【特集】お役立ち情報が満載 困った時はココにお任せ!


慣れない海外生活での悩みや急なトラブル。日本とオーストラリアのさまざまなシステムの違いで、生活に不便を感じる人も多いようだ。病気になったら医師に英語で説明出来るだろうか、家の修理はどこに頼めば良いのだろうかなど、不安や疑問もあるのでは? そこで本特集では、日常生活のさまざまなシーンで困った時にしっかりサポートしてくれる医師や専門家、暮らしに役立つ情報をご紹介。

さっそく関連項目をクリック! ココに相談しよう!
一般開業医(GP)▶▶▶ 心理▶▶▶
歯科▶▶▶ 暮らし・その他▶▶▶


ひと昔前に比べれば、ずいぶん快適になった海外での生活。しかし、初めてオーストラリアに来た人だけでなく、長く暮らしている人でも、言葉の壁や文化の違いから、不安を感じたり、不便や面倒な場面に出くわすこともあるだろう。そんな時に駆け込める場所を知っておけば、急な事態でも焦らず、日頃から自分と家族の健康、暮らしの安全対策を意識しておくことが出来、万が一への備えにもなるだろう。

まず初めにご紹介したいのは、GP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医。日本では内科や外科、眼科、耳鼻科、皮膚科など、患者個人が自分の不調に応じて各専門医を訪れることが多いが、オーストラリアでは体の不調を感じたら、まずGPに行くのが一般的だ。GPは歯科以外のほとんどの症状を診てくれる「医療の窓口」として、心強い存在となっている。

また、忘れてはいけないのが「心」の健康だ。自覚症状が無くても、日本と異なる環境や見えないストレスから、精神的に負担が掛かっていることもある。オーストラリアでは心も体と同様に、健康管理の対象の1つとする考えが浸透しており、専門家によるカウンセリングを受けるのはごく一般的なこと。心の不調を感じたら、それがたとえ軽いものでも、ためらわずに予約の上、専門家を訪ねて欲しい。


次に、多くの在豪邦人が悩みを抱えるのが歯の治療。高額な治療費を理由に、日本に帰ってまで治療する人も少なくない。今回の特集では、日本人医師が在籍している、または日本語が話せる医師・通訳の居る歯科をご紹介。急に治療が必要になった時に慌てないためにも、事前にしっかりと予備知識を蓄えておこう。

最後にお伝えするのは、暮らしに役立つ情報だ。学校選びやビザについて相談出来るエージェント。日本の年金受給に関する手続きや、豪州における複雑な会計処理などを助けてくれる専門家。自宅やオフィス、店舗などのリノベーションや引越しが必要になった時に日本語で対応してくれる業者、他にも暮らしを豊かにするサービスを取り扱う企業や、お手伝い、ベビーシッターの派遣を依頼出来る業者まで、「困った時」の救世主となる情報をお届けする。

医療保険制度と保険加入

オーストラリアの医療保険は、市民権保持者や永住権保持者を対象とした、公的医療制度であるメディケア(Medicare)と、市民権保持者、永住権保持者以外の人の医療費や、メディケアがカバーしない範囲の治療や入院・手術費を補うための保険である民間医療保険に分かれ、民間医療保険には、海外からの留学生に加入が義務付けられている留学生用健康保険Overseas Student Health Cover(OSHC)も含まれる。

その他に日本人が関わる可能性があるものとしては、一時的に滞在する人が加入する海外旅行傷害保険などもある。メディケア以外の補償内容は、保険会社やプランによって大きく異なるので、必要に合ったものを選ぶことが大切だ。

■在住者別保険加入例

加入者 利用出来る保険 内容その他
市民権・
永住権保持者
メディケア
民間の

医療保険

メディケアは、GPや専門医などの医療負担をカバー。加えて自分で保障内容を組み立てられる民間の医療保険に加入する人が大半。
永住権を持たない
長期滞在者
民間の医療保険 保障内容は自分で組み立てられる。
学生ビザを持つ
留学生
OSHC
(留学生用健康保険)
家族を連れての留学生にファミリー・サービスなどもある。
短期間海外に
一時滞在する日本人
海外旅行傷害保険 日本を出発前に加入することが必要。24時間日本語で応対してくれるサービスなどもある。保険会社によってサービス内容は異なる。

歯科治療の保険に関する注意点

オーストラリアでは、歯科治療費をカバーするための保険は日本と大きく異なる点があるため注意が必要だ。公的医療保険や海外旅行傷害保険の適用外となることが多いため、歯の治療をカバーする民間医療保険に加入しておくことが大切。保険が必要になった時に慌てて加入すると、加入後一定期間はカバーしないウェイティング・ピリオド(非適用期間)などが設けられているため、事前に加入しておくのがスマートな策だ。民間医療保険は価格帯もサービスもさまざまなので、専門家からの意見も踏まえた上で、自分に合った適切なプランをじっくりと考えてから選ぶことをお薦めする。

困った時のテレフォン・ガイド

●24時間対応緊急連絡先

警察・消防・救急 000
電話通訳サービス 13-1450
電気(Ausgrid) 13-1388(緊急以外13-1365)
電気・ガス(Origin) 13-2461(緊急以外13-2461)
水道(Sydney Water) 13-2090(緊急以外13-2092)
ガス(Jemena) 13-1909(緊急以外1300-137-078)
毒物インフォメーション 13-1126

●その他の重要電話番号

NSW州警察 131-444
救急車(緊急以外の予約) 1300-233-500
在シドニー日本国総領事館 9250-1000
連邦移住省入国管理局 13-1881
オーストラリア国税局(Australian Taxation Office) 13-2861
公共交通機関案内 13-1500
鍵(Independent Locksmiths) 1300-500-600
RMS(Roads and Maritime Services) 13-2213
携帯・固定電話についての問い合わせ(Telstra/一般家庭) 13-2200
電話回線の不良(Telstra/一般家庭) 13-2203
電話番号案内 1223(国内)/1225(国外)
NSW気象情報 1900-955-361
NSW海洋気象情報 1900-926-101
時報 1194

さっそく関連項目をクリック! ココに相談しよう!
一般開業医(GP)▶▶▶ 心理▶▶▶
歯科▶▶▶ 暮らし・その他▶▶▶

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る