海外生活をサポート「困った時はココにお任せ!」(産婦人科)

産婦人科
 当然のことながら豪州では、健診法、出産法、入院時の滞在日数などのすべてにおいて、日本と異なる部分も多い。手厚い日本の医療システムに比べて不安に思う人もいるだろうが、過度な心配は不要だ。自分の好みや方針を事前に把握した上で、なるべく意向に沿った病院を選ぶようにすると良い。プライベートの医院では、各開業医ごとにさらなる特色が出やすい。昔ながらのやり方で運営しているところが良いのか、常に最新情報やスキルをアップデートしているところが良いのか、比較検討した上で納得して付き合うことができそうな病院を決めることをお勧めする。

COLUMN: オーストラリアで出産

 オーストラリアでは、妊娠検査を受ける場合にもGPからの紹介状が必要となる。よって妊娠の可能性がある場合には、まずはGPを訪れる。
 出産は、公立病院、私立病院、また自宅出産のいずれかを選ぶことができる。自宅出産の場合、産前産後の検診や出産など、助産婦個人による一貫したケアが受けられる。公立病院は、医師を指定せずに一般患者として診察〜出産した場合、費用は全額メディケアでカバーされるが、医師を指定した場合や私立病院では、個人患者として差額を負担する必要がある。民間保険ではこの差額をサポートしているが、加入時に妊娠していないことが条件となる。自宅出産の場合も、費用はメディケアの対象外となるので注意したい。

エイドリアン・クウォック産婦人科【産婦人科|SYD】

日系GPからの信頼が厚い産婦人科医で安心のマタニティー・ライフを

日系GPからの高い支持を受ける同院。日本人の出産の立ち合いや婦人科系の病気の診療経験も豊富なため、患者の不安やニーズを熟知していると評判が高い。妊娠前のカウンセリングや初期の検診から出産までトータルで担当してくれるきめ細やかなケアが特徴で、通常10~12回の妊産婦定期健診も、妊婦の状態や要望に応じて柔軟に対応。緊急時であれば週末や夜間の呼び出しにも応じてくれる。技術面でも信頼度は高く、最新機器を用いた胎児形態異常スクリーニング検査や、体へのダメージが少ない低侵襲手術では業界でも多くの推薦を受けている。また、産科以外に子宮内膜症などの婦人科診療も実施。

シドニー大学を主席で卒業したエイドリアン先生は、自身も3児の父であり、確かな技術だけでなく親身な人柄も人気
シドニー大学を主席で卒業したエイドリアン先生は、自身も3児の父であり、確かな技術だけでなく親身な人柄も人気
クリニックはパシフィック・ハイウェイ沿い(North Sydney Girls High School近く)のMater Hospital内にある
クリニックはパシフィック・ハイウェイ沿い(North Sydney Girls High School近く)のMater Hospital内にある

頼れるポイントはココ!
エイドリアン先生は、シドニーをはじめイギリスや香港で最新の産婦人科技術の習得とトレーニングを行い、2001年に開業。日本人患者の診療経験も多く、こちらが理解するまで時間をかけて丁寧に説明してくれるため、英語でも安心して診察を受けられる。不安な人は派遣の通訳サービスが利用できる点も安心だ。また、ウェブサイトは日本語にも対応している。豪州の健康保険もほぼすべて利用可能。

■Dr. Adrian J Kwok Obstetrician & Gynaecologist ■所在地:Suite 1.07, Level 1, 3-9 Gillies St., North Sydney NSW(入り口は45 RocklandsのMater Hospitalより)■Tel: (02)9929-8688 ■Fax: (02)9929-8698 ■Email: akoffice@tpg.com.au ■Web: www.dradriankwok.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る