最終回 あなたもライフセーバーになれる !

フード&リビング・ガイド

日本人ライフセーバー、
    ちひろの「安心・安全・Beach Life☆」

最終回 あなたもライフセーバーになれる !

あっという間に3月に入り、これから少しずつ夏の終わりが近づいてきます が、皆さんは夏を思いっきり満喫しましたか ? 今まで4回に渡ってお届けしてき たこのコラムなのですが、ついに最終回を迎えることになりました。今回は私自 身の体験を基に、ライフセーバーになる過程や魅力をご紹介したいと思います !

1.ライフセーバーっていい
 一見、夏のプールの監視員のよう ですが、ただ「ぼーっ」とビーチを 見ているわけではありません。ライ フセーバーの仕事はとても楽しい し、やりがいがあるものです。
 ビーチでパトロールをしていると、 いろいろな出来事があり、たくさんの人々と出会えます。
 また、チームで活動するので、チーム ワークの大切さや面白みを感じられ、 とても充実しています。たとえその日 が長くて暑い1日であったとしても、 パトロール後には大きな満足感を得ら れるのがいいですね。
 また、海に関するいろんな知識を 得られ、トレーニングでは海で泳い だりビーチを走ったりするため、心 身ともに健康でいられます。大会を 目指したい人は、ライフセーバーの トレーニング・コミュニティーに参加 して、選手として出ることもできま すよ。

フード&リビング・ガイド
晴れてライフセーバーになった皆さん

2.どうやってライフセーバーになるの
  年齢、性別などを一切問わずに誰 でもなれることができる、ライフ セーバー。本格的にビーチでパト ロールをするには、まずブロンズ・メ ダリオン(Bronze Medallion)という コースを履修する必要があります。
  ここでは約3カ月に渡 り、教科書を用いて海に 関する知識を学習し(週2 回、1回につき2~3時間、 平日は夕方から)、また人 命救助や応急手当ての練 習をするなどの基礎知識を 身に着けます。それに加 え、ビーチでのボード・レ スキューやチューブ・レス キューといった、海上で人 命救助をするための訓練を 行います。
 ちなみに誰でもなれるとは言いま したが、このコースを始める際、 400メートルを9分以内で泳げること が条件となります。もし、泳ぎに自 信がない人は、ぜひ海やプールで特 訓をしてください。継続的に練習す ることで、泳ぐことに慣れてきて、 精神的にも体力的にも見違える結果 が出ることでしょう。
 最後に、ブロンズ・メダリオン・ コースの最終日には試験が行われ、 それまで学んだ知識やビーチでのト レーニングの成果が試されます。
3.試験に合格したら•••
  晴れてライフセーバーになれます ! 合格通知を受け取ったら、お馴染み の赤と黄色のユニフォームが配給さ れ、夏の10月~翌4月の期間で、最 低30時間パトロールをすることにな ります。ちなみにこれはすべてボランティアです。
 ライフセーバーの訓練コースの内 容などは、下記のウェブサイトから チェックできますので、ぜひアクセ スしてみてください 。
それでは皆さん、今までありがとう ございました ! 夏も残り少なくなって しまいましたが、安全に思う存分楽し んでくださいね。そして、海好き・人 好きな人は、ぜひぜひライフセーバー にチャレンジしてみてください !
■オーストラリア・サーフ・セービング協会(英語のサイ トです)
Web: www.sis.com.au


★加藤ちひろ★
日豪プレス社員。厳しいトレーニングと試験をパスし、2010年11月にライフセーバーの資格を獲得。まだ新米だが、現在はマンリー・ビーチで監視員として海の安全を守っている。本紙では、サマー・シーズンに向け、プロの熟練ライフセーバーからのアドバイスと自身の経験をもとに、安心してビーチ・ライフを楽しむ情報を紹介する。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る