最終回 真夏だってジングル・ベル ! カラフル・クリスマス・リース

簡単フラワー・アレンジメント

花で彩るビューティフル・ライフ
簡単フラワー・アレンジメント

最終回 ホーム編
真夏だってジングル・ベル ! カラフル・クリスマス・リース

 いよいよクリスマスの季節がやって来ました。オーストラリアでは、太陽の日射しが照りつける、暑い真夏のクリスマス。雪の降るロマンチックなホワイト・クリスマスとはいきませんが、オーストラリアならではの明るく楽しいクリスマスを過ごしましょう !
 クリスマスまでの1カ月間、盛り上がる気持ちを駆り立てるのが、アドベント。アドベントとは、アドベント・サンデー(11月30日に一番近い日曜日)からクリスマス・イブまでの約4週間のことで、街はクリスマス・ムード一色となります。
 今回ご紹介するのは、真夏のクリスマスにぴったりの、簡単でカラフルなクリスマス・リース。アドベント・サンデーからクリスマス当日まで飾って楽しめるアレンジメントです。


作り方
①丸い大皿の中央に、それよりひと回り小さい鏡を置きます。
②キャンドル・ホルダーに入れたキャンドル4本を、お皿の縁に均等に配置します。
③小さいガラス容器にビーズと水を入れてキャンドルの間にリース状になるように配置し、その中にお花やグリーンを生けます。
④外周にリボンを巻いてリースの形を固定し、でき上がり。
楽しみ方
第1アドベントの日、4本のうちの1本のキャンドルに灯をともします。次の日曜日には2本、その次は3本…。そしてクリスマスには4本すべてのキャンドルに灯がともります。灯がともるキャンドルの数が増えるたびに、クリスマスの気分も高まります。お花も毎週フレッシュなものに取り替えて、いろいろな表情を楽しみましょう。お花の代わりにフルーツを入れてアレンジしてもかわいいですよ。
 これからも、花のある生活で心豊かな時間が過ごせますように。
 ハッピー・クリスマス !

用意するもの(組み合わせはお好みで)
お花(写真ではガーベラ、バラ、フリージアを使用)、グリーン、フルーツ、キャンドル(4本)、ガラス容器、ビーズ、丸い大皿、鏡、リボン
簡単フラワー・アレンジメント
PROFILE
西方康代(にしかた やすよ)
大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業後、フランスのワイン会社に就職。ソムリエ、カルヴァドス・シュバリエ、ティー・インストラクターの資格を取得。その後渡英し、英国フローリスト国家資格「Advanced National Certificate in Floristry」を取得。「Society of Floristry 2003 UK全国大会」3位、「Spring Florist Event 2004 UK全国大会」で優勝。2005年日本国際博覧会「愛・地球博」の会場装飾を手掛ける。現在、ワタベウェディング・ゴールドコースト店でフローリスト勤務。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る