【3月】最新BOOKトレンドチェック

読書好き集まれ!

最新BOOKSトレンド・チェック

協力:オーストラリア紀伊國屋書店(Level 2, The Galeries, 500 George St., Sydney)

 

 本好きにとって、トレンドに取り残されてしまうのはつらいところ。本連載では、シドニーCBDに店を構え、KINOと親しまれるオーストラリア紀伊国屋書店協力の下、トレンド・キーワードとともに読み逃せない話題の3冊と、日本のトレンドをキャッチするための最新ランキングをご紹介していきます。

日本で発表された前年のベスト・ランキングの書籍が海を越えて本店に出そろうのももうすぐ。4月には、宮崎あおい主演で映画化されることが定番となりつつある本屋大賞も発表されるので楽しみですね。出版業界は全体的にノンビリしているのですが、このあたりの業界の流れは、長かった冬から春へと向かう日本の季節感の中では、意外と違和感なく進んでいるものなのかもしれません。今月は全国・全世界の紀伊國屋スタッフが全力でお薦めする紀伊國屋ベスト! 2015をご紹介します。

 

今、売れている本は?ベストセラー・ランキング(2月9日〜15日集計)

■文庫ベストセラー

1  64(上)  横山秀夫  文春文庫
2  64(下)  横山秀夫  文春文庫
3  願かけ  佐伯泰英  文春文庫
4  珈琲店タレ−ランの事件簿(4)  岡崎琢磨  宝島社文庫 
5  三匹のおっさんふたたび  有川浩  新潮文庫

 

■新書ベストセラー

1  イスラ−ム国の衝撃  池内恵  文春新書
2  新・戦争論  池上彰、佐藤優  文春新書 
3  世界史の極意  佐藤優  NHK出版新書 
4  無頼のススメ  伊集院静  新潮新書
5  地方消滅  増田寛也  中公新書
今月のトレンド・ワード 『紀伊国屋ベスト2015』

本好きは必読!

『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』
佐々涼子

早川書房 (価格:A$31.28<会員価格A$28.15>)

2011年3月11日に起きた東日本大震災。この時太平洋沿岸部の多くの製紙工場が罹災し、日本の出版業界・出版文化は危機を迎えたのでした。日本製紙石巻工場もその1つ、工場が稼働しないだけでなく、従業員の生活の確保にもほど遠い中で復旧を目指した彼らを動かしたものは何だったのか。たかが紙、たかが出版、たかが本、人命がかかっているわけではありません。しかし、たかが、では終わらないものがあったことを教えてくれる1冊です。

 

また1つ、隠された真実に迫る話題作

『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』
清水潔

新潮社 (価格:A$33.72<会員価格A$30.35>)

DNA再鑑定で無期刑囚が無罪釈放されたことが記憶に新しい足利事件。なぜ冤罪事件は起きたのか、なぜD N A再鑑定は遅れたのか。そしてなぜ真犯人はまだ捕まらないのか。「桶川ストーカー殺人事件」で埼玉県警の怠慢と不正を暴いた著者が、再び突きつけてくる警察と司法の杜撰さ。その内容にまたしても驚愕させられてしまう、パワフルなノンフィクションです。5年の歳月を費やし、徹底した取材によって隠された真実を暴きだす衝撃作。

 

大人も楽しめる児童文学の良作

『鹿の王』
上橋菜穂子

KADOKAWA (価格:A$33.37<会員価格A$30.03>)

昨年、国際アンデルセン賞の作家賞を受賞した今最も注目したい著者の1人、上橋菜穂子の最新作。領土争いにまつわる政治的策略、国のあり方、支配者とは何か、など、さまざまなアングルから鋭い問いを投げかける、長編エンターテイメントです。児童書作家だからといって子どもだけに読ませておくにはもったいないほどの仕上がり!大人も子どもも楽しめて、読み終えた後には考えさせられてしまう…そんな読書の喜びに浸れる作品です。

 
 

ランキングからPick up!

『64(上・下)』横山秀夫/文春文庫

 「半落ち」「クライマーズ・ハイ」など映画にもなった作品で知られる横山秀夫の7年ぶりの新作が文庫化。1週間だけ存在した昭和「64」年に起きた事件をめぐる骨太のミステリーと、組織の中で生きることへの葛藤を味わえる読み応えのある1冊(上下で2冊ですが)です。読み出すと止まらず、10年ぶりくらいに徹夜して本を読んでしまいました。

KINOKUNIYA便り

 日本はもうすぐ4月です。4月というと、新学期の季節。桜の花の開花に入園式・入学式などと街の景色も行事も一気に春めいて、楽しい気分になることも多くなりますね。新しい出会いとともに、何か未知の分野のことを勉強したりしたくなります。そんなこの時期は当店も、幅広い在庫とサービスでお客様やそのご家族の学習を応援します。書籍のご注文も随時承っておりますので、お気軽にお声掛けください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る