海外生活をサポート「困った時はココにお任せ!」(心理)

心理
 日本と異なる環境で暮らしていると、慣れない海外生活や人間関係などで心に思わぬ負担がかかっていることがある。心の不調も体の不調と同等という認識が定着しているオーストラリアでは、精神面で不調を覚えると心の健康を維持するために、心理カウンセラーやセラピスト(心理療法士)、サイコロジスト(臨床心理士)、GPを訪ねてカウンセリングを受けるのはごく一般的なこと。元気が出なかったり、人と話すのが怖くなったなど、調子が悪い時は1人で悩まず、日本語でのカウンセリングを行うスペシャリストに相談したい。

イーストサイド・カウンセリング(さとうかおる)【心理|SYD】

温かいカウンセリングで、心の輝きを取り戻そう

シティのタウンホール・クリニック内でも開業しているほか、対面以外にも電話やメールでのカウンセリングもある
シティのタウンホール・クリニック内でも開業しているほか、対面以外にも電話やメールでのカウンセリングもある

言葉や文化の違いでストレスがたまることが多い海外生活。悩みがある時は1人で抱え込まず、専門家に相談することが解決の第1歩になる。カウンセラーのかおるさんは、日本語で優しく丁寧に回復のサポートをしてくれる。現状を変えたいと思っている人は、気軽に相談を。

頼れるポイントはココ!
同院のカウンセリングは海外旅行保険が利用できるので、ワーホリや留学生でも安心。気軽に相談に来られるよう、学割や高齢者割引も完備。

■Eastside Counselling ■所在地・診療時間:2 Cooper St., Double Bay 火・木10AM〜7PM、Level 4, 50 York St., Sydney 月・水・金10AM〜7PM、土日の診療は要相談 ■Tel: 0418-656-228 ■Web: www.eastsidecounselling.com.au

シドニーこころクリニック【心理|SYD】

海外旅行保険、OSHC、メディケアでもカバーできる心のカウンセリング

「やる気が出ない」「学校や職場の人間関係にストレスがある」「眠れない」など、心に不調を感じた時に、豪州では気軽にカウンセリングに訪れる人が多い。ワールドシティ医療・歯科センター内にある同院では一般医療の医師との連携も強く、心身両方の側面から日本語でケアしてもらえる。子どもの発達査定やプレイセラピー、カップルや家族でのカウンセリングも実施。医療資格であるサイコロジストのカウンセリングは、GPの紹介があれば保険でカバーできるのが心強い。ワーホリと学生は無料で参加できる心理学ワークショップ「マインドフルネスと瞑想」「心理を専門に!」なども毎月開催。

まずは心の状態を日本語の質問用紙でチェック。話しやすい先生が温かく迎えてくれる
まずは心の状態を日本語の質問用紙でチェック。話しやすい先生が温かく迎えてくれる
共感的カウンセリングをベースに、認知行動療法やマインドフルネス、精神分析などの各種技法を応用していく
共感的カウンセリングをベースに、認知行動療法やマインドフルネス、精神分析などの各種技法を応用していく

頼れるポイントはココ!
チャイナタウン近くの日系医療センター内にあり、アクセスが抜群。GPの紹介で海外旅行保険、学生OSHC保険、メディケアのいずれでもカウンセリング料金が全額カバーされる。サイコロジストのやの先生は、シドニーで16年、日豪で合計23年の長い臨床歴と両国の資格を持つベテランで、在豪邦人のカウンセリング経験も豊富。気さくで話しやすいと評判だ。今なら日豪プレス読者に45分の初回無料トライアルも実施中。

■Sydney Cocoro Clinic ■所在地:Level 1, 722 George St., Sydney NSW(ワールドシティ日本語医療・歯科センター内)■Tel: 0416-006-835 ■Web: www.cocoroclinic.com.au ■営業時間:月~土10:30AM~8PM、隔週日曜10:30AM~4PM ■備考:Northbridge Family Clinic, Bondi Junction, Hornsbyのほか、自宅や施設訪問も可

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る