【4月】最新BOOKトレンド・チェック

読書好き集まれ!
最新BOOKSトレンド・チェック
協力:オーストラリア紀伊國屋書店(Level 2, The Galeries, 500 George St., Sydney)

本好きにとって、トレンドに取り残されてしまうのはつらいところ。本連載では、シドニーCBDに店を構え、KINOと親しまれるオーストラリア紀伊国屋書店協力の下、トレンド・キーワードとともに読み逃せない話題の3冊と、日本のトレンドをキャッチするための最新ランキングをご紹介していきます。

日本でも最近普及しつつあるイースターのお祭り。イースターはキリストが復活したことを祝う「復活祭」のことで、英語圏ではクリスマスと並んで非常に重要な行事になっています。イースターにまつわる洋書の絵本はたくさん出版されているので、こうした絵本を使ってお子さんに英語の読み聞かせをされている方は多いと思います。一方、イースターをテーマにした和書の絵本もいろいろとありますので、今年のイースターは和書の絵本も読み聞かせリストに入れてみてはいかがですか。

今、売れている本は?ベストセラー・ランキング(2016年2月9日〜3月15日)

■文庫ベストセラー

1 七つの会議 池井戸潤 集英社
2 あきない世傳金と銀 源流篇 高田郁 角川春樹事務所
3 姉と弟 佐伯泰英 文藝春秋
4 望郷 湊かなえ 文藝春秋
5 怒り 上 吉田修一 中央公論新社

■新書ベストセラー

1 ヤバい心理学 神岡真司 日本文芸社
2 京都ぎらい 井上章一 朝日新聞出版
3 ハ-バ-ドでいちばん人気の国・日本 佐藤智恵 PHP研究所
4 戦略がすべて 瀧本哲史 新潮社
5 本音で生きる 堀江貴文 SBクリエイティブ

今週のトレンド・キーワード『イースターに関する本』

さまざまな“なぜ”に優しく答える

『イースターってなあに』
リースベット・スレーヘルス
女子バウロ会(価格:A$36.51<会員価格A$32.86>)

クリスマスにはサンタ・クロースが登場。ではなぜイースターには卵を配るうさぎが出てくるのか?それは実は、うさぎは豊穣のシンボルだから。そしてその背景にある興味深い伝説。キリスト教で最も大切な祝日の1つ、イースターを、その歴史を含めさまざまな側面から分かりやすく描く絵本。著者のリースベットはベルギー生まれ。セント・ルカ・アート・アカデミーでグラフィック・アートを学んだ後、グラフィック・デザイナー、絵本作家として活躍。

ちょっとユーモラスな絵が楽しい

『いーすたーのおはなし』
ジュリエット・デービッド
女子バウロ会(価格:A$23.35<会員価格A$21.01>)

イエス・キリストのエルサレム入城から、最後の晩餐、ゲッセマネでの祈り、ユダの裏切り、十字架の道行き、十字架上の死、そして復活までが、簡単に分かりやすく描かれている。“十字架にかけられて死んでしまったイエス様。次の次の日、天使が「イエス様は復活なさった」と告げて…”。毎年巡ってくる復活祭に、どのような意味があるのかがよく分かる絵本。可愛く、ユーモラスな絵を楽しみながら、子どもたちと一緒にイースターについて学べる。

世界的に人気のイラストレーターが描く

『あわてんぼうさちゃん』
ティモシー・ナップマン/デイヴィッド・ウォーカー
岩崎書店(価格:A$26.77 <会員価格A$24.09>)

もうすぐ赤ちゃんが生まれそうな、6つの卵を見つけたうさちゃん。卵のママたちに急いで届けようとしたんだけど、混ぜこぜになっちゃった。どの卵をどのパパとママに届ければいいの? アヒルさんの卵からワニさんの赤ちゃんが! あわてんぼ“うさちゃん”が活躍する楽しい絵本。『おすわりくまちゃん』『おやすみくまちゃん』『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』などを手掛けた、世界的に大人気のイラストレーター、デイビッド・ウォーカーが絵を担当。

ランキングからPick up!


『ヤバい心理学』神岡真司/日本文芸社

人は相手の気持ちや本音、その場の状況など、あらゆることが気になる。同時に自分の思いや本音を伝えたい、あるいは逆に知られたくないという考えもある。「心」というものの複雑さだ。本書はそうした「心」の真実を知ることができる「ヤバすぎる」ツールを凝縮して紹介。多数存在する心理学のツールの中からこれだけは絶対に知っておきたいというものを提供する。

KINOKUNIYA便り

3月も中旬過ぎから急に寒くなってきました。店頭でファッション雑誌を売っているのですが、南半球では季節が逆ですので、特に夏・冬はなかなか売るのが難しいです。そりゃ真夏に、冬物の特集は見たくないですよね……。オーストラリアの冬に日本の夏号を売るほうが比較的需要があります。ファッション誌だけでなく各種雑誌を取りそろえていますので、ぜひ店頭に見にきてください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る