「カー・シェアリング」が車社会を変える オーストラリア・カー・ライフの今【シドニー版】②

PR

オーストラリアのカー・ライフを親身にサポート

プライム・カー・サービス

オーストラリアでの生活において自動車は移動手段としてなくてはならない存在だが、利用年数や走行距離の増加によって故障はつきもの。定期点検、修理などは欠かせない。そんな時、大切なのが頼りになる自動車修理工場だ。そこで今回、日本人に信頼の厚いチャッツウッドにある自動車整備工場「プライム・カー・サービス」を取材。整備士の増田慎二氏に伺った同工場ならではの魅力を紹介する。

シドニー北郊・チャッツウッドに店舗を構える日本人経営による自動車整備工場「プライム・カー・サービス」。同工場は、シドニーで車内空調パーツを扱う企業として30年以上の実績を持つ「プライム・カー・プロダクツ」を母体に、2009年10月に新事業体としてスタートした。

自動車整備・修理を担当するのは、日豪両国で整備士として23年の長い経歴を持つ増田慎二氏。同工場には、増田氏の確かな腕に加え、その人柄に惹かれ日本人だけでなくローカルの利用客も多く訪れるという。サービスは、日本車・外国車を問わず全てのメーカーを対象に、故障診断・修理、定期メンテナンス、車検に必要な車両検査及びピンク・スリップ(日本の車検証に当たる)の発行と幅広い。ただ、日系コミュニティー及び地元から厚い支持を集める理由には、その幅広いサービス内容はさることながら、利用客1人ひとりの目線に立った同工場のサービス方針がある。

十人十色のサービス提供

車2台を釣り上げられるスペースの工場内
車2台を釣り上げられるスペースの工場内

増田氏はサービスを提供する上で心掛けていることについて、「修理・メンテナンスによってお客様の愛車をベストな状態に保つことはもちろんですが、過剰なサービスは避けています」と語る。そのため、まず利用者のライフスタイル(永住者か駐在員かなど)を聞き、そこから車の利用頻度、年間の走行距離などの情報を細かくヒアリングを行う。それら個人の状況に合わせ、掛かる経費について提案し、ニーズに的確にマッチしたサービスを提供する。

大きな出費と思われる車検も、まずはメンテナンスの必要の有無について入念に確認、ピンク・スリップの発行に引っかかる箇所があればそこだけに絞った修理を行うなど、最適な費用での車両検査を提案している。少ない出費に加え、短い作業時間は利用者にとってうれしい。

一方で、車好きの利用客には、日々のカー・ライフの中での不安を取り除くために、メンテナンスの頻度を高くするなど、まさに十人十色の対応を行っている。こうした利用客目線に立ったきめ細かなサービスが好評で、他店を渡り歩いた末に同工場を利用した人たちから「ここまで親身にアドバイスをくれる整備士はいなかった」という声も多く受けているそうだ。

カー・ライフ・サポートのアドバイスも

利用者のさまざまな状況に合わせた的確なサービスを提供
利用者のさまざまな状況に合わせた的確なサービスを提供

増田氏は、車の修理・点検を行うだけでなく、快適なカー・ライフを送る上でのアドバイスも利用者に提供している。

例えば、オーストラリア特有の強い日差しによる車体の痛みや車内温度上昇による不具合への防止対策、また特にアドバイスすることが多いのが愛車の買い替え時期についてだという。高額の修理が続くような状況では、修理を頼まれたとしても修理後に何が起こるかなどを慎重に考え、修理の必要性を一歩引いて見極める。そして、修理をした後の更に大きな修理の可能性も伝えながら、利用客の愛車の買い替え時期についてアドバイスをしているそうだ。

1人ひとりの状況に合わせたきめ細かな対応、そしてオーストラリアでのカー・ライフのアドバイスを提供してくれるプライム・カー・サービスをぜひ一度利用してみてはどうだろうか。

PRIME CAR SERVICES
■住所:2 Short St., Chatswood, Sydney NSW ■Tel: (02)9417-8466、0449-158-466(予約・問い合わせは日本語可)


PR

愛車トラブルへの頼れる存在

ピーケン・スマッシュ・リペアーズ

日々のカー・ライフで、事故または自損によって大切な愛車が傷ついてしまったら、それは精神的にだけでなく経済的にも思い負担となる。一刻も早く、できれば安く愛車を奇麗な状態に戻したい。そんな持ち主の願いに応えてくれる存在が、自動車板金塗装の専門店だ。そこで今回、シドニー西郊・クライドに店舗を構え、日本人利用者も多い「ピーケン・スマッシュ・リペアーズ」を取材。同店ならではのサービスの秘訣から、日本人利用者から厚く支持される親身なサポートについて紹介する。

シドニー西郊・パラマタ中心部から車で約5分、グランビル駅とクライド駅の中間に位置する自動車板金塗装の専門店「ピーケン・スマッシュ・リペアーズ(Peken Smash Repairs)」。1977年、現在のオーナーであるピーター氏とビジネス・パートナーのケン氏により設立された同店は、40年以上の長きにわたって同地でサービスを提供してきた。

現在、同店では経験豊富な板金塗装工6人が在籍。国籍は、ベトナム、オーストラリア、レバノンなど多様だが、その中には日本人スタッフ2人も含まれている。加えて、共同オーナーである鷲尾眞美氏も修理の依頼時から対応してくれるため、日本語でサービスを受けられるので安心だ。

豊富な実績、多国籍なスタッフによる対応から、ローカルだけでなく日本人の利用客からも厚く支持される同店だが、支持を集める一番の理由を、鷲尾氏は「高品質のサービスをリーズナブルに提供できること」と語る。

高品質・低価格のサービス

多国籍なスタッフによってローカルまた日本人から幅広く支持されている
多国籍なスタッフによってローカルまた日本人から幅広く支持されている

「修理後の車の状態に満足頂けることはもちろんですが、お客様からは『思った以上に費用が掛からなかった』と驚きの声をよく頂きます」と話す鷲尾氏。

サービスの依頼も、電話だけでなく、EメールやSMSでも受け付けている。EメールやSMSでは、車体の損傷などの状態を画像によって視覚的に伝えられるため、双方が状況を十分に理解した上で、修理の相談ができるメリットがある。また、他社で出してもらった見積りの疑問点についても相談できるため、希望に応じて検討してみると良いだろう。

自動車保険も充実

同店では、NRMA、ウールワース・インシュアランス、AAMIなど各種自動車保険も取り扱っており、日本語で分かりやすく案内してくれるので安心だ。事故によって修理が必要となった場合も、「クレーム・ナンバー」を取得後に同店に連絡すれば手続きのアドバイスに加え、保険会社とのやりとりも代行してくれるそうだ。カー・ライフのトータル・サポートは心強い。

中古車売買にも対応

広いスペースを誇る作業場
広いスペースを誇る作業場

板金塗装以外で同店のサービスの特徴に挙げられるのが、中古車売買のライセンスを保持しているため、中古車販売や買い取り、そして廃車の手続きに対応していることだ。

特に中古車販売に当たっては、駐在員やワーキング・ホリデー・メーカーの利用が多く、現地の交通事情などに十分精通していないことがあるため手厚いサポートを心掛けているという。購入前の試乗ではオーナーのピーター氏が必ず同乗し、購入者の運転や車への知識を確認、購入者1人ひとりに対し購入する車の管理の仕方を徹底的に説明してくれる。

今後の同店の展望について鷲尾氏は「ワーホリから永住者まで、どのような方にも自動車で困ったこと時の駆け込み寺のような存在でありたい」と語る。愛車にもしものことがあった時、この国で生活するあらゆる日本人に親身に対応してくれるピーケン・スマッシュ・リペアーズをぜひ利用してみてはどうだろう。

Peken Smash Repairs
■住所:1 Marsh St, Clyde NSW ■Tel: (02)9637-5111(代表)、0414-707-707(日本語窓口:鷲尾眞美)、0408-202-020(英語窓口:ピーター)■Email: cafeduo@me.com(日本語可)■営業時間:月~金7AM~5:30PM、土7AM~12PM、日・祝休

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る