【2月】最新BOOKトレンド・チェック「ウィンター・スポーツ小説!」他

読書好き集まれ!
最新BOOKSトレンド・チェック

協力:オーストラリア紀伊國屋書店(Level 2, The Galeries, 500 George St., Sydney)

本好きにとって、トレンドに取り残されてしまうのはつらいところ。本連載では、シドニーCBDに店を構え、KINOと親しまれるオーストラリア紀伊国屋書店協力の下、トレンド・キーワードとともに読み逃せない話題の3冊と、日本のトレンドをキャッチするための最新ランキングをご紹介していきます。

今年の2月には4年に1度の冬の祭典、冬季五輪が韓国の平昌(ピョンチャン)で開催されます。オーストラリアからも50人くらいの選手団が派遣されるようですが、この国では1年で最も暑い季節。その暑い中でも、見た目に涼しいウィンター・スポーツの祭典をテレビで観戦すれば、気持ちだけでも涼しめるのではないでしょうか。日本やオーストラリアの選手団はもちろん、その他お気に入りの選手を、熱くなり過ぎずに応援してみては。そこで今回は、ウィンター・スポーツに関する小説をご紹介。

今、売れている本は? ベストセラー・ランキング(2017年12月25~31日)

■文庫ベストセラー

1 剣と十字架 佐伯泰英 双葉社
2 カゲロウデイズ8 じん(自然の敵P) KADOKAWA
3 物語のおわり 湊かなえ 朝日新聞出版
4 君たちはどう生きるか 吉野源三郎 岩波書店
5 キャロリング 有川浩 幻冬舎

■新書ベストセラー

1 妻に捧げた1778話 眉村卓 新潮社
2 日本史の内幕 磯田道史 中央公論新社
3 孤独のすすめ 五木寛之 中央公論新社
4 健康という病 五木寛之 幻冬舎
5 未来の年表 河合雅司 講談社

今週のトレンド・キーワード「ウィンター・スポーツ小説!」

スキー場で繰り広げられる痛快サスペンス

白銀ジャック
東野圭吾
実業之日本社(価格:A$15.40<会員価格:A$13.86>)

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。

青春フィギュア・スケート小説の傑作

銀盤のトレ-ス age15 転機
碧野圭
実業之日本社(価格:A$14.25<会員価格:A$12.83>)

中3の秋に試合中のジャンプの失敗で足首を骨折した竹中朱里は、リハビリ期間に猛勉強し、名古屋のスポーツ強豪校に進学。フィギュア・スケート部でライバルと切磋琢磨の日々を送るが、けがで芽生えた恐怖心を拭うため、ある重大な決断をする。競技と勉強の両立、家族やコーチ、仲間との関係などを活写した青春フィギュア・スケート小説。

凸凹4人組が繰り広げる青春カーリング小説

青森ドロップキッカ-ズ
森沢明夫
小学館(価格:A$14.70<会員価格:A$13.23>)

いじめられっ子の中学生の宏海、中途半端な不良で同級生の雄大、そして再起を図るアスリート姉妹の柚果と陽香。何をやってもうまくいかない彼らを結びつけたのはカーリングだった。青森を舞台に、見た目もキャラもバラバラな凸凹4人組が巻き起こす、爽快度120%+しみじみ泣ける青春カーリング小説。

ランキングからPick up!

妻に捧げた1778話/眉村卓

大切な人が余命1年と宣告されたら――。小説家・眉村は妻に聞いてもらうためだけに1日1篇の話を書き続け、その数は5年間で1,778篇に登った。その中の19篇と40年以上にわたる結婚生活が淡々と綴られた、切ないけれど悲しいだけで終わらない、夫婦愛の詰まった1冊。本書の最後の行は「また一緒に暮らしましょう」。こんな風になれるなら、結婚って、夫婦ってすばらしい!

KINOKUNIYA便り

2月というと静かな月というイメージですが、今年は冬季五輪があり連日にぎわいを見せるでしょう。何かに興味がある時に、知識を得るためのお薦めの手段はその興味に沿った小説を読むことです。例えばスポーツなら、ルールから競技者の心情まで、実に効率良く(というと語弊がありますが)、しかも楽しみながら学ぶことができます。冬季五輪が開催されるこの機会に、ぜひお試しください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る