【5月】最新BOOKトレンド・チェック 「2016本屋大賞作品」他

読書好き集まれ!
最新BOOKSトレンド・チェック
協力:オーストラリア紀伊國屋書店(Level 2, The Galeries, 500 George St., Sydney)

本好きにとって、トレンドに取り残されてしまうのはつらいところ。本連載では、シドニーCBDに店を構え、KINOと親しまれるオーストラリア紀伊国屋書店協力の下、トレンド・キーワードとともに読み逃せない話題の3冊と、日本のトレンドをキャッチするための最新ランキングをご紹介していきます。

本が売れない時代と言われている近年、日本の出版市場は書籍、雑誌とも年々縮小傾向にあります。こうした出版不況は、出版社や取次だけではなく、書店にも大きな影響を及ぼしています。この状況の中で、商品である本と顧客である読者を最も良く知る立場にいる書店員が、出版業界に新しい流れを作るために、また出版業界を現場から盛り上げていくために、2004年、書店員の投票による「本屋大賞」を発案しました。今回は、2016年の本屋大賞受賞作を紹介していきたいと思います。

今、売れている本は?ベストセラー・ランキング(2016年3月16日〜4月9日)

■文庫ベストセラー

1 七つの会議 池井戸潤 集英社
2 高校入試 湊かなえ KADOKAWA
3 ガソリン生活 伊坂幸太郎 朝日新聞出版
4 魔法科高校の劣等生19(師族会議編下) 佐島勤 KADOKAWA
5 始末 佐伯泰英 光文社

■新書ベストセラー

1 京都ぎらい 井上章一 朝日新聞出版
2 ヤバい心理学 神岡真司 日本文芸社
3 語彙力こそが教養である 齋藤孝 KADOKAWA
4 本物の英語力 鳥飼玖美子 講談社
5 ハ-バ-ドでいちばん人気の国・日本 佐藤智恵 PHP研究所

今週のトレンド・キーワード 『2016年本屋大賞』

すべての予想を裏切る結末

『君の膵臓をたべたい』
住野よる
双葉社(価格:A$29.20<会員価格:A$26.28>)

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。そのタイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良がつづっていた、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていた。重い病を患う者にも、残酷な現実は平等につきつけられる。<名前のない僕>と<日常のない彼女>が織り成す物語。2015年年間ベストセラー(文芸書・トーハン調べ)6位、読書メーター読みたい本ランキング(2015年8月)1位。

実際の事件を取り込んだミステリー

『王とサーカス』
米澤穂信
東京創元社(価格:A$35.45<会員価格:A$31.90>)

新聞社を辞めた太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受けネパールに向かった。現地で穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、国王をはじめとする王族殺害事件が勃発。ジャーナリストとしてさっそく取材を開始したが、それをあざ笑うかのように、彼女の前には1つの死体が……。「この男は私のために殺されたのか? あるいは――」太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは? 実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクション。

戦争中に友情で結ばれた3人の物語

『世界の果てのこどもたち』
中脇初枝
講談社(価格:A$34.65<会員価格:A$31.18>)

戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子。言葉も通じない場所での新しい生活になじんでいく中、彼女は朝鮮人の美子と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。お互いが何人なのかも知らなかった幼い3人は、あることをきっかけに友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、珠子は中国戦争孤児になってしまう。美子は日本で差別を受け、茉莉は横浜の空襲で家族を失い、3人は別々の人生を歩むことになる。戦争とはいったい何だったのか。

ランキングからPick up!


『ハーバードで一番人気の国・日本』佐藤智恵/PHP研究所

ハーバード大学で最も人気のある国が日本と聞いて、にわかに信じられるだろうか。本書では、自らもMBAを持つ著者が、ハーバード大学経営大学院の教授陣を直撃取材。「ハーバードはなぜ日本に学ぶのか」の核心を描く。卓越した企業戦略、日本史の教訓、実はすごい日本人のリーダーシップまで、彼らが語る「日本の強み」は、私たちに驚きと誇りを与えてくれる。

KINOKUNIYA便り

5月7日(土)は「フリー・コミック・ブック・デー」。シドニーでも書店、コミック専門店が盛り上がります。私どもの店内でも多くのイベントを行います。にぎやか過ぎて込み合い、ご入店・お会計にお時間を頂くこともありますので、ゆっくり書籍をお選び頂くためには、他の日のご来店をお願いします。一緒に盛り上がりたい方はぜひご来店ください。6月1日は弊社棚卸しのため休業します。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る