【6月】最新BOOKトレンド・チェック「コーヒーが飲みたくなる本、集めました」他

読書好き集まれ!
最新BOOKSトレンド・チェック

協力:オーストラリア紀伊國屋書店(Level 2, The Galeries, 500 George St., Sydney)

本好きにとって、トレンドに取り残されてしまうのはつらいところ。本連載では、シドニーCBDに店を構え、KINOと親しまれるオーストラリア紀伊国屋書店協力の下、トレンド・キーワードとともに読み逃せない話題の3冊と、日本のトレンドをキャッチするための最新ランキングをご紹介していきます。

本好きにとって、トレンドに取り残されてしまうのはつらいところ。本連載では、シドニーCBDに店を構え、KINOと親しまれるオーストラリア紀伊国屋書店協力の下、トレンド・キーワードと共に読み逃せない話題の3冊と、日本のトレンドをキャッチするための最新ランキングをご紹介していきます。

今、売れている本は? ベストセラー・ランキング(2018年5月7~13日)

■文庫ベストセラー

1 ラプラスの魔女 東野圭吾 KADOKAWA
2 ウドウロク 有働由美子 新潮社
3 火星に住むつもりかい? 伊坂幸太郎 光文社
4 羊と鋼の森 宮下奈都 文藝春秋
5 明日の子供たち 有川浩 幻冬舎

■新書ベストセラー

1 極上の孤独 下重暁子 幻冬舎
2 内臓脂肪を最速で落とす 奥田昌子 幻冬舎
3 歴史と戦争 半藤一利 幻冬舎
4 友だち幻想 菅野仁 筑摩書房
5 銀行員はどう生きるか 浪川攻 講談社

今週のトレンド・キーワード「コーヒーが飲みたくなる本、集めました」

さまざまなコーヒーの謎に迫る

『コーヒーの科学「おいしさ」はどこで生まれるのか』
旦部幸博
講談社(価格:A$24.85<会員価格A$22.36>)

今では我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。その独特の香味はどのようにして生まれてくるのだろうか。自家焙煎のお店で培ってきた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析する。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくるだろう。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る。

1杯のコーヒーに潜んだ歴史を読み解く

『珈琲の世界史』
旦部幸博
講談社(価格:A$18.80<会員価格A$16.92>))

「イギリス近代化の陰にコーヒーあり」「フランス革命の陰にもコーヒーあり」「世界のコーヒーをナポレオンが変えた?」「東西冷戦とコーヒーの意外な関係」……。先史時代から現在に至るまで、コーヒーが辿ってきた歴史を、起源に関する最新仮説なども交えながら、分かりやすくまとめた1冊。学校で習った世界史とコーヒーとのつながりに驚かされるはず。

「伝説の珈琲バイブル」を本邦初の文庫化

『ALL ABOUT COFFEE コーヒーのすべて』
ウィリアム・H・ユーカーズ/山内秀文
KADOKAWA(価格:A$24.10<会員価格A$21.69>)

コーヒーの木の発見から、飲用の歴史、コーヒー・ハウスのにぎわい、世界の産地事情、器具の進化、抽出・焙煎技術の変遷に至るまで、コーヒーが辿ってきた「道のり」を網羅した1冊。1935年に米国で出版され、世界中の愛飲家、業界人、マニアのバイブルとなった本書の複雑多岐な内容を現代の需要に即して分かりやすく再構成。コーヒー好き必読の書。

ランキングからPick up!

友だち幻想/菅野仁

人付き合いのルールと少しの作法によって、複雑な人間関係の中で必要以上に傷つかずに生きられる処方箋のような本。友だちは何よりも大切。ではなぜ友だち関係で傷つき、悩むのか。人との距離感覚を磨き、“つながり”を築けるよう人間関係を根本から見直す、実用的社会学の新定番書。人付き合いに悩む全ての人へ、「“ 皆仲良く” のプレッシャーとはさようなら」。

KINOKUNIYA便り

シドニーにはたくさんのカフェがありますが、スターバックスは数店舗あるだけです。カフェ文化が成熟しているので、参入余地が少ないためと聞いたことがあります。コーヒーをあまり飲まない私ですが、街を歩くとふと感じるコーヒーの香りは大好きです。市内中心部の弊社店内にも評判の良いカフェがあります。仕事や学校、買い物などの息抜きにぜひご来店頂き、本と共にコーヒーも楽しんでみては。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る