夏本番直前のゴールドコーストの海

Lifeguard Yutakaの今日も僕は海をみていた

Lifeguard Yutakaの

今日も僕は海をみていた

美しく平和そうに見えるビーチも、海のプロの目を通せばドラマがいっぱい。もっと海を知り、もっと海と仲良くなるためのコツを、現役ライフガードが優しく指南。

第8回 夏本番直前のゴールドコーストの海

 いよいよ、夏本番まであと少しとなりました。気温も水温も上昇し続け、ゴールドコーストらしい夏の光景が見受けられる日々が続いてきましたね。

さて、そんなゴールドコーストの海ですが、今年9月後半のスクール・ホリデー期間中は、残念ながら海のコンディションがとても悪い日が続き、ライフガードたちがレスキューに明け暮れる日々となりました。

いつ、どのようにしてコンディションが悪くなるか分からないのが海です。皆さんも水に入る際はくれぐれも気を付けてください。この季節は冬より海のコンディションが悪くなりやすく、クラゲが多く発生する時期でもあります。海水浴の際は細心の注意を。

11月は海でのイベントも多く、ライフ・セービング競技ではアデレードで世界選手権が行われ、ライフガード・サービスでは夏季フィットネス・テストが行われます。そんなこの季節のイベントの中でも、自分がとても楽しみにしているのは、毎年日本から来られる日本のライフガードたちによる、ライフガード研修プログラムです。これは、現地のライフガードの家にホームステイをして、一緒にトレーニングを行ったり、市長にお会いしたり、本場プロのライフガード・テストを実体験したりしながら、とても貴重で素晴らしい経験ができるという、1週間の交換プログラムです。

そして最後に、何度も言うようですが、ビーチで海水浴をする際はくれぐれも気を付けてください。日本では海水浴場でビールが販売されていることもありますが、飲酒後に海に入るのはたいへん危険なのでやめましょう。そして旗と旗の間のライフガードが監視している場所以外では、決して泳がないこと。夜間や早朝など、監視員のいない時間も水に入るのは避けましょう。

海でのイベントも多いこの季節。ビーチでの楽しい時間を安全に過ごし、素敵な思い出を作ってください。


Lifeguard Yutakaの今日も僕は海をみていた

 
<プロフィ-ル>
朽木豊(くちき・ゆたか)

 

ゴールドコースト市のプロ・ライフガード。北はスピットから南はクーランガッタまで、海難救助に精を出す日々を送る。オーストラリアで採用された最初の日本人プロ・ライフガード。フェイスブック(Yutaka Kuchiki)も随時更新中。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る