【QLD】ショッピングで社会貢献 世界とつながるフェアトレード

グローバル化が進む昨今、スーパーマーケットやアパレル·ショップなど、周囲を見渡せばさまざまな輸入品が生活に溶け込んでいることに気が付くだろう。国産品に比べて安価に購入できる物もあるが、その一方で生産国の労働者には低賃金・長時間労働などの負担が掛かっていることも多い。本特集では、生産国で働く人びとと私たちのつながりに焦点を当て、生産者の生活改善や自立を応援するフェアトレード、そして世界中へ広がるフェアトレード·タウンの取り組みなどについて紹介する。(取材・文=村松安果)

生産者と購入者にやさしい循環を

買い物をする際に商品を選ぶポイントは人によって異なるが、恐らく多くの人が気にするのは「値段」ではないだろうか。購入者としては、できるだけ安く良質な物を手に入れたいのが正直なところ。しかし、「ただ安い物」の背景には、そのための代償があることも事実だ。

バナナやコーヒーなどを生産している途上国の一部では、商品に掛かるコストを下げるために生産者が低賃金で働かされ満足な生活ができないばかりか、子どもに教育を受けさせる機会を失い、それが児童労働につながる場合もある。また、衣服に使われる綿花を育てる農場では、生産効率を上げるために大量の農薬が使用され、生産者の健康被害や土壌汚染·環境破壊という深刻な問題が引き起こされている。そのような背景がある商品を買うことで生産者への悪循環は続き、更に実際に口に入れる食べ物や肌に触れる衣類を手に取る購入者にとっても「コストだけ」を重視して生産された物には安全性の不安がつきまとう。

生産者の生活が保証され労働環境が整えられること、そして自然環境にも配慮がなされることは、私たちが購入する物自体の安全性や品質の向上にもつながっていくのだ。

フェアトレードとは?

フェアトレード(公平·公正な貿易)は、途上国で作られた原料や製品を適正な価格で継続的に購入することで、生産者の生活向上や自立支援、自然環境保全などを目指す貿易の仕組みだ。WFTO(世界フェアトレード機関)とFI(フェアトレード·インターナショナル)が発表した憲章には「モノを作り取引をする際に、経済的な利益よりも人と環境を優先するのがフェアトレード」と記述されている。

国際フェアトレード認証ラベル
国際フェアトレード認証ラベル
フェアトレード以外に、「ダイレクト·トレード」という取引方法もある
フェアトレード以外に、「ダイレクト·トレード」という取引方法もある

FLO(国際フェアトレード·ラベル機構)によって基準が定められており、認定された製品にはラベルが貼付(ちょうふ)されている。基準の内容は、「フェアトレード最低価格の保証」や「安全な労働環境」「児童労働の禁止」「有機栽培の奨励」など多岐にわたるが、その全ては「経済·社会·環境」の3つの原則に基づいている。

現在では130カ国以上でフェアトレード商品が流通しており、世界的にも持続可能な商品のニーズや注目度が高まっているため、販売量の割合は年々増加している。

世界中に広がるフェア·トレード・タウン

フェアトレード·タウン運動の発起人、ブルース·クローザー氏。イギリスでThe FIG Tree(Web: fairtradecentre.org)というフェアトレード団体を運営している
フェアトレード·タウン運動の発起人、ブルース·クローザー氏。イギリスでThe FIG Tree(Web: fairtradecentre.org)というフェアトレード団体を運営している

「もっとフェアトレードを広めよう」と、市民や行政、企業、教育機関など、街全体が一体となってフェアトレードを応援する「フェアトレード·タウン」が2000年に初めてイギリスのガースタングで誕生した。その後フェアトレード·タウン運動は世界中に広がり、現在では世界30カ国以上で2,000を超える自治体が認定されている。日本では熊本、名古屋、逗子、浜松の4都市がフェアトレード·タウンとして認定されており、その他の地域でもフェアトレード·タウンを目指す活動が展開されている。

それぞれの地域で市民が積極的にフェアトレード製品を購入したり、定期的に啓発イベントを開催したりする他、大学などの教育機関や企業とも連携してフェアトレードの普及活動を行っている。

フェアトレード・タウンの先駆けであり人口約4,000人の小さな街、ガースタング
フェアトレード・タウンの先駆けであり人口約4,000人の小さな街、ガースタング
The FIG Treeのセンターにはフェアトレード・タウン国際会議の資料などが保管されている
The FIG Treeのセンターにはフェアトレード・タウン国際会議の資料などが保管されている

オーストラリアのフェアトレード·タウン

現在オーストラリアで認定されているフェアトレード・タウンは以下の通り。オーストラリアとニュージランドのフェアトレード団体が運営するウェブサイト(www.fta.org.au)では、定期的に開催されるイベントやボランティア参加などの情報をチェックすることができる。

ニュー・サウス・ウェールズ州
●Goulburn Mulwaree Council(Web: www.goulburn.nsw.gov.au

ビクトリア州
●City of Yarra(Web: www.yarracity.vic.gov.au

タスマニア州
●City of Launceston(Web: www.launceston.tas.gov.au/Home

西オーストラリア州
●City of Fremantle(Web: www.fremantle.wa.gov.au

※2018年11月現在


オーストラリアでも、さまざまな地域でフェアトレード製品が販売されている。そこで、シドニー・メルボルン・ブリスベンの3都市にフォーカスし、各地のお薦めショップを紹介する。

The O Cafeシドニー

栄養豊富かつ環境に配慮された食料品が多数並ぶ
栄養豊富かつ環境に配慮された食料品が多数並ぶ

シドニーのサリー・ヒルズにある「ジ·オー·カフェ(The O Cafe)」は、1999年の創業以来、ヘルシーでおいしいオーガニック·メニューを提供し続けている。コーヒー豆は、フェアトレードや地域貢献にも力を入れているToby’s Estateという焙煎業者から仕入れた物。新鮮な野菜を使ったビーガン、ベジタリアン向けのメニューや、アマニなど栄養満点のスーパー·フードをミックスしたスムージーなども豊富にそろっている。

店内で提供されるオーガニック・メニューはヘルシーでおいしいと好評
店内で提供されるオーガニック・メニューはヘルシーでおいしいと好評
コーヒー豆はフェアトレードに力を入れている焙煎業者の物を使用
コーヒー豆はフェアトレードに力を入れている焙煎業者の物を使用

メッセージ

 私たちの目標は、できるだけ地元のオーガニック野菜を使用して有機農家を応援すること、また有限でもある地球環境を尊重することです。「体が本当に求めている物」に応えるためにも、栄養豊富かつ皆さんの記憶に残るようなおいしい料理を作っていきたいと考えています。グルテン・フリーのラップ・サンドや玄米の巻きずしなどたくさんのメニューがあるので、ぜひ一度のぞいてみてください。

The O Cafe
■住所:487 Crown St., Surry Hills NSW
■Tel: (02)9319-4009
■Web: www.organicproduce.com.au

The Fair Traderメルボルン

職人技で磨き上げられたインド産のジュエリー。1つひとつにストーリーが込められている
職人技で磨き上げられたインド産のジュエリー。1つひとつにストーリーが込められている

「ザ・フェア・トレーダー(The Fair Trader)」は、メルボルンで2店舗展開する生活雑貨店だ。貧困削減とエンパワーメントという目標を掲げ、生産者や環境に配慮した団体によって作られた物だけを扱っている。ガーナの女性をサポートするためのプロジェクトで作られた衣類や、バングラデシュの手作りベビー毛布、ラオスの地雷除去を目指すジュエリー、ネパールのカシミア・スカーフなど、世界中からさまざまな製品を仕入れている。

貧困削減とエンパワーメントに意欲的な店舗スタッフ
貧困削減とエンパワーメントに意欲的な店舗スタッフ
ティー・スプーンなどカトラリー類も販売されている
ティー・スプーンなどカトラリー類も販売されている

メッセージ

 私たちは、生産者の社会的・経済的・環境的な幸せを考えた団体と取引を行っています。目標は、オーストラリアでもっと気軽にフェアトレード製品を購入できるようにしていくこと。あなたがお店に来れば、さまざまな場所で作られた個性的ですばらしい物に出合うことができるでしょう。私たちは、その機会を増やすことが生産者のサポートや途上国の貧困削減につながると信じています。

The Fair Trader(Melbourne)
■住所:274 High St., Northcote VIC (Northcote)、18 Railway Ave., Ringwood East VIC (Ringwood East)
■Tel: 0422-394-149
■Web: thefairtraderstore.com.au

Biomeブリスベン

環境や人、動物に配慮した食料品や生活用品が豊富に販売されている
環境や人、動物に配慮した食料品や生活用品が豊富に販売されている

オーストラリアで初めて誕生したオンラインのエコストアである「バイオム(Biome)」は、2003年にトレーシー・ベイリー氏によって設立され、現在ブリスベンに4店舗を構えている。企業のポリシーは、エシカルで革新的な小売店のモデルを作り、自然環境を守ることだ。再使用可能なコーヒー・カップやフェアトレードの食品・日用品など、環境や人、動物に配慮したライフスタイルのために必要な製品を提供している。

バイオムの設立者トレーシー・ベイリー氏
バイオムの設立者トレーシー・ベイリー氏
スタイリッシュな雰囲気の店内
スタイリッシュな雰囲気の店内

メッセージ

 過去12カ月の間で、私たちはオーストラリアで最初にBコーポレーション(※1)に認定され、「ビューティー・バー」という廃棄物ゼロのシャンプーや石けんの販売、約1,000万ものプラスチック製品の節約、そして世界で初めてパーム・オイル調査機関(※2)の承認を受けた小売業者になりました。環境や肌に優しいボディー・スクラブやスキンケア・キットも販売していますので、ぜひお試しください。

(※1)Bコーポレーション(B Corporation):アメリカの非営利団体B Labが運営している民間認証制度。社会や環境のための事業を行っていること、そしてB Labの掲げる基準を満たした企業に対して認証が与えられる。

(※2)パーム・オイル調査機関(Palm Oil Investigations/POI):東南アジアの一部の国ではパーム・オイル生産のために大規模な森林伐採が行われており、環境破壊を促進するとして問題視されている。POIは購入者への啓発やパーム・オイルを使用する製品の調査・公開などを行っている。

Biome
■住所:33 Adelaide St., Brisbane QLD
■Tel: (07)3211-3311 
■Web: www.biome.com.au

上記以外にもフェアトレード製品を扱う店は多数ある。フェアトレードという共通理念を持ちつつ、店舗ごとに扱う物やスタイルが異なり、個性があるのも面白い。あなたの住む街ではどんな店に出合えるだろうか。

小さな行動を大きな変化に

「社会貢献」と聞くとハードルが高いように感じるが、実際には「お買い物」を通して誰でも行動を起こすことができる。フェアトレード·コーヒーを生活に取り入れたり、プレゼントとしてフェアトレード製品を選ぶというような小さなことでも、その行動が積み重なれば大きな変化につながっていく。時には少し立ち止まって、物の背景を考えてみてはどうだろう。きっとその少しの想像力が、遠く離れた生産者の暮らしや環境、そして私たちの暮らす世界全体をゆっくりと変えていく力になるはずだ。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る