメーション(Australian Picking Information)
セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザが取得可能なオーストラリア全土の求人情報を毎日配信。仕事を紹介できる宿泊施設(アコモデーション)や、有給で働くことができるファーム情報を多数掲載した冊子の作成なども行っている。
Web: www.australiapickinginformation.com
Facebook: www.facebook.com/AustraliaPickingInformation

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る