【車特集】カー・ライフを満喫しよう! QLD編

QLDでに乗ろう!

〜安全・快適なドライビング・ライフ・ガイド〜

趣味やレジャーを満喫したり、広大なオーストラリアの自然を探索するなら、やはり欠かせないのが車。本特集では、行動範囲を広げるために車の購入を考えている学生やワーキング・ホリデー・メーカー、賢い車選びをしたいと思っている永住者に向けて、専門家の意見を交えながら「購入前」「購入時」「購入後」それぞれに押さえておきたいポイントをご紹介!

購入前

自分の車を購入するのは、誰にとっても大きなイベント。楽しみであるのと同時に、後悔しない買い方をしたいというのが本音だ。オーストラリアでの暮らし方や滞在期間、目的により人それぞれだが、実際に予算を組むうえで押さえておきたいポイントや探し方などを確認してみよう。運転免許情報もチェック。

免許証を確認しよう

車の運転をする前に、適切な運転免許を持っていることを確認しよう。日本の免許証があればオーストラリアでも車の運転は可能だが、その場合は免許証の公式英訳文を一緒に携帯するか、または日本で国際免許を取得しておく必要がある。
 3カ月以上滞在する居住者がQLD州で運転する場合、QLDの運転免許を取得しなければならない。そのほかの滞在者については義務ではないが、免許証を所持していればIDとして役に立つことも多いので、書き換えや取得にトライしてみてはいかがだろうか。

日本の免許証の書き換え

日本の免許証の書き換えは、必要な書類をそろえて最寄りの「QLD Transport」へ提出すれば、その場で写真を撮ってオーストラリアで使える免許証を作成してくれる。手続きに必要なものは以下の通り。

① 申請用紙
② パスポート
③ 銀行のカード
④ 現住所を証明するもの(銀行などで発行された自分宛ての郵便物)
⑤ 日本の免許証の英訳文

※ 申請用紙は次のリンクよりダウンロード可能。www.support.transport.qld.gov.au/qt/formsdat.nsf/forms/QF3000/$file/F3000_ES.pdf
※ 免許証の英訳は在ブリスベン日本国総領事館で発行してくれる($22現金のみ受付)。手続きについては必ず事前に領事窓口(07)3221-5188まで電話で問い合わせを。また、NATTI格を持つ翻訳者に依頼することもできる(www.naati.com.auで検索可)。
※ 上記以外の書類についてはwww.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/identityを参照。

日本の免許期限が一定期間以上切れている場合などは、ペーパー・テストを受けなければならないこともある。その場合はQLD Transport内で渡されるテスト用紙にその場で回答し、合格であれば引き続き免許発行の手続きをしてくれる。不合格の場合は再テスト。そのつど試験料がかかるので慎重に回答しよう。

運転免許を持っていないという人は、QLDで初のライセンス取得に挑戦してみるのも良い。テストは視力検査、ペーパー・テスト(ウェブで受験)、実技試験の3つ。ペーパー・テストの後で、最低1年間100時間以上の路上練習を行い、これを実技試験とする。実技については年齢によって違いがあるため、www.tmr.qld.gov.au/licensing/getting-a-licence.aspxでチェック。

新車購入を考えてみる?
 メンテナンス費用を考えると「この際思いきって新車を買ってしまおう」という潔い人もいることだろう。欲しい車種やメーカーが具体的に決まっていれば、まずは知り合いをたどってディーラーと懇意な人を見つけよう。または何度か足を運んで担当のセールス・パーソンとの関係を密にする努力をしてみよう。
 ローンを組む場合はメーカーのローン会社で説明を聞くと同時に、普段利用している銀行でも見積もりを取り、一度で決めずに必ず双方に交渉すること。

 最近では車両購入の際に「GFV(Guaranteed Future Value)」と呼ばれる方式が主流になりつつある。例えば5年のローンを組む時に4年後の買取保証金額を店側が提示してくれ、4年後に同店で新車を購入すれば、残金を支払う必要はなく新たに新車のローンを組める、というもの。また、提示された買取保証金額よりも高い金額で自分で車を売り、メーカーにその金額を支払って、差額をほかの車の購入資金に充てることも可能。また、引き続きその車に乗るという選択もありだ。もちろんフル・カバーの保険に加入する必要があるが安心感も高い。いわゆるリースのような買い方で、愛車のケアに気を使い、常に最新のモデルに乗りたいという人には最適のプランだ。

車の売買をする際、頻繁に登場する以下の用語を覚えておこう。

●RWC(Road Worthy Certificate) ロード・ワーシー・サティフィケート。車両点検証明のことで、名前のとおり、これを取得した車両は一般道路を安全に走行できると証明される。車を売買する際には通常、売り手がこれを取得するが、個人売買などでは自己責任で確認が必要。車の状態によって金額が変わるため、自分でRWCを取る場合はたとえ車が安く買えたとしてもしっかり確認しよう。
●Rege(Vehicle Registration) 一般的にレジと呼ばれる、陸運局への車両番号登録。オージーはレジョと発音する。6カ月または1年ごとに規定の料金を支払って登録を更新する。登録のない車が道路を走ることは禁止されている。購入時にレジが残っていれば、切れた時点から支払えば良いので購入時のチェック・ポイントの1つになることを覚えておこう。
●REVs Check 該当する中古車の履歴リポートをチェックできるシステム。これによってローン残金がないか、盗難車に登録されていないか、洪水などの水害にあっていないかなど、見た目では判断できない情報も得られる。正規ディーラーで扱う車はあらかじめこのチェックを受けている。
 REVs CheckはウェブでVINナンバーと呼ばれる17桁の番号を入力することで自分でもチェックが可能。
Web: www.revs.com.au

目的と予算プラン

 予算の面から考えれば、限られたバジェットの中で選ぶのか、またはある程度余裕があり目的を優先に考えるのか、どちらかだ。それを前提に、まずは購入する車が主にどんな場面で活躍するのか、イメージするところから始めてみよう。

■主な目的
 サーフィンなどの趣味、ワーホリでのラウンド、キャンプなどの家族で楽しむレジャー、休日の日帰り旅行、通勤・通学など、それぞれに最適な大きさ、排気量、型式などを絞り込んでいこう。

■使用期間と手放し方
 数カ月~永住まで、この先オーストラリアに滞在するであろう期間を考慮。それによって購入する車に何年くらい乗りたいのか、それ以降は買い替えなのか、売って帰国するのか、廃車にするまで乗るのかなどのプランを立てる。その予測が立ったら次は「購入する車の年式」「走行距離」「エンジン」「部品のコンディション」「外観の状態」などの基準を設定しておこう。

■優先順位をきめよう
 コンディションの良い中古車は、どんどん売れていく。実際にディーラーに出かけたりウェブで検索する際は、下記のようなリストを作ってチェックしていけば、良い条件に出合った時にすぐアクションが起こせる。自分に合った乗り方や目的を確認しておこう。

 優先度  条件  備考
 最優先  ワゴン・タイプ  趣味の道具を積むため
 オートマ  妻がAT免許
 事故車NG  買い替え予定のため
 条件次第では  走行距離10万キロ  エンジンに不備がなければ
 4WD  燃料費がかさむ
 優先でない  色  できれば白以外
 小さな傷  あっても可

■購入後の出費も考慮
 車本体のほかに、購入後にかかる費用も割り出しておこう。乗用車のレジストレーションの費用は半年で430ドル程度、1年間で830ドル程度(各期間、義務付けられているCTP保険料込み)。任意の保険料、定期点検、オイル、タイヤ、アクセサリー類のほか、燃費によってガソリン代も違ってくる。また、中古車は部品交換などが必要になる場合も。

■中古車の検索方法
 ディーラーやショッピング・センターなどの掲示板のほか、日豪プレスのクラシファイド「売りたい」のページでも個人取引が可能なので、是非利用してみよう。
Web: life.nichigopress.jp/bne/sell

購入時

購入したい車種を絞り込めてきたら、目当てのディーラーに出かけてみよう。ここでは購入時の基本チェック・ポイントをまとめてみた。こだわりの条件があれば、自分なりのチェック・リストを作ってみよう。まずは試乗して、乗り心地を確かめたい。

①シートの座り心地、車内をチェック 

ディーラーでも個人の場合でも、遠慮せずにその場で必ず試乗させてもらおう。シートの座り心地や内装の汚れ、天井のたるみ、シートベルト、ステアリングの位置、視界の良さ、またパワー・ウィンドウやロックの作動もチェック。ブートの広さや使いやすさもプラス・ポイント。

②アクセル、ブレーキ、操作性をチェック

実際に運転して、アクセルやステアリングの感触、ブレーキの利き具合、走行中に気になるノイズがないかなどを確かめよう。特に個人で買う場合はタイヤの状態チェックも忘れずに。消耗が進んでいる場合は、その分の値引きを交渉を。

③電気系統の作動をチェック

ヘッドライト、ブレーキ・ランプは言うまでもないが、車内にある電気系のボタンを一通り押して作動を確認してみよう。シガー・ソケットが機能しない車は結構多いもの。タバコを吸う人は減少したが、ナビの電源をとったり、携帯を充電したりと使用頻度は低くない。壊れている場合はリペアできるか確認要。

④ボンネットを開けてチェック

できればメカニックに精通した人に一緒に見てもらうのが理想的。バッテリーの寿命や、近いうちに修理が必要なものなどがあれば聞いておこう。オイル漏れの有無は素人の判断では難しいが、最低でも車の下にオイルの跡がないかはチェックしておきたい。

⑤履歴をチェック

ディーラーであればあらかじめREVS Checkよって情報を得ているので、その場で尋ねれば事故歴や修理の履歴を教えてもらえる。定期点検をきちんと受けているかどうかも重要だ。個人で買う場合にも必要ならウェブサイトでREVS Checkが可能。RWCの取得も必ず確認しよう。

⑥走行距離をチェック

日本で走行距離15万キロの中古車を購入したいと思う人は多くないが、オーストラリアでは20万キロを超える車は珍しくない。信頼性の高い日本車なら必要以上に心配はいらないが、購入後の走行予定を考えて、自分なりに許容範囲を決めておこう。

⑦見積もり内容のチェック

いよいよ購入という段階で、ディーラーであれば見積書を作成してくれる。選択した保険の内容、車の保証期間、特記事項など、すべての項目について疑問や不安が残らないよう、何度でも説明してもらおう。個人売買の場合もやり取りの記録をメールや書面で残しておくと安心だ。

個人売買の注意点
 個人売買において最低限必要な手続きには、ロードワーシーの取得と名義変更がある。名義変更は取引が成立した際に、売り手と買い手が一緒に陸運局に行って手続きを行うのが一番早い。
 支払い方法は双方の合意によって決めるが、通常は引き取り当日までに現金で全額支払うのがベスト。

購入後

待望の自家用車を手に入れ、行動範囲も一気に広がる。日々のドライブを快適に楽しむために、常に安全運転を心がけよう。また、万が一に備えて加入しておきたいロード・サービスや自動車保険、事故に巻き込まれた場合のトラブル対応についても知っておきたい。

トラブル時の対応

■ロード・サービスに加入しよう

 テレビCMなどでもおなじみのRACQは、日本のJAF同様、24時間体制で路上での車両トラブルに対応してくれるロード・サービスや、各種保険なども取り扱う会社。メンバーに加入すると、バッテリーが上がった時やパンク時のタイヤ交換、ガス欠、10キロまでの牽引などの基本サービスが、いつでも無料で受けられる。

■車の保険と損害賠償
 「もし、オーストラリアで交通事故に巻き込まれてしまったら…」そんな不安が頭をよぎることもある。いざという時のために、覚えておきたい保険の保障内容や、けがを負ってしまった時の損害賠償などについて、交通事故による賠償請求の専門家で、日豪プレスのコラムでもおなじみのMBA法律事務所の長谷川由貴弁護士にご協力をいただき、右に内容をまとめた。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

詳説! 車の保険と損害賠償

【保険の種類と補償】
 自動車保険には、大きく分けて次の3種類がある。

●CTP(Compulsory Third Party Insurance) 強制賠償責任保険
 車を購入した時に加入を義務付けられている保険。自動車登録料の料金の中に含まれる。自分に非がない交通事故でけがをした場合に賠償請求ができる。

●TP(Third Party Car Insurance) 対物賠償保険
 任意保険のひとつ。自分に過失があって事故を起こした場合、相手に対する補償はカバーできるが、自分の車や物の損失に対しては補償がない。

●CO (Comprehensive Insurance) 車両保険
 事故相手の車、保険加入者の車、双方に対して修理代などが支払われる。

 日本人はTPを選択する人が多いが、例えば駐車場などで知らない間に車に傷をつけられた場合など、損害を与えた相手が特定できない限りTPでは補償を得ることができない。COであれば状況に左右されず、自分の車の損害に対して補償が適用される上、煩雑な手続きはすべて保険会社間で行われるため、ストレスが少なくて済む。長谷川弁護士はCOへの加入を勧めている。

【損害賠償の請求】
 万が一交通事故でけがを負ってしまった場合はどうすれば良いのだろうか。まずは救急車、そして警察に連絡。事故相手のドライバーと情報を交換し、目撃者にも連絡先を聞いておく。可能であれば事故の現場を写真やビデオに撮っておきたい。
 痛みや外傷がなくても後日症状が出ることもあるため、必ず医師の診察を受けること。早めにCTP保険会社へも連絡し、その後、具体的な賠償請求については弁護士に依頼する。弁護士事務所に赴く際は、①診察や治療費の明細、②事故の状況が分かるもの、③事故相手と保険会社の情報が分かるもの、以上3点は必ず持参しよう。
 海外旅行保険に加入しているワーキング・ホリデーや旅行中の人も、すぐに保険会社に連絡し、損害賠償については日本語で対応してくれる現地の弁護士に相談に行くのが最適な対処。損害賠償の請求は非常に複雑で個人で対応できるレベルではなく、オーストラリアでの事故の賠償はオーストラリアの専門家に対応を依頼したほうが結果的にスムーズに解決する。
 実際に賠償金が支払われるまでには、事故から約2年程度かかることが多いという。後遺症を含め、けがの具合を適切に判断するために12~18カ月を要し、その後書類作成や保険会社との協議、交渉が行われる。長いようだが、それまでの間すべてを弁護士に任せて治療に専念できる。なお、手続き中でも治療費などが発生した時点で保険会社から支払いを受けることが可能だ。

取材協力:長谷川由貴弁護士 MBA法律事務所
■住所:The Point@Varsity, Level 1, 47 Watts Dr., Varsity Lakes ■Tel: (07)5503-6650

車を売る、買い替える

 あれこれ迷って購入した車も、何らかの理由で手放す時がやってくる。初めから乗りつぶすつもりで買ったなら、わずかな金額でも下取りしてもらえればラッキーだろう。オーストラリアでは日本と異なり、マイナーな修理でロードワーシーが取れるなら、多少は走行距離がかさんでいても個人売買などで売れる可能性はある。
 しかし、ある程度の価格で売ることを考えるならば、日頃からメンテナンスもきちんとしておきたい。売れたとしてもその前に予期せぬコストがかかっていれば、結果として手放した時にプラスにならなかった、ということも。例えばタイミング・ベルトなどの交換は安価ではないため、定期的な点検で部品やタイヤの交換時期をチェックしておく必要がある。それによって買い替えのタイミングを検討するのも良いだろう。ちなみにディーラーに買い取ってもらう時、マイナス対象になるのは主に次のような点。

塗装が剥がれている
目立つ凹みがある
タイヤがすり減っている
きちんと整備されていない(整備手帳のスタンプをチェックされる)

 他にもオイル漏れや事故によるダメージもマイナス・ポイントだ。個人売買の際はトラブルを避けるため、きちんとロードワーシーを取り、気になる点があれば最初に正直に買い手に伝え、お互いに納得の上で取引しよう。

取材協力:Cars 4 U(NB Motor Wholesale)カーズ・フォー・ユー
■住所:33 Brolga Ave., Southport ■Tel: (07)5531-0004


■特集

QLDで車に乗ろう

オーストラリア生活に欠かせない!
ドライビング・ライフ・カタログ

オーストラリアはとにかく広い! 永住者はもちろん、短期滞在者も車の必要性を感じる場面は多いはずだ。コンディションの良い車をリーズナブルに購入するために、また、安全で快適なドライブを満喫するために、日本語で気軽に相談できるネットワーク作りをしておきたい。そんなあなたにぴったりのお店を探してみよう。

安心の全国ネットで安く購入、高く買い取り

ショップ紹介

この道15年のプロが欲しい車をどこよりも安く提供してくれると評判の、正規中古車販売の卸売り店。車を売りたい場合も、相談すれば全国を網羅するネットワークで一番高く買い取りできる店を検索してくれる。日本人スタッフも常駐しているので整備や保証などの情報も詳しく聞けて安心だ。「安価で品質も良いので3年毎に買い替えに訪れます」というリピーターの声も信頼の証。

スタッフJoshさん

読者へのメッセージ

車の売買に関することなら正規ディーラーの私たちに何でもご相談ください。卸売り店のため在庫は毎日変わります。条件の良い車はタイミングが肝心です。スタッフの外出が多いため、事前にお電話かテキスト・メッセージでご予約の上ご来店頂けますとスムーズにご案内できます。

Cars 4 U(NB Motor Wholesale) カーズ・フォー・ユー

住所:33 Brolga ave., Southport
■Tel: (07)5531-0004、0410-623-021(英語)、0450-758-484(日本語)
■Email: cars4ugc@gmail.com(日本語可) ■営業時間:月~金8:30AM~5PM、土8:30AM~1PM、日・祝休

親切丁寧、安心価格の出張整備サービス

ショップ紹介

日本人による親切丁寧な仕事、出張なのに価格はフル・サービスで破格の135ドル。しかも嬉しい週末営業ありと、至れり尽くせりの修理・整備サービスを提供しているのがBlue Buggy。充実した装備で行う、行き届いたサービスが自慢だ。昨年11月の開業以来、納得の作業と安さで大好評。普段はブリスベン中心だが、隔週金曜日はゴールドコーストへの出張も行っている。予約は今すぐ電話でもメールでも!

店主の浅田さん

読者へのメッセージ

「えっ?高すぎない?!」車の整備や修理でそう思ったことはありませんか? 愛車が汚れて戻ってきたことはありませんか? そんな業界に喝! 4月10日まではイースター・スペシャルで、通常のフル・サービス$135を$125で提供いたします。安心してお任せください!

Blue Buggy Auto Servicing ブルー・バギー・オート・サービシング

住所:15 Ettarre St., Bracken Ridge
■Tel: 0423-029-444 ■Web: www.bluebuggy.com.au ■Email: contact@bluebuggy.com.au ■営業時間:毎日8:30AM~5:30PM

滞在を楽しくする! 日本人のためのカー・リース

ショップ紹介

海外での自動車購入には何かと不安が付き物。車選びに始まり、各種の登録、故障、事故、そして手放す際の手間。まして何年も乗らず、滞在中のためだけとなると車購入も迷うところ。Re Middなら乗りたい期間だけ車をリースでき、しかも故障をカバーしてくれる「安心保証」を全車に標準適用。今までにない、日本人による日本人のための画期的な自動車リース。気になる人は今すぐ問い合わせを。

店主の田中さん

読者へのメッセージ

ワーホリの人、学生さん、日本人の皆さん、車があれば行動範囲も視野も格段に広がるでしょう。せっかくの海外生活、車という武器を使い滞在期間をフルに楽しんでください。Re Middはカー・リースという形で、お客様のオーストラリア・ライフをサポート致します!

Re Midd Car lease リ・ミッド・カー・リース

住所:26 Mactay St., Woodridge
■Tel: 0402-019-477 ■Email: remidd.lease@gmail.com ■Facebook: m.facebook.com/remidd.lease ■営業時間:10AM~7PM、水休

大切な車を任せるなら、ベテラン整備工場へ

ショップ紹介

長年の経験と丁寧な作業で、絶大の信頼と実績を持つ日本人メカニックが経営する整備工場。車はもちろんのこと、バイク、トレーラーなどのログブック・サービス、修理、タイヤ販売なども行っている。オーストラリアの車事情に精通する宮代代表や気さくなスタッフに、何でも相談しよう。サニーバンク駅から車で5分ほどの立地で、必要なときはサニーバンク駅までの無料送迎サービスもしてくれる。

代表の宮代さん

読者へのメッセージ

快適なドライブを楽しむには、日頃からのしっかりとした定期点検や整備が大切。また、不測の事態に備えるため、そして毎日の安心な運転のためにも、RACQなどの道路サービスに加入されることを強くお薦めします。
※6月11日~28日までお休みさせていただきます。

MIYASHIRO GARAGE PTY. LTD ミヤシロ・ガレージ

住所:9/15 Overlord Plc., Acacia Ridge
■Tel: (07)3711-3760 ■Email: miyashirogarage@gmail.com ■営業時間:月~金8AM~5PM、土日祝休

美しい仕上がり! 愛車のボディーはお任せ

ショップ紹介

日本で8年、オーストラリアで9年の経験はだてじゃない! 事故保険修理、全塗装、部分塗装、カスタムからレストレーションまで車のボディーに関することなら何でも相談できる。愛車の修理のために、ローカル高級店の桁違いな値段に驚いたり、格安修理の残念な仕上がりに後悔なんてしたくない。適切な価格と納得のクオリティーで満足間違いなしのJ SPECに、まずは相談してみよう。

店主の足立さん

読者へのメッセージ

普段は1人で請け負っていますが、忙しい時には日本で修業した職人さんを頼んでいます。修理のお見積りは無料です。直すかどうかお悩みの人もどうぞお気軽にご相談にお越しください。値段では超激安店にかないませんが、仕上がりには必ず納得していただけると思います。

J SPEC BODY WORKS ジェイ・スペック・ボディ・ワークス

住所:3A Anne St., Southport
■Tel: 0432-655-907 ■Facebook: www.facebook.com/jspecbodyworks ■Email: shin@jspecbody.com ■営業時間:月~金6:30AM~5PM、土日祝休



運転する前に知っておくべき

オーストラリアの道路標識とマーク

車を手に入れたら、早速ドライブに出かけたい! その前に、日本とは違う道路標識やドライバー・マークもあるのでチェックしておこう。

Roundabout

交差点の前でスピード・ダウンもしくは一時停止する必要がある。右側から来た車が常に優先されるので、その車が通り過ぎてからラウンドアバウトに進入しよう。

U-Turn Permitted Sign

このUターン許可の標識がある交差点でのみ、Uターンができる。それ以外の場所でのUターンは禁じられており罰金が科せられるので、よく確認して運転しよう。

カンガルーやコアラの標識

オーストラリア名物とも言えるこの標識がある場所では、野生のカンガルーやコアラに遭遇する可能性が。カンガルーと衝突すると車の破損も大きいので、早朝や夕暮れ時は特に注意が必要だ。

P(Parking)

「月曜日から土曜日の9AM~5PMまでの間、最長2時間有料で駐車できる」という意味。それ以降は駐車料金が無料になる。駐車チケットはフロントに設置しよう。また、例え数分の駐車違反でも違反切符と罰金が科せられる。

LとPプレートとは?

仮免許を取得するとL(Learner)プレートを付けて路上運転が可能だが、運転歴3年以上の本免許保持者の同乗が義務付けられている。その後、実技試験に合格するとP(Provisional)プレートを付ける。P1(1年目:赤い文字)とP2(2年目:緑の文字)の2種類があり、それぞれ1年ずつ。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る